昔から”石の上にも3年”という諺もありますが、現・・

退職|古来より”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。

日本には「石の上にも三年」という諺もありますが、現在の社会では「終身雇用制度」が死語となりつつある現代では「転職」を経験するのがとても身近なものになってきました。そうではあるものの、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というようなやたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。実際に再就職しようと考える場合、時期を的確に捉える必要があります。最初に、現在の職場、仕事、自分の置かれている立場などに対して不満に思っている点を少なくとも5、できれば10個ほど、紙に書き出ししてみましょう。そうしておくと、転職に役立ちます。そして、将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、ためらうことなく、良い仕事を手に入れられるようにトライしていることも大切です。

退職|転職のための採用面接を受けに行きました。

転職の面接に転職希望の会社へ行きました。たまたま会社にある部屋が空いていないとのことで外のとある場所で待ち合わせて採用面接を行い、その場で解散し、面接をした方も会社に帰らず自宅に直帰されるとのことだったわけですが、奇遇にも自宅からの最寄駅が一緒。ですから電車の中においてもずっとおしゃべりをしながらいっしょに帰宅することになり、そのため緊張がほぐれ面接の時よりも話が弾み、それが良かったからなのかなんと採用を手に入れることができました。

新卒採用で入社した会社を辞め、転職に踏み切りました。

新卒採用で入った会社を辞めて、転職に踏み切りました。退職した後は相当にちゃんと転職できるか不安でした。ですが、会社を数年で辞めて、中途採用で働いている人ばかりであると転職活動を通して気付き、自然と安心しました。転職を経験すると何か、前向きに物事を考えるようになって、「自分の好きなこと」を探すのことが楽しくなりました。いまだに「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」という意見も根強くありますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私の場合は転職を決断して後悔はありません。

転職活動を始めるときに、まず勤務している会社を辞めてか…

転職活動をスタートするときに、まずは勤務している会社を辞めてから転職しようと考える方もいますが、それならボーナスの支給日について確かめておきましょう。ボーナスが支給される会社は山ほどありますが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスが振り込まれる時期まで長くないのなら、支給日が過ぎるのを待って会社を去るという考えもうまいやり方です。ボーナスはそれなりに大金なので、もらっておかないと損をすると明白ですから、退職をする際にはいつボーナスが入るのかを確実に頭に入れておく方が得策です。

仕事の面接で着用するスーツの色味については、新卒の就…

転職の時の面接でいるスーツの色は、新卒の学生が就職活動の時に身に付けるカラーが良いです。ですので、黒や紺色といった感じのようなダークな色、ということになります。転職であっても、着用していくビジネススーツのカラーはこのようなダークカラーが圧倒的に多くて、それ以外の色の人はほぼいません。他のカラーで言えば、たまにグレーのスーツを着用している方が若干いるくらいで、全体的な割合をみても紺や黒がほとんどを占めているのです。ですから、人事から見ても黒や紺色であるほうが普通のように感じます。ですから、第一印象という面ではそのようにする方が好ましいわけです。

以前の私は、「転職サイト」を利用するより、いつも「ハローワーク」を利用していました。

これまでの私は、「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」で仕事を探していました。その理由は、CMで有名な大手の転職サイトは、やはり都心部の求人情報ばかり掲載されているからです。そのため、求人情報を探す時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やはり、大手転職サイトに掲載されている求人より多少知名度は低くなってしまいますが、地域密着という点ではとても信頼性が高いです。「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と先入観を持っている方も多いかと思います。魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、転職予定の方は、参考までにハローワークへ1度行って様子を見ておくのも良いと思います。「転職サイト」のような多くのニュースレターの心配もありません。

退職|転職エージェント、そして転職サイトを利用して、転職活動を行う人はたくさんいます。

転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動する人は年々増えています。ですが、転職先を見つけるチャンスをもっと増やしたいのであれば、それに加えて転職フェアも利用してみてはいかがでしょう?多くの企業が一堂に会し、参加した際は複数の企業に関する情報に触れることができ、それだけでなく、説明員等を通じて、その企業の社風がある程度わかります。仮に、転職フェアに参加する機会があれば、1次面接を受けるつもりでしっかりとした考えで参加する事がお勧めです。それによりフェアの期間中に企業から気に入られれば、後に応募して実際の面接時にアドバンテージになります。

再就職にあたってそれなりの準備が必要です。

再就職する場合、それなりの準備はしなければなりません。なかでも、目に映る「ファッション」は、注意している人は多いでしょう。…が、最近の面接では、形式ばらない服装がOKな会社も多いので、ビジネススーツを着込んで面接に行く必要はありません。とくに会社の創立してすぐの歴史のない会社ほど、厳格な規則もないことが多く、私服で面接を受けたほうが、良い印象を持ってもらえます。さらに、正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすいのもメリットといえます。さらに私服だと、時には面接時に洋服の話題で盛り上がる可能性もあります。ですから、もしかしたら担当の人から気に入られる期待もできます。ということで、これから転職するのなら、気になる企業の「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系企業の)面接時には正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

