就職活動において、年収はかなり大事な要素です。

退職|転職活動で話題にあがるのが「年収」です。

就職活動において、年収は大変重要なポイントです。面接において、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。本当の年収より多く言って、多額の年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜなら、源泉徴収票が必要となるため、一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的には虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の年収をハッキリと伝え、それに見合った希望年収を設定することです。今の年収が400万円の方が、転職後すぐに500万円となる見込みはほぼあり得ません。仮に、年収が400万なのであれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが良いでしょう。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなるかもしれません。

勤め口を探していたころいくつかの人材紹介会社に登録していました。

自らが転職を考えていた時期にかなりたくさんの人材紹介会社に登録していたのですが、転職アドバイザーのレベルも色々あってほとんどの場合、満足できない感じる人ばかり。私にとっては人生の大事な事なことだからもっと気持ちを込めて臨んでほしいという欲がこみあげていてそんなことがあり自分自身がキャリアカウンセラーを目指すことになりました。資格取得のためにはお金もかかったし資格取得のための勉強においても大変ではありますが、求職中の方から頼みとされるキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。

職を変えようとしようとしている時に注意を向ける求人というのは…

転職を考えている時に注意を向ける求人情報は、目安として書いてある可能性も少なくはありません。そのため、情報として記載されていることを100%正確なことだとは思わない方が賢明です。中でも特に給与の金額などに関しては、平均の金額なのか?最低額なのか?最高の給料であるのか?といった見解ができない場合が多く、勝手な判断で考えてしまうと、悔しい思いをするかもしれないのです。ですので、そうならないためにも、募集内容に関しては、目安だと思って、そういったたいへん大切な事は会社の方に直に確かめるのが好ましいでしょう。

これから転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのな・・

今年中に転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、ぜひ失業手当をもらうことをおススメします。あなたが勤めている会社側がしっかり雇用保険を払っているところであれば、必ず誰でも失業手当を手にできます。また、受け取り手続きについては「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、3か月の待機期間があるのですが、勤めている企業の都合の退職だったり、残業時間次第でただちにもらえる場合があります。このときの、失業手当の金額は会社で最後に働いた月の近々の給料を基に失業手当の金額を計算されるため、会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、なるべく繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

退職|派遣社員として働く人が近時多くなっていますが、この先、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がどのくらいで、…

派遣会社を通して仕事をする人が近時は多くなってきています。派遣先が派遣会社に支払う時間当たりの報酬がいくらで、どのくらいの額(あるいは比率)、自分に入るのかを可能であれば面接のときに確認しておいた方が無難でしょう。派遣業は、人手を欲する会社に人材を派遣し、その見返りに、手数料を徴収していくシステムになっていますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が少なくありません。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらされない派遣会社も多く、悪質な業者の場合、3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにするケースもかなりあります。面接のときにきちんと返答しない会社は、不都合な点を隠す傾向が強いので、できるならそこでの登録を止めておくのが賢明です。

もしも転職を考えているなら、資格を取得することで有利になります。

もしも転職される場合は、先に資格を取得しておくことをお勧めします。とくに、職場に籍をおいているあいだに、資格を取ると転職活動時でそれを生かせることができるので、仕事を探しやすくなります。ですので、資格取得するなら、在職中であり、かつ転職活動前の段階がもっともよい時期といえます。もしもあなたが未来を考え、就きたいと考えている仕事に役立つ資格を取ると、会社を辞めた後も悔やむことなく次に進めます。さらに、資格取得後は転職先の面接の場では担当者に「即戦力」な人材として認められ、以前の職場より待遇も良くなる可能性があります。

これから、私たちの労働環境において徐々に簡単な作…

将来、私たちの社会的環境において確実に短絡的な作業は機械に入れ替わり結果として、そういう仕事をする労働力は少なからず削減させられてしまいます。なぜかというと、思考を必要としない作業という観点では人間より機械のほうが数段に作業量をこなせるからです。例えば、数をカウントしたり、同一の手順を繰り返すことは機械なら何の苦もないのです。当たり前のことながら人と違って愚痴も言わず、疲れることがありません。また、ずるもしない、早いし均一化できる強みもあります。付け加えて、給与が発生しません。ですので、労働力として人を使う理由がまったく無さすぎるため、機械に置き代わるのも当然といえます。

最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでな・・

今日、ウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの会社もたくさんあります。あなたに特許を出した経験があるなら、そういった会社からのコンタクト率が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人以外にも、研究開発で論文を発表した経験がある人や、新聞で紹介された人など、「業績」を残した人に狙いをつけ、電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。万が一、あなたがいかにもヘッドハンティングのような話をされた際には、心当たりを考えてみてください。あまりないことですが、ヘッドハンディングを装って、登録料を要求してくる業者もありますが、そういったものは明らかにイカサマなので、騙されないようにしましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書を準備することが必須になってきます。

