退職|クールビズの格好で再就職の面接に臨むときには、やっぱりジャケットまで・・

クールビズ(軽装)をして転職の面接を受けに行くときに・・

クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接を受けに行く際には、いくらなんでもジャケットは着用しなくても安心であると間違いなく言い切ることができるわけですが、ネクタイはして面接を受けた方が印象が良いです。ネクタイに関してもなくてもOKだと考えている企業もあるケースもなくはないですが、ことネクタイに関してはクールビズであってもしなければならないと思っているところがいくらかあります。したがって、クールビズと言われていたとしてもネクタイをしてから面接に行った方が良いということを認識しておいてください。

生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、じっとしていれば給付されると思っている人・・

生涯初の失業保険を受けるケースでは、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人が大部分ですが、それは正しくありません。実は、希望通りにもらい続けるためには、条件として求職活動を行っていることが必要で、その上で、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。一か月おきに担当者に就職活動の状況をきちんと説明して真面目に就職活動をしていることを信じてもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。残念ながら、就職活動をしていないと見なされたり、月に一度のスタッフとの面談に不参加な場合は、強制的に給付の一時停止に至ったり、それ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、それを防ぐために充分に注意しましょう。

ほんの3ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、わずかしかたっていないの…

ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまう決意してしまう人がけっこう少なくないのです。何故かと思うとリフレッシュな気持ちで自分に合った仕事を見つけたものの、「自分自身の想像していた仕事とおかしいと思うほどギャップがあって幻滅した」「ルールにどうしても慣れなかった」という感じで別の仕事を探すのじゃあないかと思います。でもこのような、転職先選びでの失敗を繰り返さないために、第一に、事前の情報収集をまじめにやっておかなくてはなりません。職場内の環境、通勤時間、昇給システム、など前もって調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

退職|仮に再就職を考えたとしても、全てが順調に運ぶと断言はできません。

仮に再就職を目指そうとしても、全部がうまく進行するという確証はどこにもありません。もしも転職するのなら、いつかするつもりなら歳がいかないうちに変えるべきです。平均的に見た場合、20代のうちは良い希望を見出しやすいですが、30代後半~40代を迎えると転職そのものがとても厳しくなります。もしも、管理職などを任されているのなら、転職を考えていても今の仕事を続けるということを結論として選ぶ答えの中に入れておくべきです。ようするに、退職してから転職活動するよりも、現在の会社をやめないまま、時間をかけてじっくり探すほうが後悔することもありません。

退職|在職期間にあるときは、可能なかぎり周囲にバレないよ・・

就労期間中なら、可能ならば、周りの人間にバレないように(私の例ですが)在職期間中に転業する意図のみを早い時期に同僚に言ってみたことがありました。ところが、その後求人を見て回ったのですが、結局働く先も仕事を変えるタイミングさえも無計画なまま煮詰まっていないままダラダラと時間だけが経過してしまいました。挙句の果てには一方の会社の側は、仕事の引き継ぎや手続き、私の退職予定日などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経たのち、次の就業先を再度探しました。

転職したいと考えている会社で会社見学しておけば、たいへん参考になります。

転職先での会社見学に参加するとすごく参考になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」がいる会社見学は、職人技を近くで見られるため、楽しめます。でも、「職人」がいる会社見学は、見学者には高確率で、通常通りの仕事風景とは違っているものです。例を挙げるとブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。この職種では、個人のプライドが強いので働きだしてからでないと、本当の姿はわからないものです。ですから、仕事=見学内容と考えないことが大切です。さらに、会社見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社は問題がありますから気を付けるべきです。入社してもいない人には万が一万が一何かしらのトラブルが起こっても、それに対する保障が一切ないため、仮に、勧められても丁寧に断るようにしましょう。

退職|転職活動をやっていると、面接時に間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動を行っていると「志望動機」「転職理由」の2点について、必ず尋ねられます。このうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま話してもOKですが、これと違って転職理由についてそのまま伝えるのは問題です。例をあげれば給与に対する不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、採用担当者に好印象を与えるものではありません。過去のトラブルをそのまま話する人はいないとは思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しがちなので、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対抗して現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。そして、「御社に入ってから〇〇したいです」、3年後にはこうなっていたい、そのために御社を選びました、と未来志向な志望動機に変えていきましょう。

多くの場合大きな会社は定期採用中心です。ですから、転職で入る事はとても難しいものです。

一般的観点からすると大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職で入りたい人にはかなり厳しい条件といえます。おまけに、都市近郊部~地方となるとそのチャンスがとても狭まります。でも、製造業の会社の場合には、都市部でない地方の工業団地などを製造工場を置いている少なくありません。そのような工場なら、事業拡大などの節目に「人員募集」を積極的に行うので、このチャンスを利用するのがベストです。地方の工場を転職に考える場合、希望する会社についての下調べからまえもって得ておきましょう。その会社のホームページを覗いて、求人の予定がないか、ちょくちょく確認しておきましょう。

