働くのに派遣会社に登録する人が規制緩和以来、増えています。

退職|働くのに派遣会社に登録する人が過去の規制緩和以降、増える傾向にあります。

  • 派遣会社に登録して働く人が規制緩和以来、多くなっていますが、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらでそのうちどれだけが自分に入るのかを面接のときに質問しましょう。派遣業は、人材を必要としている会社に人を派遣してその見返りに、手数料を天引きする仕組みになっています。実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合がほとんどです。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、開示をしない派遣業者が多く、悪い業者では、2割だけしか労働者に還元しないケースもあるのです。面接の際にきちんと答えない会社は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、できる限り別の派遣会社を利用されることを推奨します。
  • もしあなたが転職を考えているなら、「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。

  • もしあなたが転職を考えているなら、転職前に資格を取るとステップアップします。とくに、在職中に資格取得をしておくと、転職の際でそれを生かせることができるので、転職の幅がグッと拡がります。そういうわけで、資格取得は、在職中であり、かつ転職活動前の段階がもっとも良いタイミングといえます。あなたが将来を考え、実際に役に立つ資格を取得しておくと、会社を辞めた後も心残りもなく、前に進んでいけます。しかも、資格を取ることができれば、面接時に即戦力になる人材だと認められ、今までより待遇も良くなる可能性があります。
  • これからの社会では着実に短絡的な労働は機械に切り替えられて…

  • 私たちの社会的環境において、この先ぐっと短絡的な作業は機械で対処されるようになりその切り替えによってそういう仕事をする人員はどうしても縮小させられてしまいます。なぜなら思考を必要としない労働という観点では人間よりも機械でやったほうが数段に分があるからです。数量を計測したり、同一の動作を延々と繰り返すことは、機械にはへっちゃらです。当たり前のことながら人と違って文句は言わないし、疲れることがありません。また、ズルもしないし、何より正確ですし、それを均一化できます。加えて、報酬も発生しません。ですから、労働力として生身の人間を使う意味がまったくなさすぎます。ですから機械化されるのは自然といえます。
  • 最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく…

  • 今日はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの会社もたくさんあります。あなたに特許出願の経歴があるなら、電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人に限らず、研究開発で論文を提出したことのある人や、マスコミで紹介された人など、何らかの業績を残したと思われる人に狙いを定めて、電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティングのための理由にしています。万が一、あなたがヘッドハンティングと思しきことを言われたなら、心当たりを考えてみてください。めったにないことですが、ヘッドハンティングと称して、登録料を取ろうとする会社があるのですが、そういったものは確実に嘘なので、きっぱりと断るようにしましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が負担するものではありません。
  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が必要不可欠です。

  • 転職活動の際には履歴書と職務経歴書が必須といえます。大部分の企業は履歴書と職務経歴書に記載されている内容で面接するかどうかを決めるため、この2枚の書類が大事なアイテムです。単に穴を埋めることにとどまらず、内容が充実していることも大切です。「職務経歴書」は、これまで行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり記載しましょう。さらに、現在の仕事で挙げた実績を、例をあげれば売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などわかりやすく書くのが得策です。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、よりよい内容にしてみましょう。自己ブランディングのために転職エージェントを頼ることよい転職をするための一つの手です。
  • この頃はパソコンで調べればネットで見られる世界では「転職に関するサイト」と呼ばれるもの・・

  • いわゆるPCやスマホを使えばわかるけどネットの世界では、「転職のためのサイト」と呼ばれるものが多数存在しています。その相当な数のサイトから自身の目的にあった転職先と思えるのを見つけたいなら、なんといっても情報を集めることが欠かせません。こういう「転職サイト」を上手く利用することで満足度の高い転職が実現します。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。利用して間もない頃は、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、しっかりチェックしてみましょう。
  • 退職|長年接客関係で務めていたのですが、年齢を重ねるにつれ…

  • 長いこと接客業で勤務していたのですが、年齢を重ねると共に立ち続けるお仕事は体力的にハードなため、座って仕事を続けられる事務系のお仕事へ転職することを第一目標として行動にうつりました。事務の経験がない場合けっこう難しく、接客の要素もある受付兼医療事務になろうと資格も獲得し個人クリニックに転職することができました。周囲はベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においてもややこしい。夜のシフトばかり押し付けられて、接客業をしていた頃より帰宅時間も遅いのですが、まずキャリアを形成する時期だと受け入れて頑張ります。
  • 退職|これはシフト制のある仕事についてです。