女性の再就職は、今現在とセクハラが問題視される前・・

女性の転職において、セクハラが社会的に問題になる前と現在とでは多少の変化があるといいます。過去には面接の場で、結婚の予定や出産予定などについて、当たり前のように質問されることが多々ありました。でも、今はその手の内容は、「セクハラ」にあたるとして、質問されないこと、が増加傾向にあります。名の知れた大きな会社ほど、NG質問として露骨に避けるようになっています。けれども実際、企業側は、YES・NO、の2択でなく、その人の姿勢、結婚したあとどうするか、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを知っておきたいと思っている事でしょう。自身の考えを理解してもらうためにも、自己PRや志望した動機とともに表現することで、面接担当官にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると思うわけです。ですので、聞かれていない箇所についても、あなたから気遣って答えてみると良いでしょう。

転職を考えているのならすぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

新しい就業先ではすぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。ことさら、はじめの年はほとんどの場合「研修期間」が入っているというのが多いものです。自身の例では、どうにかして転職してなんと年収が前職と見たところ同じということがありました。しかも仕事は多忙を極め、たいへん責任重大な立場でもあったので、1年目をクリアするのに本当に労力を伴いました。そのような経緯から転職1年目は、勉強に充てる年と捉えておき、出来る限り転職前から貯蓄をして備えておくべき、と痛感します。

看護師という仕事の人のそれと違う仕事に転職に至る理由は…

看護師のそれと違う職業に転職する原因はその人それぞれです。さまざまな理由がありますが、看護師でありながらの転職には「職場の中に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚してからライフスタイルの変化によって出産それから子育てそれから親の介護など、種々の身近な家庭環境の変化によってこれまでのようには今の仕事を続けられなくなっている」「今の給与体系に不満がある」といったような理由が解消したいために転職されるのかもしれません。しかしながら、転職前に、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、落ちついてリラックスしながら再度、現状認識をしてみることも大切です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考し、決断されることを強くお勧めします。

これまで20代前半の時点で転職を数回し、現在、資格を手に入れたいの…

これまで20代前半までに転職を数回で、現在、資格取得のため、派遣社員で働いています。フルタイムの勤務でないため、やはり毎月の収入は安いのですが、しかし、心と時間に大きな余裕が生まれました。学生時代に資格を取得し、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、資格を活かしている人を見ると非常に羨ましいと感じます。前までの私は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、劣等感を感じていましたが、しかし、結婚を経験し、生活環境も大きく変化し、前よりも明確にやりたいことを見つけたので私も新たな目標に向かっています。

派遣で勤務しています。労働契約法により残念なことに長く勤務してきた…

派遣として働いています。派遣法や労働契約法のからみでやむを得ず、馴染みのある企業での勤務があと数週間で終了します。同じ派遣の方の中には、派遣の勤務先で正規社員の条件を得た方もいるのですがそれは正直なところ仕事が優秀というわけではなく派遣先の上司へのあしらいが上手な方で引き立てがあった気配。仕事を行う能力よりも上司のおじさん転がしスキルが大事なのだろうと選考に漏れた他の派遣の同僚と職場で愚痴る毎日です。

転職を目前にしているなら、現在勤めている会社を退社する時…

転職を行うにあたり、現在勤務している会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、自分が望んで退職届を書いて退社する、いわゆる「依願退職」の場合には直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きをしたのち、失業したことが認められてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。よく間違って退社の1日後からちょうど3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしましょう。実際に誤解してしまった人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると主張してそれが原因となりハローワークの担当スタッフとトラブルを起こしているのを見たことがあります。加えて、自己都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けてから直ちに失業保険が給付されます。

退職|未経験である業種などに職を移そうとするときには、前の会社で、自…

全くの初挑戦となる業種などに転身したい場合には、以前の業界で養われた腕前や経験したことを発揮できるというアピールがいるようになります。初めての分野の場合、未経験の分その業界を経験している人よりも正直、損にはなりますが、自分が保持しているスキルがその業界でも生かすことができるということを相手に話せれば、戦うことができるケースも十分にあります。したがって、未経験である分野に挑む場合は、その業種とこれまでに自分がしてきた仕事内容とのつながりを見つけ出しましょう。

再就職における面接などに関してもし名刺を手渡されとしたら・・

再就職における面接などに関してもし担当者に名刺を手渡されたら、あなたも相手の方に名刺を渡すべきか?渡さないべきか?と対応の仕方に悩んだら、ほとんどの場合は差し出すことはないと考えておきましょう。面接というのは仕事の延長上のことではなくて、職を得るための採用活動の一部なので、大方は名刺を交換する時間ではありません。さらに、会社の人間として出向いているのではなく、あなたのことでそこにいるわけです。それゆえ、もし相手の方から名刺を渡された時でも、あなた自身は名刺をもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手の方に渡す義務はないと言えるのです。