派遣として勤務しています。派遣法や労働契約法の関係…

ある会社に派遣されて働いています。

派遣として勤務しています。派遣法とか労働契約法の関連で残念ながら長く務めてきた就業先での勤務があと数か月で終わります。派遣の仲間の中には、派遣で働いている会社で直接雇用のポストを獲得した方もいるのですがそれは正直に言うと仕事ぶりというよりは派遣先の上司へのあしらいが得意な人でそれが採用の決め手となった模様。業務上の能力よりおじさん転がしスキルの方が重要なのだろうと選考に漏れた別の派遣の同僚と不満をたれる毎日です。

転職を行うにあたって、現在勤めている会社を辞める・・

転職する際、今務めている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、自分の都合により退職届を書いて会社を去る、いわゆる自己都合退職のケースでは失業保険はすぐには給付されず手続きを行い、失業したことが認められてから3ヶ月経ないといけないのです。そのため、会社を辞めた翌日から3か月経過すれば給付されると思い込んでいる人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してその結果ハローワークの保険担当者と過去に口論していたのを見たことがあります。加えて、リストラなど会社の都合で退職する場合は、失業認定されて即座に失業保険が給付されます。

全くの未経験の分野などに転職を考えるときには、前の職で…

今まで経験したことのない分野とかに転業をしようとするときには、以前の仕事で、自分が身に付けた能力や今までの経験が生きるという自己アピールが必要です。その業種に勤務したことがない人は未経験の分だけそのジャンルで今まで働いてきた人たちよりも事実、不利になりますけど、自分自身が保持しているスキルがその業界でも十分に生きるということをうまく相手に話せれば、戦うことができる場合も考えられます。そういった訳で、経験が全然ない分野にチャレンジする際には、その業種と自分が今までやってきた仕事との関係を可能な限り探しましょう。

転職の面接などの場面で名刺を手渡されたら、あなたも相手の方に名・・

再就職での面接などの時に担当者が名刺を渡してきた場合、あなたも相手の方に名刺を渡す必要があるのか?ないのか?と対応の仕方に迷ったときは、普通一般的には渡さなくても良いと覚えておいてください。転職のための面接においては仕事の一部ではなく、職に就くための就職活動内のことです。ですからほとんどは名刺をやりとりする場とは違います。合わせて、あなたは会社の者としてではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。そのため、もし相手側から名刺を渡されても、あなたは名刺を受け取るだけで問題なくて、面接担当者に相手の方に渡す必要は少しもないと考えられます。

求人広告には、ほとんどの場合、月にもらえるお金が記載されているはずです。

求人関連の情報では、まともな株式会社では月収が記載されているはずです。この月収の部分を調べれる時には、その額の多い少ないだけ見てわかってしまわないほうが無難です。実は企業によっては、月収の内訳で「毎月10時間の残業」が含まれているおそれもあります。要するに残業代の金額をあえて含めることで金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも考えられます。さらに「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている可能性が考えられます。だから、このような「不誠実」極まりない案件は、近づかないほうが良いでしょう。

転職活動を始める場合、まず、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たりし・・

転職するのなら、まず、公式ウェブサイト、求人票、パンフレットなどで興味のある会社を調べると思います。しかし、当該会社が情報を公にする際には、、コンサルタントが主導していることが多いです。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す傾向があります。たとえ公開したとしても差しさわりのない表現をします。そのような企業の「社長インタビュー」または「社員情報」といった情報は、額面通りではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。美辞麗句を信じて入社してしまった場合、予想とは全く違うと後悔することになりかねません。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、いろいろとイチャモンをつけて会社を辞めれないように画策します。ブラック企業では、このようなことが多いです。

かつては求人情報に募集要項の中に「性別」が、きちんと明記されていました。

以前の求人情報では、募集条件の中に「性別」が、もれなく記載されていました。ですが、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、男女の求人・採用差別をしてはいけないルールとなり、求人情報の詳細に男女の文字を見ることはなくなりました。とはいえ、求人する会社側には男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。なので、男性が必要としている業種に、女性が募集にやってきたり、逆に女性希望なのに、男性が来てしまい、というような問題に悩まされるないとは言い切れません。たとえば、「女性が活躍できる職場です」とアピールする案件では、会社側が働き手は女性を必要としている、と考えるとべきです。

3日ほど前仕事を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。

一昨日新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。そのとき登録カウンセリングを行うために現れた担当の人の雰囲気がどうも20歳そこそこの社員のようで、私が説明している話の3割も彼はわかっていない感じ。そのくせ「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「自分の強みは何なのか考えるべきでしょう」とか、上から目線で横柄に話すからすっごく不快でした。カウンセリングをする人はある程度社会人の経験がある人にしてほしいと思います。

