退職|女性の再就職に関しては、数年前と現在と少なからず、変化が見受けられます。

退職|女性の再就職に関しては、今と数年前では若干の変化があるといいます。

女性の再就職に際して、セクハラが社会的に問題になる前と今日とでは少し違いがあるようです。以前は面接の場で会社側から、結婚観や出産予定に関して、当たり前のように質問されることがほとんどでした。でも、今の社会では、そのようなデリケートな内容は、セクハラに該当するとして質問を避ける会社が増加傾向にあります。そして、名の知れた大きな会社の場合は、タブーとして神経を尖らせているようです。ですが、面接する側としては、はい・いいえ、で返答するのではなく、その人の価値観結婚後も働きたい、出産後は時短で働きたいなどを当然、把握しておきたいとは思うはずです。自らの価値観をわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機の中に織り交ぜながら言い表すことで、面接担当官にも認識してもらえ、また、疑問も解消できると思います。というワケで、たとえ、聞かれてない箇所についても、あなたの側から率先して答えておくとよいでしょう。

新しい仕事に就きたいと考えているのなら、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

転職先にて、すぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。とりわけ入社した年度は、大体「研修期間」が入っている会社が多かったりもします。自身の転職したときは、なんとか転職したのに、予想と異なりそれまでの職場での年間報酬と見たところ同じだったことがあります。そのうえ、業務内容もきつく、重大な責任を伴い、1年目を越すのもひどく厳しかったです。そのような経緯から1年目はいわば勉強の年と割り切って、可能ならば転職する前からお金をためておくことに尽きると思います。

看護師という職の人のほかの仕事に転職を決断する理由…

看護師の違う仕事に転職に至る原因は、その人によって違うはずです。考えてみると看護師の転職には「職場に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚がきっかけで自分勝手にできなくなって出産、子育てそのうえに親の介護など、さまざまな仕事環境の変化など、今までと同じようには仕事が難しくなってしまった」「今の収入に大きな不満がある」といったような理由が考えられます。しかしながら、転職を決断する前に、どうして転職をしたいとと、頭を冷やして静かに現在の状況を客観的に見つめ直すこともしてみてください。「本当に転職する意味があるのか?」と再考してみて、決断しておくと間違いありません。

私はこれまでに20代で転職を2回経験し、現在、資格を取る目的・・

20代のうちに転職を2回ほど経験して、そして今、資格を取る目的で派遣社員として企業に採用されました。フルタイムの勤務とは異なるため、やはり毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。心と時間的な余裕ができました。たまに、学生の頃にいくつか資格を取り、就職に活かせばよかったという後悔もあります。また、しっかりと資格を活かしている人と話すと自分もこうなりたかったと見えたりもします。今まで私は、うまくいってる人と自分とを比較して、肩を落とす日もありました。今は結婚を経験し、私の生活そのものが大きく変化し以前よりもそのなかで将来の進む道も定まったので充実して毎日を過ごせるようになりました。

派遣として働いています。派遣法とか労働契約法の関…

派遣社員として働いています。派遣法と労働契約法により不本意ですが馴染みのある企業での仕事があとわずかで終わります。同じ派遣である人の中には、派遣の勤務先で直接雇用の契約をつかんだ方もいるのですが抜擢された理由としては正直仕事の腕がよいというよりは派遣先上司へのあしらい方がうまい方で引き立てがあった模様。テクニカルスキルより上司のおじさん転がしスキルが大事なんだねーと派遣仲間の同僚と愚痴を言う日々です。

転職を行うにあたり、現在勤務している会社を退社する時に…

転職するにあたって、今勤務している会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、自分の意思で退職届を出して会社を去る、いわゆる「依願退職」の際には即座に失業保険が出るのではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月経たないともらえない。よく間違って退社した日の翌日から3ヶ月でもらえる、と誤解しないようにしましょう。この規則を勘違いしてハローワークのスタッフの方が間違っていると主張してそれが原因となりハローワークの職員さんと口喧嘩をしているのを見たことがあります。因みに労働者側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けたのち即座に失業保険を受けとることができます。

未経験の業界などに職を変えようとするときには、自分が以前の業・・

未経験である業種などに転職したいと思っている場合には、以前の職で、自分が育んできた腕前ややってきたことを生かすことができるという自己アピールが必要になります。経験をしたことのないジャンルの場合、経験していない分だけそのジャンルで今まで働いてきた人たちよりも事実、不利な状態になりますけど、自分の持っているスキルがその場でも生かすことができるということをうまく相手に話すことができれば、勝負になることも十分に考えられるのです。という事で、未経験である業種に挑戦するときには、その業種と自分がこれまでやってきた職務との関係を必ず発見しましょう。

