退職|転職の時の面接で着用するビジネススーツの色は、新卒の就・・

転職時の面接でいるスーツの色合いは、新卒の人たちが就職活動の・・

  • 転職の面接で着用するスーツの色合いについては、新卒の就活の際にに身に付けている色合いが一般的となっています。ですから、黒系や紺系といったダークな色、ということになります。転職の場面であっても、着ていくスーツのカラーに関してはこういったダーク色が多数で、そうでないカラーを着ている転職者はほぼ見かけることはありません。他のカラーで言えば、グレー系を着ている人がいるくらいで、ほぼ黒や紺が多数派なので、人事側からしても黒とか紺のスーツを着ている人が普通に見えます。ですから、第一印象という面ではそういった色を着用する方が良いわけです。

    今までの私は、「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」を活用していました。

  • 以前は、求人情報は「転職サイト」を使うより、主に「ハローワーク」が中心でした。どうしてかというと、ほとんどの転職サイトは構造上、都心の企業の求人がほとんどだからです。なので、求人を探す時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やはり、人気の転職サイトに掲載されている求人より企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、地域に根ざした企業もあり、ピンポイントで見えるのはありがたいです。ですが、「どんな求人があるかわからない」と感じている方もいるかと思いますが、思いのほか、良い求人もそこそこ掲載されているので近いうちに転職予定の方は、参考までにハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。人気の転職サイトみたいに多くの電話やメールが送られてくる心配もありません。

    転職サイトあるいは転職エージェントを通じて、転職活動する人は年々増えています。

  • 転職サイトや転職エージェントといったサービスを使用して、転職活動を行う人はますます増えています。としても、転職の幅を広げたいのであれば、同時に転職フェアの利用が有益です。転職フェアの特徴は、複数の企業が同時に集まることから、参加することで複数の企業についての情報を得ることができ、それに加え、その場にいるスタッフ(説明員)から、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。転職フェアに参加される場合は、面接に臨むつもりで自分をアピールする準備をしておきましょう。それが奏功してフェアを通して企業側から魅力的な人材、と思われれば、後で採用面接時に非常に有利となるからです。

    転職活動には、相応の準備はやらなくてはいけません。

  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、準備は不可欠です。その中でも目に見えるファッションは大事に感じてしまいます。しかし、近年の企業面接については私服で良い会社もあるため、きっちりスーツを着て出向かなくても良いでしょう。会社の設立してすぐの歴史のない会社ほど、フレクシブルな考えをしていることが多く、私服で面接をしたほうが、相手からの印象が良くなります。さらに、正装でないので、フランクに話をしやすくなります。さらに私服だと、面接の際に、洋服について、盛り上がる可能性もあります。ですから、もしかしたら担当者へのアピールにもなります。というわけで、転職活動は企業の「設立した年」で選択し、(ベンチャー系などの)面接の際は正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

    退職|女性の転職は、今日と数年前では少なからず、違ってきている点があります。

  • 女性が転職するに当たり、数年前と現在とでは少し違いがあります。前までは面接の際に会社側から、「結婚の予定」や「出産後の仕事」などについて、質問されることが珍しくありませんでした。ところが、最近では、こういった内容は、セクハラに該当するかもしれないので質問をしない企業が一般化しつつあります。特に大きな会社の場合は、この手の質問には神経を尖らせているようです。そうではあるものの、面接する側ははい・いいえ、といった形ではなく、その女性の生き方、結婚した後は退職するのか、出産後は時短で働きたいなどを当然、知っておきたいと思っています。自らの人生設計をわかってもらうためにも、自己PRや志望の動機の中に織り交ぜながら話すことで、相手側にもしっかり伝わり、また、疑問も解消できると思うのです。そういうわけで、聞かれていない内容でも、あなたの側から配慮し、答えておくのが良いです。

    退職|転職の意思があるのなら、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 仕事を始めてすぐは「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。ことさら、転職した初年度は、おおむね試用期間を入っている企業が多くあります。自らのケースでは、なんとか転職して予想に反して前いた会社での年収とほぼイコールでした。そして、仕事内容は多様で忙しく、とても責任を伴い初年度を乗り切るのにひどく厳しかったです。そういった経験から、初年度は、仕事を覚える期間として捉え、極力転職以前からお金をためておくべき、と思います。

    看護師のそれ以外の仕事に転職を決断する原因は、人それぞれ。色々な事情があるはずです。

  • 看護師のほかの職に転職に至る理由は、その人によって違うはずです。考えてみると看護師を辞めての転職するには「職場の中に関わりたくない人がいる」「結婚することで一人とは変わって出産それと子育てそのうえに家族の介護など、種々の仕事環境の変化など、これまでのような仕事が難しい」「現在の収入に大きな不満を感じている」といったような悩みがあり決して他人ごとではないはずです。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職前に、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、落ちついて冷静に、現状を見つめ直すことも大切なことです。「本当に転職する意味があるのか?」と再考したのち、決断しておくと間違いありません。

