近頃、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で儲けたり…

この頃では、株・不動産投資といった、不労所得で生活資金を得たり…

  • 近年では、株・不動産投資といった、不労所得のほかに個人事業主を目指す人も増えています。そういった背景もあり、「起業はキケンだ」といったこれまでの見解も変わりつつあるようです。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、自営業で生きるよりも会社勤めの方がずっと安定していて、人生の「花形」としてまたそれが至極当然のことのように、一般の人々に認知されていた。そんな社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、時代は変わって「成熟期」などと付けられています。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、機会が仕事をこなしていく時代が到来すると言われています。

  • 派遣でのお仕事が決まりました。

  • 派遣でのお仕事が決定しました。就業の初日に営業担当の方と就業先の近くのコンビニで待ち合わせをしたところ、どういうわけかコンビニの前にいなかったので店の中にいるのではないかと考えコンビニエンスストアの中に入ってみると、担当者はあろうことか雑誌売り場前の通路に座り込んでいかがわしいグラビアのページを開けてじっど見ていました。こんな人が担当者だなんて絶対に無理だと感じて、その場で声をかけずこっそりと店内から出て速攻派遣会社へ辞退の連絡を入れました。

  • 退職|再就職時の面接で使う腕時計の事ですが、どう見ても目…

  • 転職する際に行われる面接のときにつける腕時計においては、ビジネスの場らしからぬ目を惹くようなタイプの時計はつけないほうが良いです。目立つ腕時計と言うのは見るからに高価そうに見えたり、というだけではありません。その反対でチープな腕時計の印象を持たれてしまうとか、そのような目立つということで正反対で目立つ、ということで捉えておいてください。再就職の面接の際に付けるべき腕時計においてはポジション的にはスーツやネクタイと同じようにとらえ面接にふさわしい平凡なものをするほうが賢明だと言えます。ですが、歳に適しているということも外せない条件で、新卒の頃に買った腕時計よりはわずかでも値を上げた方が好印象であるということははっきりと断言できます。

  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、事前の徹底した情報を集めることが不可欠です。

  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、最初から行動するようにしましょう。そうしようと思うのなら最近は名前を聞いたことのない中小クラスであろうともHPで企業を紹介しているケースがほとんどですから、ネットの機能を駆使して知りたい情報を手に入れるとそれとその企業のわからないことなどを整理しておくと転職に役立つはずです。加えて公式サイトに加え、「転職サイト」にログインするのもお勧めです。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。希望している職場を自分の目で見て確かめることも大事なことです。

  • 転職を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。

  • 退職と転職を度々しないための方法が一つだけあります。スキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返すことがなくなります。今では、ネットがあるので精神面を強くするヒントは容易に知ることができます。さらには、転職とは関係なさそうなことでも、精神面を強化することが可能です。その典型例がズバリ「外国に行くこと」です。海外に旅行に行くと文化も生活習慣も違うことばかりなので、どんな瞬間も勉強になります。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの方法といえます。帰国してみると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。その気持ちを携え、(転職のための)面接に向かうと、今までの面接とは違って自信に満ち溢れた態度を示すことができます。でも、退職直後は精神的に弱くなりがちなので、ほどよく休むようにしましょう。

  • 再就職して職場を新しく換えるということは、自分に見合っ…

  • 再就職で職場を一新するということは、自身に見合った自分にあった職場に就職したいものです。自分の天職に出会う可能性もあります。しかし、デメリットもあって、即戦力となりうるスキルがないと、転職自体が難しいです。逆をいうと、自身が価値ある人材になれれば、「天職」に巡り会えるチャンスがある、ということです。今の社会は、「職業選択の自由」が社会的に認知されているので、職場や業種を変えたとしても偏見を持たれてしまうおそれもありません。今のような事態のもとでは、今現在では「即戦力になる人材が欲しい」と願う企業もますます増えているので、今の良い時期を活かしましょう。

  • 退職|転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。

  • 転職時の面接の際に面接官から「転職理由は?」という風に、ほぼ訊かれます。このときに、どういった事情があろうとも、前の職場の人間関係や働く環境についての愚痴やトラブルを絡めた内容などは、できる限り控えましょう。もしも、そのような不満を口にすると、あなたのイメージが悪くなり、チャンスを無駄にしてしまいかねません。ですから面接時は、「前向き」な内容に徹底することがかなり大切です。、本当の理由でなくとも、「新しい職場では自身の能力を十分に発揮し、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、といったようなアピールの仕方が理想です。

  • 退職|再就職では、かなり重要視されるのが「面接」になります。

  • 再就職をする場合、とても重視されるのがまぎれもなく「面接」である。一般的な面接の際は、面接官が応募者に対して転職をする理由や退職理由などいろいろと聞かれることになりますが、そして必ず、面接官の質問攻めが終わったら今度は、転職希望者から面接担当の人に聞いておきたかったことなどを質問できます。面接担当の方から「弊社について何か質問しておきたいことはありませんか?」と言ってくれるわけです。こんなときは、面接者本人が答えを用意しておらず、慌ててしまう可能性もあると思います。後で後悔しないためにも、面接の前に面接担当者からの問いに対する、答えを整理しておきましょう。冷静になればいくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。

