退職|転職のための採用面接では、零細企業だったら大抵は「人事」が面接担当です…

再就職のときに行われる面接というのは、中小企業であ…

  • 転職時の採用面接では、中小企業だったら大体は「人事」が面接担当になりますが、100%ではありません。具体的には、共に仕事をする管理職、平たく言えば管理職クラスである部長や課長が面接担当になる可能性もあります。特に、事務系や営業系といった部署に転職するのなら、資格での具体的なイメージはありませんので、なんといっても自分という人物をアピールするようにしたいものです。面接担当者たちから「この候補者は、堂々と自己発言してるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、覚えていてもらうことがとても大切です。
  • 励んでいる転職する活動をしているときに、「今まで、こういった内容・・

  • 今励んでいる転職する活動中に、「今までにこういった仕事を長く続けました」「過去の仕事では、このような経験に磨きを掛けました」とそれまでの自分自身の実績・セールスポイントをよく伝わるようにアピールする人は少なくありません。ところが、転職先の新たな会社で「近い将来こういったことをしたい」「このような業務内容なら積極的に貢献できるに違いない」と将来的なビジョンで自身をアピールしていったほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。
  • その昔は看護婦と言った看護師という仕事は、女性比率がかなり大…

  • 看護婦と言われていた看護師は資格としてどうしてか女性の割合がかなり大きい職種です。厳しいことに気力、体力ともに大きく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。であるがゆえに、職場の環境での人間関係が上手くいかなかったり、自分の結婚・出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立が取りづらい仕事です。実際、上記のような問題に行き詰まり、転職する人が多いといいます。色々と過酷な環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に困っています。つねに各病院は、看護師を求めている「売り手市場」な状態で、さらに転職に拍車を掛ける状況となっています。
  • スムーズに転職したい時は、希望先転職先の会社企業というより…

  • 転職活動で重要なことは希望先転職先の会社企業というより、採用担当の面接官との勝負が大半といえます。希望する企業に採用されるために、初歩として面接が始まる前に焦る気持ちを抑えて平常心を強く意識しましょう。例を挙げると女性とお見合いをする心構えで向かうと良いでしょう。更に大事なことは面接官は第一にあなたの人となりを判定してもらうので誤解を招くような言動や見た目は注意し避けましょう。常識的な社会人らしくきちんと整った服装を意識してください。魅力ある人物と思ってもらうことができれば、転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。
  • 現在では、株・不動産投資をはじめとした不労所得のほか…

  • 今では、株式・不動産投資の不労所得で稼いだり、個人事業や起業で頑張っている人も増えています。そういった背景もあり、「雇用されて働く道こそが正義」といった見解も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長の頃には、先の見えない株式投資・自営業よりも組織の一員であるほうがはるかに安定性があり、人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが当たり前であるかのように、世の中に認識されていた。そんな時代は過ぎ去り、現代では「成熟期」と表現します。近い将来では、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、社会においては人手が不要となる時代が到来すると言われています。
  • 派遣のお仕事が決まりました。お仕事開始の初日に派遣会社で営業を担当している方と…

  • 派遣のお仕事が決定しました。就業初日に派遣会社の営業の担当の人と就業先の近くのコンビニで落ち合うと約束をしていたのですが、彼がなぜか約束した店の前にいないので店の中にいるのだろうと思い店の中に入ったところ、営業担当者は驚くことに雑誌売り場に座り込んでアダルト雑誌のグラビアページを開いて読んでいるところを発見しました。こんな担当の人の仕事なんて絶対に無理だと思って、挨拶することもなくコンビニの外へ出て速攻派遣会社へ辞退をする旨の連絡をしました。
  • 再就職する際に行われる面接につけていく腕時計について申し上げますが、…

  • 再就職をする際の面接で着用する腕時計についてですが、どう見ても目立つものは着用は避けたほうが好ましいです。目立つ腕時計と言うのは見るからに高そうに見える腕時計とか、といったことだけではありません。それとは逆にチープなものの印象を持たれてしまうとか、そのような真逆で目立つ、と考えておいてください。面接のときにつけていく腕時計においてはポジションとしてはスーツやネクタイと同じで、堅実なものをつけて行った方が悪い印象にはなりません。ただ、自身の年齢に適している腕時計ということも肝心であって、新卒の時に着けていた腕時計よりは多少でも値を上げた方が間違いないと言えます。
  • 退職|満足できる転職を希望しているのなら、前に情報を収集することをしておきましょう。

  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、最初から行動しなくてはいけません。それには現在はまったく無名の中小クラスも公式ホームページに企業のことを書いているところがとうぜんなので、インターネットを駆使して知りたい情報をチェックしておくとまたその会社についてよくわからないことなどを解消しておくと転職に役立つはずです。さらに公式サイト以外にも「転職サイト」をチェックしておくのも意外な発見があるはずです。さらに、インターネット以外の方法として、転職の候補している職場を自身の目で判断してみるのも良いと思います。
  • 転社を繰り返す日々を止めるための方法が一つだけあります。

