退職|女性が再就職するに当たり、一昔前とここ最近とでは少し状況に違いがあったりします。

女性が転職する際、今日と一昔前では若干、違ってきている点があります。

女性の再就職に関しては、一昔前と今とで若干の変化があったりします。過去には面接の場で、結婚の予定や出産後の考え方など、当たり前のように質問していたのですが、今現在の流れとしては、結婚などについては、「セクハラ」に該当しかねないために、質問しない会社が増加傾向にあります。そして、名の知れた大きな会社ほど、かなり神経質になっています。けれど実際、会社側は、はい・いいえ、だけでなく、その女性の姿勢「結婚後も働きたいのか」出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを把握しておきたいとは思うはずです。自身の将来設計を伝えるためにも、志望の動機や自己PRと併せて言い表すことで、面接官にもしっかり伝わり、安心できると思います。なので、たとえ、聞かれていないことでも、あなたが先んじて率先して話をしておくのが良いです。

転職の意思があるのなら、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

仕事を始めてすぐはいきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。ことさら、転職したはじめの年度は、大体「試用期間」が含まれていることもあります。自身のケースでは、やっとのことで転職したのに、期待に反して前の会社での年間報酬と大方イコールでした。そればかりか、仕事もきつく、かなり責任が伴うもので、1年目を乗り越えるのにひどい状態でした。そういった経緯から転職1年目は、仕事を覚える期間と割り切り、状況が許す限りやれるだけ転職前の段階で貯金しておくことに尽きると思います。

看護師という仕事の人の違う職業に「転職しよう」と思う原・・

看護師という職の人のそれと違う職業に転職を決断する理由は、人それぞれ。色々な事情があるはずです。ちょっとみると看護師を辞めての転職するには「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚してから家事のことがいろいろとあって出産、子育ておまけに家族の介護など、環境の変化など、これまでのようには仕事が難しくなってしまった」「現在の収入に大きな不満がある」というような問題があるのでしょう。ですが、転職を決める前に「どうして、転職しないとダメなのか?」と、ゆっくり冷静に、再度、現状認識をしてみることも大切なことです。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考し、決断すれば間違いが減らせます。

退職|20代前半に転職を2度行い、そして現在、資格を取る・・

20代前半に転職を2回経験し、いまは資格を取るべく派遣社員として企業に採用されました。常勤の勤務でないため、毎月の収入が少なくなってしまいました。しかし、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれました。学生の頃に資格を取り、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、そのような方たちを私もああなりたかったと見えてしまいます。以前は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、ガッカリする毎日でしたが、今では結婚を経験し、随分と生活環境もかなり変わり、以前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、楽しい毎日を過ごしています。

派遣として勤務しています。派遣法とか労働契約法のからみで…

派遣というかたちで働いています。派遣法の関連で残念ながら長期間務めていた就業先での仕事が終わります。同じ派遣である方の中には、派遣の勤務先で直接雇用の条件をゲットした方もいるのですが採用された理由としては正直仕事の実力というよりは派遣先上司の扱いが得意な人でそれで採用された様子。仕事を遂行するスキルよりも上司にゴマをする能力の方が大事なんじゃないのと選考に漏れた派遣仲間の友人と派遣先の職場で文句を言ってます。

転職を目前にしているなら、現在働いている会社を辞める…

転職する際、今働いている会社を退社する時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、もし自分が望んで退職届を出して会社を辞める、いわゆる自己都合退職のケースではすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きをした後に失業が確認されてから3か月経たないともらえない。よく間違って退社した日の翌日からちょうど3ヶ月でもらえる、と勘違いしないように注意しましょう。この規則に無理解な人が、ハローワーク側にミスがあると言い張ってその結果ハローワークの職員さんと揉めているのを見たことがある。加えて、労働者側の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のときには、失業認定を受けてから即、失業保険が給付されます。

全く経験したことがない業界などに転職するときには、以前の業・・

全くの初挑戦の業種などに転業したいと考えているときには、前職で育んできた力やこれまで経験したことが生かせるという内容の訴えが必要です。初めての業種の場合、経験のない分だけその分野で今まで働いてきた人たちよりも実際のところ、損にはなりますが、自分が保持している能力がその業界においても十分に生きるということを話せれば、戦えるケースも多くあります。以上のことを踏まえ未経験の業界にチャレンジする場合は、その分野と自分がこれまでやってきた仕事とのつながりを可能な限り探し出してみましょう。

退職|再就職の面接などにおいて名刺を渡してきた場合、あなたも名刺を相手…

転職の時の面接などの際にもし名刺を手渡されとしたら、あなたも同様に名刺を渡すべきであるのか?と悩んだ場合は、大体の場合は差し出す必要はないと覚えておきましょう。面接においては仕事の延長上のことではなくて、仕事を得るための就職活動の一部です。ですから基本的には名刺を交換する時とは異なります。それに、あなたは立場上会社の者としてではなく、あなたのことでそこにいるわけです。そういった訳で、相手から名刺を差し出されても、こちらに関しては名刺を受け取るだけでよくて、面接担当者に相手にあげることはないと推測できるのです。

