転職をする時に用意しないといけない履歴書などにおいては、…

転職の時に必ず用意する履歴書に関してですが、たいてい、…

  • 転職をする場合絶対に用意する履歴書や職務経歴書などについてですが、大体、自筆ではなく、パソコンを用いて作るのが当たり前となっています。現代の日本においては履歴書はパソコンではなく自筆で作るというのが常識と思われることもよくありますが、それは新卒時の人たちの就職活動やアルバイトやパートの時に用意する履歴書であって、実際には、転職の時は100%手書きでないといけないとはっきり言うことはできないのです。自筆を高く評価する会社もありますけど、そうではない時がどんどん多くなってきているので、パソコンで書かれた履歴書でも良い企業は意外にも大量にあるのです。

    退職|転職期間では、趣味に時間を費やすことに加え、体力を損なわない生活が…

  • 転職期間中には、自分の好きなことに時間を使ったり、体力の向上を意識しておくとベストです。いざ仕事を始めた時に、趣味に興じていたおかげでいつの間にか集中力が高まっているのです。また体力アップしているために、他の社員さんたちと比較すると疲れない体になっているということを自ずと認識することができます。というわけで、退職後は興味のあるなこと趣味に時間を充てることと、体力を落とさないようにしておいて損はありません。もしも、その職場のなかであなたと同様の趣味を持つ人と知り合えたなら、話題に花が咲くので、好きなことをとことんまで極めることも転職期間中の時間の有効活用となります。

    今日では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、…

  • 近時は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件に関する取り締まりが厳しくなったり、悪質な会社が公開されたりするなど、厳罰に処する傾向にありますが、まだまだパーフェクトとは言えないのが現状です。それゆえ、面接で見破る必要が生じます。とにかく、求人票などに記載された労働条件をチェックし、ひとつひとつの項目について、細かく質問してみましょう。「ブラック企業」が相手の場合、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。その場での回答を避けるなどはぐらかしをしてくるはずです。とりわけ「給与」「休日」「残業」の箇所については、詳細について尋ねると、渋い顔をすることが多いです。それでも質問を続けると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、そこでようやく相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、「何か引っかかる」と思ったなら、入社は止めるべきです。

    退職|再就職の面接で行くと必ずと言っていいほど問われるの・・

  • 転職時の面接で絶対に問いかけられるのが前職を辞めた理由なわけです。この質問に回答する時には話題を辞職した会社に向けない方が好ましいです。退職理由が中心となり話が進むと言うまでもなく面接において不利なことを取り込んだ内容になってしまいます。どうこの点に関して面接を進めていけば良いかと言うと、どうして前の会社を辞めたのかという事をこちらの会社に必ず入りたい理由があったからといった話にしたら良いということで、今面接に来ている会社に焦点を向けていくと良いでしょう。自分が行きたい会社の話になるのでマイナス面を消し好印象の前職を辞めた訳にすることができます。

    就職するため仕事探しをするときに注意すべき求人の募集内容は…

  • 転職活動時に注意して欲しい募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高めで、拘束される時間が長いものです。このような募集の場合、給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合がとても多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので30時間・45時間といった形で(時間は例えです)求人の内容に時間が併記してあります。毎月これくらいの残業が発生するため、事前に給料形態に残業代を入れておくというものになります。(違法ではありません)例えば求人に『みなし残業代20時間込』と表記されていれば、「書かれた時間分の残業代を含めると、これだけの給料になります」ということになるわけです。しかし、悪質な求人には告知しておくべき『みなし』を意図的に表記してない可能性もあるので充分に注意を払っておきましょう。

    派遣の会社に登録をしています。

  • 今、私は派遣会社を通じて働いています。ウェブサイトでなにげなく自分に向いていそうな仕事を見つけ出し応募しようとしたところ「その仕事はもう他の人で話が進んでいます」と言われて一瞬ウェブサイトから仕事情報が閲覧不能になるのですが、どういうわけか翌日になると情報が閲覧可能になっています。ということは結局私だとよくないのだという意味ですよね。そうであるならば初めから変に隠さないくらいで正直に教えてほしいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。そうでなければもしかして偽りの仕事なのでしょうか?

    退職|失業することによって得られる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが・・

  • 失業した際に給付される失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、給付期間が決まっています。失業時までに働いていた期間に応じて異なり、3か月とか1年とかが決まるのだが、驚くことに知らないで失業を続ける限り給付されると思い込んで「失業保険をもらえるギリギリまで遊んでいよう」という人がいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから焦って就職先を探してもよい会社を探すのは難しいです。転職を希望している会社の面接官もバカではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった部分はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。状況次第では、面接の時に失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。

    転職活動と現職の同時進行を行う人は少なくありません。

  • 転職活動を今の仕事と同時に行っている人が多いです。ただ、忙しく仕事を続けながら求人情報を調べて応募したり、面接に臨むのは精神的にも肉体的にも大変だといえます。転職活動をしているあいだ、現在の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。先のことを考えずに応募する、という人がいますが、もしも、そのまま書類選考が通り、面接が決定した後で辞退すれば面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを通して応募している場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、そうではなく自身で直接、応募した場合も相手企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにせよ自分の貴重な時間を浪費することになりかねないので、行く気のない応募は辞めておきましょう。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と理解しておくべきです。