再就職での面接などの時に面接担当者が名刺を手渡してきたら…

再就職の面接などにおいて面接担当者が名刺を手渡してきたら、こちら側も名刺を相手に渡すべきであるのかどうかと対応の仕方に悩んだら、大体は渡す必要のないもの、と覚えておいてください。面接においては仕事の延長上のことではなくて、職を得るための採用活動の一部なので、普通に考えれば名刺をやりとりする時間とは異なります。加えて、会社の人として出向いているのではなく、あなたのことでそこにいるわけです。という訳で、もし相手側から名刺を差し出されても、こちらとしては、ただ受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手の方にあげる必要性は少しもないと考えられます。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、とうぜん普通の職場では…

求人についての情報では、まともな職場では月にもらえるお金が記載されているはずです。だけれどもこの箇所を調べれる際は、注意して確認する事が欠かせないです。その値だけでわかってしまわないほうが良いです。というのはもしかすると、月収のなかに「毎月10時間の残業」を前提に計算されている可能性もあります。何があるかというと残業代を入れて魅力的な案件のように見せかけ、募集している場合もあります。また、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている企業もあったります。ですから、こういった「不誠実」極まりない案件は、スルーしておくのが無難といえます。

転職活動を行うにあたっては、はじめに、ウェブ上の求人サイトを閲覧したりし…

転職するのなら、始める前に、ハローワークの求人票や求人雑誌を閲覧したりして気になる会社を調べるでしょう。しかし、当該会社がどういった情報を表に出すかは、専属「コンサルタント」のフィルターが入っている、と考えた方が良いでしょう。彼ら(コンサル)の多くは、会社にとって不利益となる情報を隠す特徴があります。たとえ公表する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような類の社長の方針や社員の感想に関しては、それをすべて事実だと捉えるのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。もしも美辞麗句を信じて入社してしまった場合、期待していたことと全く違うとあとで後悔するかもしれません。たちの悪い会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、いろいろとイチャモンをつけて辞めさせないようにするかを考えている。ブラック企業では、このようなことがかなりあります。

一昔前の求人情報では、募集要項の中に「性別」につい…

今までは求人誌に必要とする人材の「性別」まで当たり前のように記載されていました。けれど最近では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、採用する際、男女の差別がしてはならない事が決まり、応募条件の詳細に「性別」が無記載となりました。それでも、求人側は、男性・女性どちらでも同等に雇用するとは限りません。現実問題として、実際は男性必要な企業に女性が応募してきたり、女手が必要なのに男性が来てしまったり、といったような問題が起こりうる可能性があります。例として、「女性が活躍できる職場です」の記載がある場合、雇用主が「女性」を必要としている、と解釈しておいた方が良いといえます。

3日ほど前人材紹介会社へ登録に向かいました。

一昨日転職の準備をしておこうと人材会社へ登録に向かいました。登録するときのカウンセリングをしに出てきた担当の人の雰囲気が見たところ新入社員らしくて、、私が説明していることの50%ほども彼はわかっていない様子。それにもかかわらず「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化することが大切でしょう」とか、一人前のように偉そうに話すので非常にイラつきました。カウンセラーはいくらか社会人経験がある方にしてほしいものです。

退職|就職活動において、ポイントになるのが年収です。

就職活動において、年収は大変大切なポイントです。面接において、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を確保しようとしても、無駄でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、仮に一時的に信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、どのみちウソがバレてしまうためです。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の年収を正直に申告し、それに見合った希望年収を設定することです。ちなみに、今の年収が300万円の方が転職後に500万円となる可能性はまず無理です。現在の年収が430万円であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが良いでしょう。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのに退職を余儀なくされる状況も考えられます。

退職|自らが仕事を探していた時期にかなり複数の人材紹介会社に登録していのだが・・

私は昔かなりたくさんの人材紹介会社に登録していのだが、転職アドバイザーのレベルも驚くほど色々で大体は十分だと感じる対応をしてくれない人ばかり。こちらは人生がかかっているのにもっと真摯に向かい合ってほしいという感情がこみ上げました。それが理由で私はキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格取得はコストもかかりましたし資格取得のための勉強面に関してもとても大変ではありますが、仕事を探している人から信頼してもらえる存在になるべく頑張っています。

職を変えようとしようとしている時に閲覧することにな・・

仕事を変えようと考えている時に閲覧することになる募集要項の情報というのは、基準的なものとして載っている確率も少なくはありません。ですから、そこに載っている情報は何もかもが正しいことだとは迂闊に信じるのはやめておいたほうが好ましいでしょう。その中でも特に給与面においては、平均なのか?最低限なのか?最高額の給料なのか?といった判断ができる転職者は少なく、自分で勝手に判断してしまうと、後から後悔する可能性も少なくなりません。ですので、後悔しないようにするためにも、求人情報は、参考程度に考えて、そのようなたいへん大事な事は会社側に直に聞いてみた方がよろしいです。

退職|これから転職活動をする人のなかで、次までの仕事にある程度期間がある方は…

転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうなら可能ならば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。この手当ては現在の会社側が社員に「雇用保険」を払ってくれている場合は、申請をすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。詳細の受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、今の企業の都合の退職だったり、残業時間次第でただちに受け取れる可能性もあります。ちなみに、受け取れる「失業手当」の金額については、最後の月の直近の給料を基準に計算されるため、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。