  • 退職|クールビズの服装で転職の面接に行くときには、やっぱりジャケットま…

  • クールビズで再就職の面接会場に行こうとする際には、ジャケットに関しては着なくても良いとはっきりと言えるのですが、ネクタイは着用していったほうが印象的には良いです。タイの着用はなくても良いと認めている企業も存在することはあると思います。ですが、ことネクタイは例えクールビズであっても必ず着用するべきだと考えるところがまあまあ存在するわけです。そんな訳で、クールビズが良いと言われていたとしてもネクタイだけは着用いく方が安心であるということをわかっておいてください。

  • 生涯初の失業保険をもらう場合、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている・・

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、何もしなくても受け取れると考えている人が非常に多いですが、それは間違いです。本当は、失業保険の給付を希望通りにもらい続けるためには、仕事探しを続けていることが必要で、加えて、月に一度はハローワークに行かなければいけません。一か月おきに職員に就職活動の状況をきちんと説明して真摯に仕事を探していることを信じてもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。その反対に、真面目に就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、毎月のスタッフとの面談に不参加な場合は、強制的に給付の一時停止に至ったり、場合によってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないために注意してください。

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、あっという間…

  • 少し前に転職したばかりだというのに、何ヶ月もたっていないのに退職を決意してしまう人が結構多かったりします。何故そうかと考えてみると私の考えをいうとリフレッシュな気持ちで会社で勤務を始めてみたものの、「考えていたものとだいぶギャップがあって幻滅した」「職場の雰囲気に馴染めない」という理由で去っていくみたいです。可能ならこのような、転職における失敗を未然に防ぐためには、第一に、情報収集を徹底する、に尽きます。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場内のルール、給与システム、など多角的にチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

  • 仮に転職を考えたとしても、全てがうまくゆくとは限りません・・

  • 再就職を目指そうとしても、あらゆることが都合よく運ぶという保証はどこにもありません。可能であれば、支障がないならあなた自身が若いうちに変えてしまった方が良いです。平均的に見た場合、20代のうちは良い希望を見出しやすいですが、30代後半~40代となったあとでの転職自体がとても厳しいといえます。もしもあなたが、役職をすでに担当しているのなら、転職を意識していても今の仕事を続けるということを選択肢の一つには入れておくべきです。ようするに、退職後に転職活動を開始するよりも、今の会社での業務をこなしつつ、慎重に行動したほうが失敗しなくて済みます。

  • 就労期間中なら、状況が許す限り、周囲に悟られないよう、…

  • 就労であるのなら、できるだけ周りの人に悟られないよう、(私の場合)前職中に転業の意図のみを活動初期に周りの人間に言ってみたことがありました。けれども、それから、転職サイトを色々と見たものの、結局転職先や転職するタイミングも無鉄砲に決まらないまま、いつの間にか時間を空費する結果に。その一方で、会社の側は、仕事の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経験したあとで、次の就職先を見付ける活動をはじめました。

  • 退職|転職先で会社見学などがあれば、たいへん参考になります。

  • 転職候補先での見学に参加するとすごく勉強になります。そういった会社のなかでも、「職人」がいる会社見学は、スキルを間近で見られるので気持ちが高ぶります。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ例外なく、本来の仕事風景を見せてくれることは少ないです。典型的な例を挙げると、ブルーワーカーなどの職種です。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので実際に入社しないと、本来の姿がわかりません。そのため、仕事は見学で見たものだけだと決めつけないことが賢明です。加えて、見学時に仕事を体験させる会社は危険ですし、気をつけましょう。入社していない段階では万が一何かあっても、保証もないので、担当者から勧められてもやんわりと断るようにしましょう。

  • 転職活動を行っていて面接において間違いなく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしている際に、面接時に「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。これらのうち志望動機に限っては、正直に話してもOKですが、転職理由についてそのまま伝えるのはよくありません。転職理由でよくある報酬に関する不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、そのような話をしたとしても、あなたの印象は良いものにはならないでしょう。とはいっても、自分にとってマイナスになると予想されることを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持つことが多いので、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の業務内容以外を一切話さないことです。さらに、この会社に入ってこんなことを実現したい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように志望動機に話をすり替えるのが正解です。

  • 一般的観点からすると大業は「定期採用」がメインです。ですから…

  • 一般的に見て一流企業は「定期採用」がメインなので、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。そして、都会以外だと転職の確率はさらに小さくなります。でも、「製造業」に関連する企業であれば、地方の工業団地などを工場を持っていることもよくあります。さらに、そのような工場なら、事業を拡大する際に「途中採用」をしているので、この機会に転職するのも悪くないでしょう。そのためには、地方の工場での転職を希望される場合は、転職を希望する会社についての予備知識をまえもって収集しておきましょう。その企業のホームページを覗いて、求人予定の予定はあるか、マメに確認しておきましょう。