退職|生まれてはじめて転職を行うのであれば、注意しなければいけないのは…

人生初の転職を行うのであれば、忘れてはいけないのはなぜ今の仕事を去る必要があるのかについ・・

人生初の転職を行うのであれば、注意すべきことはどうして今の仕事を去らなければいけないのかをクリアにしておくことです。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくべきです。その後現在の問題を解消できそうな会社を選んでいくのです。社会に出てからの転職活動は、新卒時の就職活動とは違い、現在の仕事と並行して転職活動を続けていくため、時間と体力が必要不可欠です。そのため理由が明確にされないまま転職活動を行えば、途中で息切れしてしまうことがあります。是が非でも転職したい、現状を変えたいという強い情熱がない場合は,転職活動をスタートするのはやめておくのが賢明です。

これから先、転職活動をされるなら、気になった求人(または業種)…

今から転職活動をするのなら、気になった求人(あるいは業界)を見付けるたびに100%「〇〇業、ブラック」でネットで検索したほうがいいです。求人票や転職エージェントの情報では、その業界のマイナス部分について、知ることができる確率は低いです。ネットで調べればインターネット検索を活用することでいとも簡単に多くの事例に触れられるはずです。そういった手間を惜しんで仕事を始めてしまうと、あとになって痛い目にあいます。そもそもその求人が出ていた理由が「業務内容が厳しく、なかなか人が定着しない」という場合が多くを占めるため、目に留まった業種や案件に関しては、疑問点を確実に払拭した上で、応募しましょう。

今の仕事や業務に関して、何かしらの不満を感じることがあるはずです。

今現在の職場や業務内容についてほとんどの人は不満を感じていると思います。「自身の持っているスキル・能力が正しく評価してもらえない」そのため、「月給アップも、昇進の見込みもない」といった不満が割合的に多くを占めています。とはいえ、気持ちは理解できます。しかし、その手の不満を持っている人の一部には、本人が自分自身の持っている力量を過大評価しているケースが多いものです。自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この求人では、自分を活かせない」と転職の空白期間が長くなると言う事に陥りがちです。可能性があるので、注意しなくてはいけません。なので転職で好結果を出すためには、実際の自身のスキルや能力を客観的に分析することからはじめて見てください。

新しい職を探す際、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェン…

転職するとき、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)要するに斡旋してくれる会社がありますが、そういった場所で登録し新しい会社で働くことになったとしても、失業保険を受け取ることはできないので要注意です。ハローワークを経ずに就職しても失業保険の給付対象にはならないのであとで後悔しないようぬい気をつけてください。一方、ハローワークを経て斡旋してもらって就職した場合は、就職に備える準備金として、一時金が受け取れることになります。ネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。単に斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の給付手続きは扱っていません。これについて知らなければ、失業中にお金が手に入らなくなるので、気をつけておきましょう。

退職|再就職したいなら、たくさんの企業の募集案内を日常的にチェックしておく・・

再就職を考えているなら、こまめにさまざまな企業の募集案内を普段から調べておくと就職した後の見る目に大いに役立ちます。現在の職場になにか納得のいかない部分がある場合、本格的に転職活動を始めた際にどの会社もいいように見えてしまいます。そんな状況になってしまうと、どこを選択すべきか選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、判断を誤る可能性も少なくありません。それゆえに、早々に転職を考える羽目になるので、事前に正しい判断ができる目を養っておくべきなのです。方法としては、企業の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、転職したい会社の取引している会社にも目を向けてみましょう。透明性ある会社は、取引先情報を公開していますし、逆にそうでない会社は、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますから求人チェック時に見ておきましょう。さらに、会社によって個人でのグループに入っている会社があるので、グループの名前を調べると細かい所もチェックできます。

転職しようと考えるのなら、直近の仕事・業務の何に不満を感じているのか・・

来週からでも転職やることに当たっては、直近の業務や業務での納得いかない部分、不満に思う部分をハッキリとさせておく必要があります。当然と思われますが、意外とできてないです。元々不満な点にガマンできないから転職しようと思っているはずです。しかし「よく考えて現状である会社の問題なことを明確化する」ことを多くの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。そして、転職を叶えたとしたら、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職してからのモチベーションの低下は防ぐことができるでしょう。

新たな職場で過去の実力を発揮できれば、即戦力として認められ、…

新たな職場にてそれまでに培われてきた能力を最大限に活用できれば、即戦力として周囲から扱われ、割と早く仕事場で存在感を得られるでしょう。同時に会社側もそういった人材は常に欲しがるものですから、タイミングさえうまくいけば、容易だといえます。それに加えてかつての業務内容と近い仕事内容なら転職は非常に容易になります。ですが、まずまずの能力があるといっても大手企業の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)の募集などは、時代に関係なく、かなりの競争率になる可能性が高いと見ておきましょう。

転職の際に必須となる面接でやめておいたほうがよいのは…

転職時の企業の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのですが採用をされたいあまりあからさまな猫をかぶることです。すると正直なところ悪い結果を招くおそれがあります。そうならないために例に挙げるならば面接の際は「報酬」などの、多くの人がちょっと聞きにくいことも勇気を出し尋ねておいた方が、結果的に自身のためにもなります。実際には「入社前の段階でそのような質問をすることで最終的に悪い結果になるのではないか」と危惧するかもしれませんが、しかし、かえってマイナスに作用することは最終的にはいい場合が多いようです。これらのことはお金や労働環境に対する内容は、実際には、誰もが聞きたい事項ではあるのに、それなのに、面接に応募した人たちの多くは、大半の人が質問を躊躇しています。しかし、あえて尋ねておくことで「言うことはちゃんと言える人だな」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。

