転職活動時には、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえます。

転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえます。

  • 転職活動の際には履歴書と職務経歴書が重要になってきます。大半の会社が履歴書及び職務経歴書の記載内容によって面接するかどうかを決めるため、まず第一にこの2枚の書類の作成が大切なポイントになってきます。ただ必要事項を埋めさえすればいいというわけではなく、内容を充実させることが大事です。「職務経歴書」では、これまで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書き出します。また、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。例をあげれば売上を前年比○パーセントアップさせた、など分かるように書いておきましょう。もしも、作成が難しいと思うなら、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自分の価値が高まるように、転職エージェントを利用することも満足のいく転職をするための有益な方法です。

    退職|世の中は変わっていてPCやスマホを使えばわかるけどネットで見られる世界・・

  • 世の中は便利になったものでスマホを見ればネット上には、「転職サイト」と呼ばれるものがあちこちに点在しています。その相当な数のサイトから自分にピッタリの転職先と思えるのを見つけるにはなんといっても情報を収集することから始めましょう。このような「転職サイト」をきっちり使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職先探しが可能です。転職情報が満載で、正しいレビューなども載っている「転職サイト」もありますが、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから注意が必要です。まずは、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大切ですから同ジャンルのサイトと比較しながら確かめてみてください。

    長期間接客業で勤めてきましたが、年齢を重ねると共に立って行わなければいけない仕事は…

  • 長期間接客関係で仕事をしていたのですが、年齢を重ねるにつれ立ったまま行う仕事は体力的にハードで、座り仕事である事務の仕事へ転職することを考えて行動しました。事務未経験となるとなかなか難しく、そこで接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務になりたいと思い資格も合格し個人クリニックに転職することができました。先輩のパートさんばかりに囲まれて人間関係に関しても難しい。いつも夜のシフトを押し付けられて、接客業で働いていた時よりも帰宅時間も遅いわけですが、まずはキャリア形成をするんだと受け入れ頑張ります。

    退職|「シフト制」の仕事に関する話です。

  • シフトの仕事に関する話なのですが、毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集する求人をよく見ますが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法や休み方について、面接時に尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は以前産休で休む人の代わりにと正社員の仕事をはじめたのですが、土日が固定シフトで他に誰も来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。前任者が「土曜、日曜」に必ず出勤することができたので、私もそういった形で扱われたしまいました。ですから「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の先輩方に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私自身がお願いをしに行かなければいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。振り返るとよくやってこれたなと思います。

    時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、1年ごとに…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を過ぎたら任意のタイミングで辞められるわけではないと、実際に転職活動を経験して思い知らされました。私は新婚生活に慣れたらすぐに子供が欲しかったので、子供ができるまでの期間のためにだいたい1年半~2年くらい今の仕事出来たらいいなと思い、就職しました。派遣社員であったために、正社員より月収は少なめでしたが、仕方ないので家庭の時間のために、この道を選択しました。しかしながら、入社したあとで、一緒に働く人たちは多数のスタッフが10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。派遣社員であったとしても、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、悩みが増えました。

    仮にあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」など・・

  • もしもあなたが転職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」において大都市から地方に移って再就職したいと考えている方が、ここ最近増加しています。昔と違って求人情報サイトを駆使すれば、地方や郊外での求人情報にもいつでも閲覧できるようになりました。しかし、郊外や地方での求人の場合、どうしても都市部よりも少ないのが痛いところでもあります。といった性質上の問題があるので、求人情報サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。求人サイトと併せて、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトも定期的にチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する就業サポートの情報もチェックすると良いでしょう。

    退職|転職というものをする場合、転職したあとの給与ばかりに気を取られる人・・

  • 転職を考えるとき、その職場の自分の給与ばかりを気にする人は、意外と多くいるようです。とうぜんたいていの人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を手に入れるために励むのはずです。年収は自身の価値を測る指標という見方もできますから、当然大切なことは無理もありません。とはいえ、必要である以上にもらっている年収額ばかりを執着しすぎる生き方というのも虚しい気がするでしょう。よく見れば年収が期待できない業種でったも精神的な充足感を得られることは大いにあるものだからです。

    『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人のなかで…

  • 『今すぐ転職したい!』という願望があって、自身の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞職したいという旨を即、上司に伝えておきましょう。なぜならばここでは曖昧な表現をすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、話がこじれて最終的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞めたい旨を当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、結果的には数ヶ月延びて退職が認められたのは同年の11月です。本当は、年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。やっぱり会社も、人事的な都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、その会社に対しての以前にも増して失望しました。

    仕事のなかで精神的なダメージが蓄積され、職場を変えなくてはいけない状況となったな…

  • 職場環境のせいで回復が難しいほど精神的なダメージが蓄積されてしまい、転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、職場の人と相談していくより家族などの近しい存在の人と話し合い、会社を辞めるかどうかの判断をした方が良いです。働くのは当事者であるあなた自身ではありますが、家族の問題ともいえます。毎月、どんなに高い給料を得られたとしても、心的ダメージを負ってしまうほど、働きつづけるのは、健全とは思えません。今の時代は、働く本人が働きやすいことを優先で前提にする生き方も段々と増えていっています。ですからあまり気にせず、あなたの身内とともに、あなた自らの心と体を大事にしましょう。