  • 転職を度々しないための打開策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返しません。現在はネットがいつでも使えるので、メンタル面を鍛えるのには良い情報は容易に拾えます。また、転職とは全く異なる行動でも、精神面を鍛えることが可能です。その最たる例はズバリ「外国に行くこと」ですね。海外に旅行に行くと生活様式・文化・言語など、違うことばかりなので、すべてのことが良い刺激となります。ですから、精神的な成長は、想像以上に得らるはずです。帰国すると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、こんなにも世間は狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちのまま(転職のための)面接に行けば、これまでの面接とは違い自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。でも、退職後は精神面がダメージを受けやすいのでその後のために休暇も必要です。
  • 再就職して勤め先を一新するということは、自分自身に合…

  • 再就職して職場を新しく換えるということは、自分自身に見合う自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場所を選びたいものです。職種を変えることで、うってつけの仕事に有りつけるかもしれません。しかしながら、楽しいことばかりではなく、転職先にふさわしい能力を持っていないと、願いを叶えられないでしょう。逆をいうと、自分の価値をあげれば、天職に就くことができる、というだけの話です。昨今は、職業選択の自由が一般的に認知されているので、転職を選択しても偏見を持たれてしまうおそれもありません。今のような事態のもとでは、今現在、「使える人材が欲しい」と感じている企業も増えているため、今の良い時期をうまく利用してみるのも良いでしょう。
  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

  • 転職時の面接では人事から「転職理由は?」とほぼ質問されます。この時に、どれだけ正論だと思っても、過去の職場の「働く環境」「人づきあい」についての愚痴やトラブルを絡めた内容などは、極力控えたほうがいいでしょう。もしも、こういった話をしてしまうと、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスを台無しにしてしまいかねません。面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることが正解なため、たとえば「新しい職場においては、自身のキャリアをしっかり生かし、キャリアアップを目指していくつももりです。」といったような未来形での話ぶりが担当者に良い印象を持ってもらえるのです。
  • 再就職をするときに比較的重要視されるのが間違いなく「面接」である。

  • 再就職する際、とても重視されるのが「面接」です。多くの場合面接では、面接担当者が応募者に転職を決意した経緯や退職理由などいろんな質問が飛んできますが、そして、一通りの質問が終わると、面接希望者側からの疑問に思う点などを質問できる時間が与えられます。面接担当のスタッフから「なにか弊社について疑問や質問などはありますか・・?」と聞いてくれるわけです。こんな時は、面接者本人が緊張のあまり、どう答えればよいかわからなくなることもありますよね。そんなときのために、前もって面接官からの質問に対する、(あなたからの質問を)いくつか考えておくのもいいかもしれません。すべてを把握していない職場ですし、何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 退職|クールビズスタイルで転職の面接に行く際には、ジャケットまで・・

  • クールビズ(軽装)で転職の面接を受けに行く際には、ジャケットは着込まなくても良いと間違いなく言えます。ですが、ネクタイは着用したほうが無難です。タイなしでもOKだと考えている企業もある可能性はありますが、ことネクタイに関しては例えクールビズでも着用して行く必要があるとする会社がある程度あります。そんな訳で、クールビズと言われていたとしてもネクタイにおいては絶対に着用から行った方が印象が良くなるということを知っておいてほしいです。
  • 退職|生まれて初めて失業保険をもらう場合、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている・・

  • 生まれて初めて失業保険をもらうときに、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人が非常に多いですが、それは誤解です。本当は、失業保険を希望通りに受け取り続けるためには、「就職活動」をしてなくてはダメで、その上、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月間隔で担当者に求職活動の状況をきちんと説明して真摯に仕事を探していると判断されれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。もしも、真面目に就職活動をしていないと思われたり、毎月のスタッフとの面談に参加しない場合は、有無を言わさずに給付を一時停止したり、酷い場合は以降の給与資格をなくしかねないので、気をつけておきましょう。
  • 退職|ちょっと前に転職したばかりなのに、慣れもしないあいだ…

  • ついこの間、転職したばかりだというのに、あっという間に退職届を提出する人がけっこう少なくないのです。何故そうかと考えてみるとたぶんリフレッシュな気持ちで新しい環境を見つけたものの、「自分自身の理想としていたものとけっこう違っていた」「職場環境が受け入れられなかった」という理由で別の仕事を探すことが多いといいます。可能ならばこのような失敗を繰り返さないためには、第一に、事前の情報収集を欠かせません。職場環境、昇給システム、などいろいろ調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。
  • 退職|転職を考えたとしても、理想通りの成果があがるとは言えません。

  • 再就職するにも万事首尾よく運ぶとは言い切れません。どうせするなら、そう遠くない将来、転職をしなくてはならないなら若いうちにできるだけ早く変えてしまった方が良いです。ほとんどの場合、30代前半までは有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代となったあとでの転職の場合は、だんだん厳しくなってしまいます。もしもあなたが、管理職など、重要な役職を担当している場合、転職したいと思い立っても、現在の会社に居残ることも選択項目に残しておくべきです。要するに、退社してから転職活動を行うよりも、現在の会社をやめないまま、時間をかけて注意深く行動したほうが失敗することもありません。