転職活動においては、履歴書と職務経歴書が必要になってきます。企業のほぼすべては履歴書と職務経歴書に記載されていることを見た上で面接するかどうかを決めるため、これらの書類が大事なアイテムです。単に必要事項を埋めることにとどまらず記載内容を充実させることも大切です。「職務経歴書」では、今まで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を記入しましょう。さらに、現在の会社で挙げた実績を、売上〇%UPした等、かなり具体的に書いていきます。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、よりよい内容にしてみましょう。自分のブランディングのために転職エージェントを活用してみるのも転職を成就するための有効な方法です。

どうもPCを見ればネットで見られる世界では今では「転職のためのサイト」と呼ばれるもの・・

近頃スマートフォンは便利でインターネット上では、今では「転職サイト」に類するものが多くて困るくらいいっぱいあったりします。サイトから自身が求めている転職先を見付けるために、まずは情報が大事ですから収集です。こういう「転職サイト」をきっちり使うことで、効率的に転職先探しができます。転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む「転職サイト」もありますが、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。使い慣れないうちは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大切ですから類似サイトと比較しながら厳しく確かめてみましょう。

長年接客関係で仕事をしていたのですが、加齢とともに立ち続けなければいけない仕事…

長年にわたって接客業で仕事をしていたのですが、年齢を重ねるにつれて立ち仕事は体力的につらく、オフィスワークへお仕事を変えることを頭に入れて行動を起こしました。事務が未経験となると少々厳しくて、だから接客業の経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと思い資格を取得して個人の病院に転職しました。周囲はベテランの先輩パートさんばかりで人間関係に関しても難しい。いつも夜の勤務を押し付けられて、接客業で働いていた頃よりも家に遅く帰らなければいけなくなりましたが、今はキャリアの形成時期だと諦め頑張ります。

これはシフトの業務についてです。

「シフト制」の仕事に関する話です。毎週、同じ曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や休み方について、事前にたずねておいた方が良いです。それはどうしてかというと、私は以前産休で休む人の代わりに正社員として就職したのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。産休に入った女性が土曜、日曜は必ず出勤していたので、私も出勤できる人と思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフト変更の必要があり同じ部署の先輩たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と自らお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。振り返ると「本当によく耐えたな」と。

退職|時間に融通が効くはずの派遣社員になっても1年ごとに好きなタイミングで退職できるわけではないと…

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を過ぎたら自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはないと実際に転職したことで思い知らされました。新婚し、生活が落ちついたあとすぐにでも子育てに取り組みたかったので、子供ができるまでと思いおよそ1年半~2年くらい仕事をしたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員だったので、正規よりも収入は少なめでしたが、それでも時間的な融通を得たかったので、あえて選択しました。が、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちのほとんどのスタッフが10年~15年くらい勤務しているというのです。派遣を選択しても、すぐに辞められる雰囲気ではないと気付かされ、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

退職|もしあなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお・・

もしあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に、都会から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、と考える人も多いです。昔と違って転職サイトを活用すれば、郊外や地方での求人情報にもいつでも簡単にアクセスできます。けれども、地方や郊外での求人の場合、都市部ような選択肢がないのが一般的です。したがって転職サイトを利用するのは当然ですが、求人サイトと併せて、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもマメにチェックしておくと良いでしょう。そうした機関の転職サポートの有無も注視しておきましょう。

退職|転職というものをする場合、転職したあとの自分の年収について気にする…

転職というものをしようと考えたとき、転職したあとの給与ばかりに気を取られる人がとても多くの方のようです。大多数は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料として稼ぐべく精を出すのはずです。したがって年収というのは自分自身がどれほど評価してもらえているか、という面もあるから当然大切なのは否定できません。とはいえ、ひどくもらっている年収額ばかりをとらわれすぎてしまう生き方というのも寂しい気がしませんか?年収がさほど期待できない仕事であったとしても精神的な充実を得られることが普通に転がっているからです。

『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで・・

『転職したい!』と考えていて、自身の意志が固いならば辞職したいという旨を速やかに上司に伝えましょう。ですが、相談という形で話せば言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。また、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、ズルズルと長引き結局、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞職することをはじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、数ヶ月延びて退職を受け入れられたのは同年11月です。本当ならは年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、うまくいきませんでした。職場サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かずに、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでかなり会社や上司に対してガッカリしました。