    実際に失業保険の給付を受けるためには、客観的な意味で、求職活動をしている姿勢を見せる必要があります。

  • 失業保険の給付については、客観的な意味で、「就職活動」している姿勢を見せる必要があります。とはいえ、「会社を辞めたことだし、とりあえずはゆっくりと過ごしたい」というのが現実でしょう。ですので、真面目に求職活動をしているように思わせる方法があるので紹介します。月に一度のハローワーク職員との面談は言うまでもなく必要ですが、その場で求人票の閲覧は必ず行ってください。真剣に探す気が無い時には、求人票を真剣に見ている芝居をして、ハローワーク職員との面談の際に、「自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が今回はありませんでした」と相手に伝え、次の機会を探すという方法もあります。

    自分のスキルを武器に転職を考える場合に、再就職しやすい業界と・・

  • 自分のスキルや資格を活かして転職活動を考える際は、比較的、転職しやすい業界と比較的、再就職が難しい業種がある事を認識しておきましょう。すんなりと転職がかなうジャンルとしては、慢性的に人手不足である医療・介護業界がおなじみですね。医療・介護の分野ではそれぞれ看護師・介護士の資格が必要で、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、諸事情によって、異業種へ転職したいと思っているのなら、すぐに行動するのはキケンです。他の業界では人材の流動性がそれほどありません。したがって、安易に考えない事が必要です。転職を本気で考えるのであれば、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界のような売り手市場ではないと覚悟しておきましょう。

    とある古物商の会社で、書類審査に合格しました。2、3日し…

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考をパスしました。その後面接の日時について相手方から連絡をもらい、けれども、面接日当日、指定場所に向かうと、手違いがあったのか相手が面接準備を全くしていないことがわかりました。しばらく待って、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、最初から最後まで、たいへんにだらしのない態度で迎えられ、面接を終えました。約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、待っていられず、私の側から問い合わせると、「郵送で今日、送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、ですが、これも来ず、仕方なくふたたび、電話をしたところ、どういったわけか、「今回はご縁がなかったということで」と一方的に電話を切られてしまいました。あまりのことに呆れ果ててしまいましたが、とりあえず不採用で良かったと痛感しています。

    退職|職を変える際の面接についてですが会社側からクールビズでも大丈夫ですよ…

  • 再就職の時にする面接での身なりは会社側からクールビズで来てくださいとと事前に言われる場合もありますが、クールビズで行くのは本当は悪いのでは?と思ってしまいます。そのような考えを抱えている人に言いたいのが、会社側からクールビズで良いとされた面接は伝えられた内容を素直に聞き入れたほうが堅いです。迷いすぎて、汗がだらだら出る季節にクールビズでないのは相手に暑苦しいと思われます。ですから、会社側からクールビズでも大丈夫ですよと記載されていたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

    退職|もしもあなたが、「転職サイト」を使ってあなたの能力を思う存分発揮できるよう…

  • あなたがもしも、「転職サイト」であなたの働き方に近い条件の将来性のある企業情報をあれこれ見ているのなら、ぜったいに「転職エージェント」を活用しておきましょう。必要情報を入力し、エージェントサービスに登録後その場で紹介される求人情報は一般的に公開されていないからです。、誰しもが見られる公開求人と非公開求人とでは、どう比べても、比べ物にならないくらいかなり高品質といえます。そればかりでなく、自分に合ったものをピックアップし、調査し、紹介してくれます。だから、あなたの理想の求めていた職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。仮に、同一の求人を見つけたとしても、あなたがひとりで手当たり次第に探す手間を考えれば、非常に効率的です。ですからたいへん使ってみる価値は大いにあるといえます。

    転職をするなら、当然やりがいを考慮することも大事だけ・・

  • 転職先を決めるのに、やりがいを考慮することも重要だけどそれにとどまらず給料アップも大事なポイントですから「年収サイト」というサイトに登録をして前もって研究をしています。同じ会社で加えて同じ職種、社歴であるにも関わらず人によってずいぶんと違いがあることも複数あり、ぶっちゃけた話面接の際質問したことがあります。面接官もそのサイトをチェックしていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた者も誰だかそこそこ見通しはついているんですけどね、多分格好をつけてるんですよ。低い方の収入で心づもりしといてください」とのことでした。

    好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は注意が必要です。

  • 大好き、を仕事にしたいという風に考えている方は注意です。これは、私の実体験なのですが、私自身、もともと食べることが本当に大好きでそれが高じて飲食店で仕事をしていた時期がありました。そのお店での業務内容は、そのレストランで私が任されていた業務は、盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容に関しては、嫌なこともなく楽しみながら仕事ができていました。ですが、人間関係ですごく嫌になってしまったのです。そのことが引き金となって職場を去ることにしたのですが、その影響で、好きだった食べること、そしてその飲食店でメニューとして扱っていた食べ物さえも嫌になり、その系列の飲食店にはしばらく経った今も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと思い、実現できるのは素敵だとは思います。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、改めて向き合ってから行動するべきです。