求人関連の広告には、多くの会社では月収が記載されているはずです。

退職|求人関連の情報では、多くの企業では月収が記載されているはずです。

  • 求人についての情報を見てみると、とうぜんまともな職場では月収の記載に目が行きますよね。でもこの月収の箇所を頭に入れる時には、注意して確認する事が欠かせないです。額の多い少ないだけ見て判断してはいけません。というのは案件によっては、月収の金額のなかに「毎月10時間分の残業」が含まれているおそれもあります。残業代をトータルすることで金額が高く見えるようにしている所があるからです。それ以外にも、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている企業もあったります。ですから、こういった応募者を増やそうとする会社には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。
  • 転職活動をするとき、始める前に、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を見たりし…

  • 転職活動を始めるにあたっては、まず、求人雑誌を見たりして転職したい会社を調べるでしょう。しかし、その会社が情報を載せるにあたっては、コンサルタントが主導している場合が多いです。彼ら(コンサル)の多くは、会社にとって不利益となる情報を隠す特徴があります。仮に公表したとしても遠回しな表現に徹します。その種の企業の「社長インタビュー」や「社員情報」についてはそのまま信じるよりも、疑いながら読むべきでしょう。仮に美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、「聞いていた話とまったく違う・・・」と後悔することになりかねません。たちの悪い会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は言いがかりをつけて退社させないように仕向けています。ブラック企業では、このようなことが多いです。
  • 退職|数年前は求人誌では、雇用主の希望する「性別」が書かれていました。

  • 以前は求人情報には、雇用主が必要とする人材の「性別」まで当たり前のように書かれていました。けれど今現在では、男女雇用機会均等法によって、雇用時、男女差別があってはならないとして、募集要項のなかに「性別」の表記ができなくなりました。そのような変化があったのですが、募集情報を出す企業側は、実際のところどちらが希望と言う想いがあるはずです。なので、男性を希望の企業に女性が募集にやってきたり、女手が必要な案件に男性が来てしまい、でも採用されないといった可能性が高くなります。もし、「女性が活躍する職場です」といった内容の案件は、雇用側が「女性」を必要としている、と考えると確実でしょう。
  • 昨日転職先の会社を探すために人材会社へ登録に行きました。

  • 先週転職先の会社を探すために人材会社に登録に行きました。そのとき登録カウンセリングを行うために出てきた担当の人が見たところ入社してから間もない新入社員で、私が話したことの半分ほどもわかっていない模様。さらに悪いことに「キャリアデザインに問題があります」とか「きちんと自分の強みを知っておくことが必要です」等、わかったふうに横柄に言うので非常にイラつきました。カウンセリングをする人はいくらか社会人経験がある人にしてほしいと思います。
  • 退職|就職活動において、年収はかなり重要な要素です。

  • 就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。面接の時、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき本当の年収より多く言って、多額の年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一時的に信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまいます。トラブルの原因になることもあるため、現職での年収は正直に申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげれば、年収300万の人が転職後に500万円となる可能性はほぼあり得ません。今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円であると伝えておくべきでしょう。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、せっかく入社した会社を退職に追いやられる事態になるおそれもあるので注意が必要です。
  • 自分が仕事を探していた時期にたいへん多くの人材紹介会社に登録していたのですが・・

  • 私はかつていくつかの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーのレベルにおいても多様で大抵はいまいちだと感じる人でした。私にとっては人生かかっているのにもっと真摯に向かい合ってほしいという考えがいっぱいになってしまいました。それが契機となり私はキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取るのは費用も必要でしたし資格取得のための勉強面においても大変ではありますが、就活中の人に信用される存在になるために努力しています。
  • 転職を考えている時にチェックする仕事の情報というのは・・

  • 仕事を変えようとしようとしている時に目を光らせる募集事項に関しては、通常のものとして載せている可能性もあり得ます。ですから、掲載されている情報は何もかもが正しいことだとは思うのはやめておいたほうが賢明でしょう。中でも特に給料面に関しては、社員を平均した値なのか?最低金額であるのか?最高の給料であるのか?といった読みができないケースが多く、適当な判断でとらえてしまうと、後から後悔することになるかもしれません。そんな訳で、募集要項の情報というのは、おおまかなものだと思って、そのようなとても大事な事は会社側に直に確認を取ってみた方が妥当でしょう。
  • 年内中に転職される人で次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は・・

  • 今年中に転職予定がある人で、次の仕事をする前に期間があるのなら、ぜひ「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。失業手当はあなたが働いている会社で社員に雇用保険を払っているところであれば、申請をすればだれでももらえます。また、受け取り手続きについては「ハローワーク」にて行います。しかし自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、状況によっては企業の都合の退職、残業時間の内容次第でただちに受け取ることが出来たりもします。このときの、「失業手当」の額は、会社で最後となる勤務月の給料を基準に手当の額を計算されるため、働いている会社に繁忙期や閑散期がある方はなるべく「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。
  • 退職|派遣会社に登録し、仕事をする人が近時は増加する傾向にあります。