転職をする時に絶対に用意する履歴書などに関してですが、…

再就職の時に絶対に準備する履歴書に関しては、たいていは自筆ではなく、パソコンを使って作るのが多いです。日本の中では履歴書や職務経歴書については手書きで作るというのが常識と捉えられていることも多いですが、それは新卒の人の就活やアルバイトやパートの際に用意する履歴書であって、実際のところ、転職のケースは履歴書や職務経歴書は100%パソコンで書いたものは駄目と断言はできません。自筆の履歴書を評価する時もあるようですが、そうじゃないケースがずっと多くなってきていますから、パソコンで作られた履歴書でも良いとする会社は意外にもたくさんあるのです。

転職期間では、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、…

転職先を探している間は、自分の好きなことに打ち込んだり、体力を損なわない生活が良いです。仕事が決まり、新たなスタートを切ったとき趣味に興じていたおかげで気付かないうちに集中力がアップします。そしてまた、体力を補っている事で、その場の社員さんよりもスタミナがあるということを自覚します。そんなわけで、退職して次の仕事を始めるまでは自分の趣味に時間を充てることと、体力を落とさないようにしておいて損することはありません。転職後、その職場のなかであなたと同じ趣味の人と出会えれば、仲良くなるキッカケになるので、時間がなくてできなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

退職|現代では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり…

近時は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり、社名の公表がなされるなど、厳罰化の方向に動いていますが、完全には程遠いといえます。実は、面接で見破ることが可能です。まずは求人票などで労働条件を見えておき、それらをもとに質問をぶつけていきましょう。相手が「ブラック企業」だった場合、求人票の記載が嘘の場合、答え方が不自然になったり、結局は答えられなかったりはぐらかされるはずです。特に「給与」「残業」「休日」については、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと困ったような顔をする場合も多くあります。それでもめげずに尋ねていくと、ふてくされたような態度になってくるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、少しでもおかしいと感じたら、入社はキャンセルするのが無難でしょう。

転職時の面接で行くと必ずと言っていいほど質問されるの…

再就職をする際に面接でほぼ必ず尋ねられるのは会社を辞めた経緯についてです。このような質問に答える際には前職に話題の中心を当てない方が好ましいです。会社を退職した理由に焦点を当てると必ずマイナス面を伴った話になってしまいます。この点を上手に進めていくにはどうして以前働いていた会社を退職したかという点をこちらの会社にどうしても入社したい理由があったからといった話の中身にするべきであり、自己アピールもかねて今、自分が入社したい会社の方にスポットを当てるべきなのです。転職理由でも、そのような内容ならば、マイナス面を消しプラス面を印象づける前職を辞めた理由になります。

退職|転職活動をする場合に注意して欲しい求人内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高めで…

就職するため仕事探しをする際に気を付けるすべき求人内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高く、拘束される時間が長いというものです。このような求人内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合が非常に多いです。みなし残業代というのは、通称『みなし』とも表記し、30時間とか45時間という風に(時間は例えです)求人の内容に時間が併記してあります。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、あらかじめ給料形態に残業代を入れておく、といったものになります。(なお、これは違法ではありません)もしも『みなし残業代35時間込』と記載があれば、「書かれた時間分の残業代を入れれば、これだけの給料になります」という意味になります。ですが、悪質な求人にはこの『みなし』を表記していないこともザラですので注意をしておきましょう。

退職|今、私は派遣の会社に入っています。

派遣で働いています。サイトを見ていてなんとなく自分に合っていそうな仕事を探して応募したい旨を伝えたところ「その仕事はもう他の人が採用されました」と言われてしまい一瞬サイトからも仕事の情報が見えなくなるのですが、なぜか次の日になれば再びその求人募集が掲載されています。これは結局私だとダメと言っているのですね。そういうことであれば初めからトラブルにならない程度にはっきりと言ってほしいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。あるいはまた架空の仕事を載せているのでしょうか?

失業した際にもらえる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが・・

失業したときに給付される失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、期間に制限があります。失業時までに勤務していた期間に応じて変動し、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、世の中にはこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業を続ける限りもらえると思い込んで「失業保険をもらえるあいだは遊んでいよう」という人をたまに見かけますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き大急ぎで職探しをしたとしてもあまりいいところは見つかりません。転職候補となる会社の面接官もアホウではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といった点はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。ヘタをすると、面接時に失業中の行動を根掘り葉掘り聞かれることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、採用は極めて困難になります。

転職活動を現職と同時に行っている人が多いです。

転職活動と現職の同時進行を行う人が多いです。けれども、忙しく仕事をしながら求人を見て、応募の手続きをしたり、面接を受けるのは精神も肉体も大変だといえます。また、転職活動時は、現在の職場の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、もしも、そうした場合に書類選考が通り面接の連絡が来た後で辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを介していた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、他方自分で直接、応募した場合でも、応募した企業から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにせよ自分の大事な時間をドブに捨てることとなるため、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と理解しておきましょう。