    退職|20代のうちに転職を2回経験し、現在、資格を取得したいの・・

  • 私は20代で転職を2回経験し、そして今、資格取得のため、「派遣社員」として働いています。フルタイム勤務とは異なるため、やはり毎月の収入が以前よりも少なくなりました。しかし、前よりも心と時間に余裕ができました。学生時代にいくつか取った資格を生かして仕事を続けるという方は本当に稀です。また、資格を活かしている人を見ると無性に羨ましく感じてしまいます。前の私は、成功している人と自分とのギャップに悩んでしまう日もありました。現在では結婚し、随分と生活環境が大きく変わり、以前よりも将来の目標も決まり、自分の人生に満足できるようになりました。

    派遣で就業しています。労働契約法のからみで残念ですが…

  • 派遣として勤務しています。労働契約法のせいで残念なことに長い期間働いた企業での就業を終了しなければなりません。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣先の会社で直接雇用のポジションをつかみ取った方もいるのですが採用された理由としては正直仕事ぶりというよりは派遣先の上司の扱い方が得意な方でそのおかげで採用されたとしか考えられません。仕事を遂行するスキルよりも上司のおじさんを転がす能力の方が重要なのかなーと抜擢されなかった派遣仲間の同僚と職場で文句を言う日々です。

    転職をするために現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要があります…

  • 転職を目前にしているなら、今勤務している会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、もし自分のほうから退職届を出して退職する、いわゆる依頼退職においては即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3か月経ってやっと給付があるのです。よく勘違いして退社の1日後から3か月経てばもらえると思い込んでいる人がいますが、この規則をわかっていない人が、ハローワーク側に落ち度があると言い張ってその結果ハローワークの担当スタッフと口論になっているのを見たことがあります。ですが、リストラなど会社都合で解雇された場合は、失業認定されて直ちに失業保険がもらうことが可能です。

    退職|今まで経験したことのない業種とかに転身したいと考えているときには、…

  • 経験のない業界などに転身を行う際は、以前の職場で、自分が養われた能力や今までの経験を発揮することができるという自己主張が必要です。その業種の未経験者は経験していない分だけそのジャンルの経験者よりも不足することはありますが、自分が保持している力がそのジャンルでも生きるということをうまく相手に話すことができれば、戦える場合も十分に考えられるのです。それゆえに、経験のない業種にチャレンジするときには、その分野と前の職場でやっていた仕事とのかかわりを必ず探し出してみましょう。

    再就職における面接などに関して面接担当者に名刺を手渡されとしたら、…

  • 再就職の時の面接などの際に名刺を差し出してきたら、あなたも同じように相手の方に名刺を渡す必要があるのか?と対応の仕方に悩んだときは、大方は渡さないもの、と理解しておくと良いですね。面接というものは仕事の延長上のことではなくて、職を得るための採用活動の一部です。ですから大体は名刺を交換する時とは違います。それに、あなたは会社の人としてではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。そのため、相手から名刺を差し出されても、こちらの方は名刺を受け取るだけで大丈夫で、相手側にあげる責任はないと推測できるのです。

    退職|求人広告には、ほとんどの場合、普通の会社では月収が記載されているはずです。

  • 求人関連の情報を見てみると、普通の企業では月収が記載されているはずです。だけれどもこの月収の項目を調べれる時には、しっかり確認する事が必要です。数字だけ見て判断しないほうが良いです。会社によっては、月収の額のなかに「毎月30時間の残業」が含まれているおそれもあります。要するに残業代を含めて金額を多く見せ、応募者を増やそうとすることも珍しくありません。また「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている会社もあります。こうして「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には興味を持たないほうが賢明です。

    転職活動を始めるとき、最初に、ネット上で転職関係のサイトを見たりして…

  • 転職をする際は、最初に、求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たりして興味のある会社をチェックするでしょう。しかしながら、その会社が情報を公開するにあたっては、コンサルタントから指導を受けている可能性が高いです。コンサルタントは、会社にとって都合の悪い情報を隠す能力に長けています。仮に公開するとしても差しさわりのない表現をします。その種の会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、そのままを信じるよりも、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、こんなはずではなかったとあとでガッカリすることになりかねません。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後、あれこれと難癖をつけて会社を辞めれないように画策します。この手のブラック企業には気を付けましょう。

    一昔前の求人誌では、「性別」が書かれていました。

  • 以前の求人誌に雇用主が必要とする「性別」について、記載されているのがほとんどでした。ところが現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、採用時、男女の差別をしてはならないルールが決まり、応募条件内に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そういった時代になったのですが、募集を出す側としては、男性・女性どちらでも平等に雇用するとは限りません。実際問題、実は男性が欲しい業種に女性が応募したり、逆に女性希望なのに、男性が来てしまい、といったトラブルも無関係ではありません。仮に、「女性が活躍する職場です」という内容の求人募集は、雇用側が「女性」を必要としている、と捉えておいたほうが良いといえます。

    先日新しい仕事を見つけるために人材会社へ登録に向かいました。

  • 数日前転職のために人材バンクに登録に出向きました。そこで登録するときのカウンセリングの際に現れた担当の人の雰囲気が見たところ仕事に慣れていない社員のようで、こちら側が説明している話の50%も彼は理解できてない感じでした。それにもかかわらず「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「もっと強みと弱みを知っておくことが必要でしょう」等、わかったふうに偉そうにのたまうのでとても不快でした。カウンセラーはそれなりには能力のある人にするべきだと思います。