  • これはシフトのある仕事についての話なのですが、毎週、決まった曜日に働ける人を募集している求人をよく見ますが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法や休み方を面接時に確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、以前に私自身が、出産のため休む人の代わりにと正社員として働き始めたのですが、私のシフトがそこでは、「土曜、日曜」固定のシフトで、新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。前任者が土日は休むことなく出勤していたので、私自身もそう思われていたみたいです。実際「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフト変更を出す必要があり、同じ部署の上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私から交渉しないといけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。振り返ると本当によくやってこれたなと思います。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたら…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、契約期間を迎えたら自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはないと転職活動したことで感じました。新婚し、生活に慣れたらなるべく早く子育てに取り組みたかったので、その時が来るまでのあいだ、数年くらい現在の継続で仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正社員よりも年収は少なかったのですが、仕方ないので時間的な融通を優先するために、あえて選択しました。が、いざ入社してみると一緒に働く方たちはみなさん派遣社員として10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。なので派遣であったとしても、すぐに辞められる雰囲気などなく、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。
  • あなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」のよう…

  • もしあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」といった形で、都市部から地方に移り住んだ上で再就職したい、と考える人も多いです。近年は求人情報サイトを見れば、郊外や地方の求人も閲覧できるようになっています。けれども、郊外や地方での求人の場合、大都会ような選択肢がないのが正直なところです。したがって求人情報サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。求人サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもよくチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する就業サポートの関連情報も見ておくと間違いがありません。
  • 転職というものをしようと考えたとき、転職後の自身の給料を過剰に気にする人…

  • 転職というものを考えるとき、転職先での自分の給与ばかりを気にする人は、案外多くの方のようです。とうぜん誰もが仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給料としてもらうべく働いているのでしょう。とうぜん年収の額は自身がどのくらい評価してもらえるか、でもあるので大切と感じるのは否定できません。でも、必要である以上に年収の額ばかりを気にかけすぎる生き方というのもさみしい気がします。よく見れば年収が期待できない業種でったも精神的な充実を得られることが普通に転がっているからです。
  • 『転職したい!』と思っている人のなかで、自身の意志が固いな・・

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人のなかで、自分の意志が固いならば速やかに上司に伝えるべきです。しかし、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、もしかすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、ズルズルと長引き最終的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞めたいということを当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、結果的には数ヶ月延びて退職が受理されたのが同年の11月です。本当は、ちょうど年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、スムーズにはいきませんでした。やっぱり会社サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの希望を聞かずに、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、心底なんだか愛想が尽きました。
  • 会社が原因で回復が難しいほど精神的にかなり厳しくなり…

  • 職場環境のせいで精神的に苦しくなり、会社を変えなければという気持ちになったなら、そのときは、相談するのは会社でなく身内と相談して、会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。なぜならば、働くのは自らのためでもありますがしかし。同時に、身内の問題ともいえるのです。毎月、どれだけ高給を得られたからといって、メンタル面がボロボロになるまで我慢して仕事を続けることは望ましいとは言えません。近年は、仕事のしやすさを優先する生き方も徐々に増えつつあります。あなたの身内や、あなたの心も大切にしましょう。
  • 退職|失業保険を毎月、給付してもらうには、求職活動をしているという証明が必要となります。

  • 失業保険の給付については、求職活動をしていることが必要なのです。とはいえ、現実的には「会社を辞めたことだし、しばらくはのんびりと過ごしたい」と思うのが本音でしょう。なので、真面目に働き先を探しているように見せる方法は、あります。月に一回ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは避けようがありませんが、その場にて、「求人票」をチェックすることを最低限やってください。本腰を入れて探す気持ちがないときは、求人票を熱心に閲覧しているふりをして、ハローワーク職員との面談の際に、「納得できる条件の仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が残念なことに今月はゼロ件でした」と話して、次の機会まで待つという方法もあります。
  • 今の自分のスキルを活かして再就職をしようと考えているのなら、…

  • 自分のスキルや資格を活用しながら再就職をしようと考えているのなら、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルと難しいものとを知っておいてください。転職がしやすい業界としては、人材不足が社会問題にまでなっている医療や介護系のジャンルが代表でしょう。医療・介護は、看護師や介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルが高めの業種ともいえます。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて何かしらの理由によって異業種に転職したいと考えているのなら、少し考えてみたほうが良いです。他の業界ではスタッフの流動性は決して高くはないのです。ですから、簡単に考えないことが重要です。異業種への転職を本気で考えるのであれば、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界みたいな売り手市場とはいかないと、覚悟しておきましょう。
  • 退職|ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査を通過しました。その・・

  • ある古物商の会社で書類選考に合格しました。すぐに面接の日時について先方から連絡をもらい、だが、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、なぜか相手が、面接の用意を一切していないことがわかりました。待っていると、所長らしい男性が面接担当をしてくれましたが、驚くほどだるそうな対応の状態のままやっとのことで面接を終えました。ですが、予定日になっても合否連絡が一切来ず、もどかしくなり、私のほうから問い合わせると、「郵送で今日、送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、結局、届きませんでした。仕方なくふたたび、連絡をしたところ、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用になりました」、と一方的に電話が切られてしまいました。あまりのことにしばらく絶句してしまったのですが、素直に、採用されなくてよかったです。