求人関連の情報では、ほとんどの場合、多くの株式会社では…

求人関連の情報では、とうぜん大部分の会社では月の給与の記載に目が行きますよね。でもこの月収を調べれる時には、注意して確認する事が欠かせないです。その数字だけ見てわかってしまわないほうが良いです。ひょっとすると、月収の金額の中身が月10時間残業の場合が含まれているかもしれません。何があるかというと残業代の金額を含めて計算することで金額を多く見せ、応募者を増やそうとする場合もあります。それ以外にも、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている会社もあったります。こういった応募者を増やそうとする会社には近づかないほうが良いでしょう。

退職|転職活動を始める場合、あらかじめ、ハローワークやネット上の求人情報を見たり・・

転職をする際は、始める前に、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たりして興味のある会社を調査すると思います。その会社が情報を公表するにあたっては、コンサルタントが付くことが多いです。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す特徴があります。仮に公表する場合でも差しさわりのない表現をします。そのような類の会社情報や社員のインタビューについては、そのまま信じるよりも、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。もしも言葉を額面通りに受け止めてしまうと、「こんなはずじゃない!」とあとで後悔するかもしれません。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、いろんな文句をつけていかにして辞めさせないようにするか考えています。ブラック企業では、このようなことが少なくありません。

何年か前までの求人誌に雇用主の希望する「性別」が記載されていました。

昔の求人情報には、雇用側が必要とする「性別」について、ハッキリと記載されていました。しかし最近では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、採用において、男女の差別がしてはならないルールとなり、募集要項の条件に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。しかし募集する側には性別に拘らず雇用するとは断言できないのです。現実問題として、本当は男性を必要とするジャンルに、募集に女性がやってきたり、逆に女手が欲しいのに、男性がエントリーしてきたり、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。例えば、「女性が活躍する職場です」と紹介されていたら、求めているのは女性だと考えると良いといえます。

新しい仕事を見つけるために人材会社に登録に向かいました。

先日新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社に登録に出向きました。カウンセリングの際に現れた担当の人の雰囲気が見たところ入社して間もない新入社員のようで、こちらが説明していることの半分もその社員は理解できてないようでした。そのうえ「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「もっと自分の強みと弱みを理解しておくことが必要です」等、一丁前の話を偉そうに話すのでとても不快な気分になりました。カウンセラーはそこそこ仕事の経験がある人にしてほしいと感じます。

転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。

就職活動において、カギになるのは年収です。面接の時、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで本当の年収を偽って、多く申告し、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一度は信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソはバレてしまうからです。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を水増しせずに伝え、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。今の年収が400万円の人が、転職後にいきなり500万円になる可能性はまずあり得ません。仮に、今の年収が430万円だとすると、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが無難です。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、せっかく入社したのにそのまますぐに退職しなくてはいけなくなるおそれもあるため、誠実な態度を心がけておきましょう。

退職|私が求職中のころずいぶん多くの人材紹介会社に登録していました。

私はかつて割とたくさんの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に特に感じたのは転職アドバイザーのレベルが多様でたいていの場合、納得のいく対応をしてくれない方ばかりでした。こちら側は人生かかっているのにもっと情熱をもってに向かい合ってほしいという感情がいっぱいになりました。それが契機となりキャリアカウンセラーの資格取得を目指すことにしました。キャリアカウンセラーの資格を取得するのはお金もかかりましたし勉強の面もとてもハードなわけですが、就職活動の際に頼みの綱とされるような人になるべく頑張っています。

転職を考えている際に気にかける求人情報に関しては、基準的なものとし・・

転職を考えている時に閲覧する求人内容は通常のものとして書いてある、という確率があります。なので、情報として書かれていることを何もかもが正しいことだとは信頼すのはやめておいたほうがよろしいかと思います。とりわけ報酬の額などにおいては、平均的な額なのか?最低保証の金額であるのか?一番高い給料なのか?といった判断ができないケースが多く、独断で解釈してしまうと、今後、後悔する確率もあります。なので、そんな風にならないためにも、求人内容については参考程度に考えて、そういったようなたいへん重要な内容は会社に直に聞くのが好ましいでしょう。

退職|今年中に転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、…

今年中に転職活動を始める際に次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、可能ならば「失業手当」を受け取っておきましょう。これはあなたが勤めている会社側がもし「雇用保険」を払ってくれている場合は、必ずだれでももらえます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、場合よっては会社都合での退職、あるいは残業時間次第では日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。支給される失業手当の金額は会社で最後に受け取った月の直近の給料を軸に計算されるため、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、繁忙期の後に辞めたほうがいいです。