    退職|再就職の際の面接は、小企業クラスの場合大体が「人事」が面接官ですが・・

  • 再就職のための採用面接では、零細企業であればおおよそは、その社内の「人事」担当が面接官ですが、別のケースもあります。具体的には、今後仕事をすることになる管理職、言い換えれば中間管理職である部長や課長が面接をしてくれることもあります。特に、事務系や営業系といった部署に転職するのなら、資格などで人の評価が難しいですから、堂々と自分という人物を売り込んでいくことで好印象を与えられます。面接担当者たちから「この男はハッキリ主張できるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、自分という人間を印象付けることがとても大事になります。

    退職|励んでいる転職する活動をしているときに、「今までず…

  • 転職する活動の際に「私は今までずっとこういった職場の仕事を長く続けてきました」「今までにこういったスキルを手に入れました」と成功体験などをよく伝わるようにアピールする人はときどき見かけます。しかし、転職希望する新しい会社で「させてもらえるのならばこういうような仕事をしたい」「これこれのことであればぜひ貢献できるはず」と将来的なビジョンで自分自身をアピールを狙ったほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

    その昔は看護婦と呼んでいた看護師というのは職業として…

  • 以前は看護婦と呼ばれていた看護師は職業として歴史的背景から女性のたいへん多い職場です。加えて、気力だけでなく体力ともに消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。それ故に、職場での対人関係が上手くいかなかったり、自分の結婚や出産によってそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立が取りづらい職業ともいえます。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職する人が多いのが現状です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に陥っています。常に各病院は、看護師を必要とする「売り手市場」となっていて、それが転職希望が後を絶たないスパイラルになっています。

    転職活動は、希望する企業相手というよりも正確には「担当面接官」との…

  • 転職は、最初の第一歩は希望している企業そのものより、ある意味、「担当面接官」とのやり取りが重要といえます。希望する企業に採用されるために、第一歩として面接が始まるときに平常心で対応することを心がけましょう。たとえばお見合いするかのような姿勢でいる望むと良いと思います。更に大事なことは面接内ではもっとも最初にあなたの内面的な素質をチェックしてもらうので悪い評価になるような身なりは注意しゼッタイにやめましょう。社会人らしい綺麗に整った服装を意識してください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって採用したい人材と思ってもらえれば、かならず自ずと良い結果を出せるはずです。

    近年では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得、また・・

  • 今のご時世では、株・不動産投資などの不労所得のほか、個人経営 ・起業といった生き方も増えています。あながち「起業することは不安定だしキケン」といった従来の考えも変わってきています。高度経済成長を遂げている際には、先行きがみえない自営業や株式よりも雇用されて働くほうが賢明でした。そのため人生の正しい進路として、世の中に認知されていました。しかし、そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、時代は変わって「成熟期」という風にもいわれます。近い将来では、機械化、自動化が進んで仕事においても人が不要な時代になる、といいます。

    退職|派遣会社での仕事が決まりました。

  • 派遣として働く会社が決定しました。お仕事開始の初日に派遣会社で営業を担当している人と派遣先の近くにあるコンビニエンスストアで待ち合わせたら、彼がなぜか約束した店の前にいないので中にいるのかもしれないと思って店の中に入ってみたら、担当者は雑誌コーナー前の通路にしゃがみ込んで成人雑誌のグラビアページを開けてじっと見ているのを発見!こんな担当の方の仕事なんて勘弁と考えて、挨拶することもなくこっそりとコンビニから出て即座に派遣会社に辞退をする旨の連絡をしました。

    再就職する時に行われる面接を受けるときにする腕時計について申し上げますが…

  • 転職をする際の面接で使う腕時計においては、明らかに目を惹く時計は避けたほうが安心です。この場合の目立つというのは見るからに高価なものだったり、といったことだけではないのです。それとは反対に安物の腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういう意味であって両極端な意味で目立つ、と考えておきましょう。面接のときの腕時計というのはネクタイやスーツと同様にとらえ適切なものを選択した方が確実だと言えます。ただ、年齢にあった腕時計というのも大切で、新卒の時に面接で買ったものよりはほんのちょっとでも高級感のあるものにした方が間違いないと言えます。

    転職することをスムーズなものにするには、最初から情報収集をしておきましょう。

  • 後悔しない転職を目指すのなら、前もって徹底した情報収集が不可欠です。そうしようと思うのなら近頃は取るに足らない小さな企業でも公式サイトで企業のことをわかるというのがほとんどですので、ネットの機能を使って自分の知りたい情報をチェックしておくとまたその企業の疑問点等をチェックしておくと転職時に助かります。加えて公式サイト以外にも「転職サイト」の情報に目を通しておくとお勧めです。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何よりも転職の候補にしている企業を自身の目で判断するのも大事です。