日本には昔から「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。

古来より”石の上にも3年”という諺がありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、終身雇用制は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのは決して珍しいものでなくなっています。ですが、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、甘い考え方は禁物です。再就職するには適したを図る必要があります。必ずや現在の職場、仕事内容について、納得できていないと思うことを10個程度、紙に書き出してみましょうこうした作業をしておくことによって、転職に役立ちます。そして、もし未来の展望が拓けたのなら、決断を遅らせることなく、よりも良い仕事ができるよう、努めることも大切です。

転職時の採用面接に出向いたときのことです。

転職の採用面接を受けにある会社に行ったときのことです。偶然会社の会議室が空きがないということで会社外で面接をする方と待ち合わせて採用面接をし、その場所で解散をして、面接官もそのまま自宅に直帰されるとのことだったわけですが、なんと自宅の最寄駅が同じだったのです。なので電車内でも面接を行った人と一緒におしゃべりをしながらいっしょに帰ることになり、その結果打ち解けて面接より話が弾んで、それが原因か最終的に採用を掴むことができました。

新卒採用で入社した会社に別れを告げ、悩みましたが、転職すると決めました。

新卒で入った会社を辞め、心を改めて転職を決意しました。会社を辞めた後は、1人で不安な気持ちになりました。しかし、社会人になって数年後には仕事を辞めて、大半の人が転職を経験していることを自らの転職活動で気づき、いつの間にか悩みが消え、気が楽になりました。また転職を経験したことによりふしぎなことに気持ちが前向きになって、「自分の好きなこと」を探すのことが嬉しくなっていきました。いまだ「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」というような意見も根強くありますが、それが正しいとは限りません。私は転職を決断してよかったと心の底から思っています。

退職|転職を考え始めたときに、まずは会社を辞めた後で転職しようと考える人もいます…

転職活動を始めるときに、まずは勤務先の会社に退社の意向を伝えてからとする人たちもいますが、そのような場合には今度のボーナスの時期を確かめておきましょう。ボーナスが支給される企業は多く存在しますが、社員にボーナスを支給する会社の場合には、ボーナスが出る日までもう少し待てば来るのであれば、支給日を過ぎてから辞めるというのも悪くないです。ボーナスは少々額が大きいので、もらった方が良いと言えますから、転職しようと思ったらいつ頃ボーナスが手に入るのかを確認するのを忘れないようにするのが賢明な方法です。

転職の時の面接で着るスーツの色合いについては、新卒の方が就活の…

仕事の面接でいるスーツの色合いは、新卒の就活の時に着用する色が良いです。ということは、黒とか紺色のような落ち着いた色合い、ということになります。それが、再就職のケースにおいても、着用していくスーツの色味は新卒の就活の時のようなカラーが大多数で、そうでないカラーの人は少数派です。あえて言えば、まれにグレー系を着ている人がいるくらいです。全体的な割合をみても黒系や紺系とかのスーツがほとんどなのです。ですから、会社側から見ても黒とか紺のスーツを着ている人が当たり前のように感じるので、身だしなみ、という観点においてはおすすめしたいのです。

これまで私は、求人情報は「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」を活用していました。

以前の私は、「転職サイト」に頼るよりいつも「ハローワーク」で探していました。どうしてかというと、大手の転職サイトは構造上、都心部での求人情報がメインになっているためです。このため、求人を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。人気の転職サイトに掲載されている求人より企業や給料といった条件は見劣りしますが、古くから地域密着型なため、ピンポイントで見えるのはありがたいです。「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」と感じている方も少なからずいるかもしれません。ですが、良い求人もありますので近いうちに転職予定の方は、ハローワークに1度行ってみることをお勧めします。人気の転職サイトみたいにたくさんのニュースレターの心配もありません。

退職|転職サイトや転職エージェントを通じて、転職活動を行う人は大勢います。

転職エージェントや転職サイトなどを通じて、転職活動するといった方法は最近人気です。ですが、転職の可能性をもっと高めたいのであれば、それと同時に転職フェアの積極的活動をおすすめします。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、参加することによっていろんな企業について知ることができますし、それだけでなく、その場にいるスタッフ(説明員)から、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。転職フェアに参加する場合には、1次面接を受けにいくつもりで良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。仮にフェアを通じて、企業から気に入られれば、正式に応募して本格的な面接時に非常に有利となります。

転職活動にあたって準備は不可欠です。

転職にあたって準備はしなければなりません。特に目に映る「服装」は、注意している人は多いでしょう。でも、近年の企業面接については私服を許可している会社もあるので、ビジネススーツを着て面接に赴く必要がないケースもあります。会社の創設して間もない会社などは、厳格なマニュアルもないことが多く、私服で行ったほうが、相手に良い印象を与えられます。また、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすい、というメリットもあります。さらに私服であれば、面接のなかで、ファッションについて、話もしやすいです。ですから、もしかしたら面接担当の人から気に入られる期待もできます。というわけで、今後、転職は企業の「創立した年」を確認し、(ベンチャー系などの)面接時には私服で挑んで見るのも良いかもしれません。