  • 派遣会社を利用して仕事をする人が規制緩和以来、増えてきていますが、この先、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がどのくらいで、そのうちどれだけが自分に入るのかを可能な限り面接の際に確認しておきましょう。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その見返りにお金を会社に支払う仕組みで運営していますが、派遣会社の多くは、派遣労働者の取り分を公開していません。5割以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、中には開示すらしない派遣会社も少なくなく、酷いケースでは、3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにする場合も珍しくありません。面接時、丁寧に返答してくれない派遣業者は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、極力別の派遣会社を利用されることを推奨します。
  • もしもあなたが転職するのなら、あらかじめ「資格」を取得しておいたほうが有利になります。

  • もし転職するのなら、あらかじめ資格を取るとステップアップします。また、現在の仕事をしているあいだに資格取得をしておくと、転職活動時に有利に働くので次の仕事も見つけやすくなります。ですので、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が一番良い時期なのです。もしもあなたが転職を目指しているなら、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、現在の会社を退職後も心残りもなく、前に進んでいけます。それに加えて、資格取得後は転職活動では資格が味方をしてくれるので面接で面接担当者に「即戦力」な人材として認められ、今までより待遇アップも期待できます。
  • 将来的に、労働力という観点においてぐんぐんとシンプルな作業・・

  • 将来、私たちの社会的環境において確実に短絡的な作業は機械に変えられて最終的には人手は減少していきます。その理由は、簡単な仕事という観点では人の手を借りるよりも機械で作業するほうが数段に分があるからです。数をカウントするとか、同じ作業をずっと繰り返すことは機械では当然何の苦もありません。人と違って泣き言も言わず、疲れもしない、適当にすることもないし、早いし均一化できるメリットもあります。加えて、賃金が発生しません。というわけで、人間を使う意味がなさすぎます。機械化されるのは注目されているのです。
  • 最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく…

  • 今日、ネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。特許出願の経験がある人は、そういった会社からのコンタクト率が高くなるといいます。彼らは、特許を取った人のほかに、研究開発で論文を出した実績のある人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、何らかの実績も持つ人をターゲットに電話・メールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。仮に、あなたがヘッドハンティングの連絡をもらったとしたら、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。あまりないことですが、ヘッドハンディングだと思わせて、登録料を要求してくる会社もあるらしいですが、明らかにイカサマであるので引っかからないように注意しましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者がお金を支払う必要はありません。
  • 退職|転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書を必ず用意しなければいけません。

  • 転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書を準備することが必須となります。企業の大多数は履歴書及び職務経歴書に記載されていることで面接するかどうかを決めるため、どうあってもこれらの書類の作成が重要なポイントになってきます。単に穴埋めするだけでなく、記載内容を魅力的にすることも考えてみましょう。職務経歴書は、これまで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容を可能な限り記入します。また、現職の社内で挙げた実績を、部門の残業時間を何%減らしました、など分かるように書いておきましょう。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分のブランディングのために転職エージェントを利用してみるのもよい転職をするための有効な方法です。
  • 今ではパソコンやスマホを使えばわかるけどインターネット上には、…

  • どうもPCを見ればネット上では、要するに転職に関連するサイトがそこらじゅうにあります。サイトを見て自身の目的にあった転職先と思えるのを見付けるためには、最初は情報を収集することをしましょう。このようなサイトをきっちり使うことで、効率的な転職を叶えられます。転職希望者にとって役立つ情報満載の優良な「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。利用して間もない頃は、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大切ですから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しく確かめてみてください。
  • 退職|長年にわたり接客関係で仕事をしてきましたが、加齢とともに…

  • 長きにわたって接客関係で働いてきましたが、年のせいか立って行う仕事は体力的に難しくなったため、座って仕事を続けられる事務の仕事への転職を目標にして活動をしました。事務の経験がない場合けっこう厳しくて、そうであれば接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務をしたいと資格も獲得し個人の病院に転職することができました。先輩のパートさんばかりに囲まれて人間関係も複雑。夜の勤務ばかり押し付けられて、接客の仕事をしていた時よりも家に遅く帰らなければいけなくなりましたが、まずキャリアの形成時と腹をくくって頑張ります。
  • 退職|これはシフト制がある仕事についての話です。

  • 「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、一定の曜日に入れる人を募集している求人をよく見るのですが、シフトの出し方、休み方については面接の際に確認しておくべきです。私自身、出産のため休む人の穴埋めとして、正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトが土日が固定シフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。産休に入った前任の女性が「土曜、日曜」に必ず出れる人だったので、私も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に休まざるを得なくなった場合、、シフト変更を出す必要があり、職場の先輩たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と自ら頭を下げなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日は私だけなんて・・・。今思うと「本当によく耐えたな」と。