退職|就職活動において、年収はかなり大事なポイントです。

就職活動において、年収は極めて大事な要素です。面接時には、必ず現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで現実の年収を偽って、多く申告し、転職先の年収をアップさせようとはしないでおきましょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要となり、一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結果的にウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現職での年収をハッキリと伝え、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげると、今の年収が400万円の人が、転職後に500万円となる可能性はほとんど無い、と見ておくべきです。もし、年収が400万なのであれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが間違いがありません。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に転職先に合格をもらったとしても、直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので、注意しましょう。

自分が仕事を探していた時期にかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。

かつては何社かの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルに関しても多種多様で大体は物足りない人ばかりでした。私にとっては、とても大切なことことだからもっと一生懸命に向き合ってほしいという感情がいっぱいになり、それが理由で自らキャリアカウンセラーになろうと考えたのです。キャリアカウンセラーとして働くための資格の取得はコストもかかりました。また資格取得のための勉強に関してもとても大変なわけですが、お仕事を探している方からあなたが担当者でよかったと言ってもらえる存在になるべく頑張っています。

転職を考えている時に気にかける募集内容の情報というのは、…

再就職をする際に気にかける募集要項の情報というのは、目安として掲載されている、という確率も少なくはありません。そのため、そこに記載されている情報は全部正しいものだと考えるのはやめておいたほうが賢明です。その中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給与面に関しては、平均なのか?最低金額であるのか?一番高い給料なのか?というような見極めができない転職者も多く、自らの勝手な判断で決め込んでしまうと、悔しい思いをする事いなるかもしれません。それゆえに、そんな風にならないためにも、募集内容は基準だと思って、そのようなとても大切な事は直接確かめるのがベストでしょう。

退職|転職活動を始める際に次の仕事をする前にある程度期間があるのなら・・

今から転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、「失業手当」を受け取っておきましょう。勤めている所属する会社が社員に「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取れます。また、受け取り手続きについては「ハローワーク」にて行います。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、働いている企業の都合での退職や、残業時間によっては、ただちに貰える可能性もあります。さらに受け取れる「失業手当」の金額は、会社の仕事を辞めた月の給料を基準に割り出されるので企業に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

退職|派遣会社を介して働く人が近頃は増えてきていますが、派遣先が派遣会社にいくら支払・・

派遣社員として仕事をする人が近頃増えています。この先、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がどのくらいで、その中で何割が自分に入るのかを極力面接のときに聞いておくべきです。派遣業は、労働力を欲する企業に人材を派遣し、その見返りに手数料を徴収する形を取っています。実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合がほとんどです。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、中には開示すらしない派遣業者も少なくなく、気が付くと8割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しないということも少なくありません。なお、面接の際にきちんと答えてもらえないような会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、なるべく別の派遣業者のもとで登録されることを推奨します。

もしもあなたが転職を視野に入れているなら、転職する前・・

もしあなたが将来、転職したいと考えているなら、転職する前に「資格」取得は考えておいて損はありません。とくに、仕事を続けているうちに、資格を取っておくのがベストです。転職時にあたって幅が広がるので、転職先を探すのが楽になります。こういった理由から、資格取得するなら、在職期間中にベストな時期といえます。あなたが将来のために、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、現在の仕事を辞めたとしても心残りもなく、前に進んでいけます。さらに、資格を保有することで転職先の面接の際、面接官に「即戦力」と判断され、今までの職場より待遇も良くなる可能性が高いです。

これから、私たちの社会的環境において確実に短絡的な仕事・・

近い将来、私たちの社会的環境においてみるみるうちに思考を必要としない作業は機械化が進んでいき、当然の結果としてそういう仕事をする人手はどう考えても縮小させられてしまいます。そのワケは、簡単な労働という観点では人間より機械でやったほうが比べられないほど能力が高いからです。例えば、数をカウントするとか、同一の動きをずっとリピートしたりすることは機械にとってはへっちゃらです。当たり前のことながら人と違って文句は言わないし、疲れることがありません。また、インチキをすることもないし、正確だし均一だし、さらに、給与を渡さなくてもいいのがメリットといえます。こういった点から、労働力として人を使う理由がなさすぎます。機械化の流れは自然の流れなのです。

最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、…

近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。もしもあなたが特許を出願したことがあるなら、電話が来る可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人に限らず、研究開発で論文を世に出した経歴のある人や、雑誌で紹介されている人など、「業績」を残した人を対象に、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのための理由にしています。会社に在籍中に、ヘッドハンディングのような連絡があった際には、そうなったきっかけを考えてみてください。極稀にヘッドハンディングだと思わせて、登録料を請求する業者もありますが、その手の業者はおそらくは嘘ですから注意しておきましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者がお金を支払う必要はありません。