転職活動においては、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえます。

退職|転職活動時には、履歴書と職務経歴書がポイントです。

  • 転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が必須です。会社の大部分は履歴書だけでなく職務経歴書に記載されている内容を見た上で面接するかどうかを決めるため、まず第一にこれらの書類の作成が大事といえるでしょう。単に記入することにとどまらず、内容が充実していることも必要です。職務経歴書は、今までの職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書いておきましょう。また、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。たとえば売上を従来比○パーセントアップ達成させた、など明瞭に記してみましょう。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、文章をチェックしてもらったりして自分の価値が高まるように、転職エージェントを利用してみるのも転職を成功させるための選択肢として考えておきましょう。

  • 世の中は変化していてパソコンやスマホは便利でインターネットで見られる世界に…

  • 最近スマートフォンで調べればネットのエリアには、いわゆる「転職サイト」に類するものが無数にあります。サイトから自身が求めている転職先というのを見いだすにはなんといっても情報を集めることが欠かせません。こういうサイトをきっちり利用することで効率的な転職が実現します。転職情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される役に立つ「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。使い慣れないうちは、本当に信用していいのかどうかを見極めることがポイントとなりますから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しく確かめてみましょう。

  • 長きにわたって接客関係で勤め続けてきたのですが、加齢のせい…

  • 長く接客業で勤めてきましたが、歳をとるにつれ立って行わなければいけない仕事は体力的にしんどく、座り仕事である事務の仕事へ転職することを志して動きました。事務の経験がなければけっこう厳しく、接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと思い資格試験にも合格し個人医院に転職をしました。周りはベテランの先輩パートさんだらけで人間関係が苦痛。夜間のシフトばかり押し付けられて、接客業で働いていた頃より帰宅も遅いわけですが、初めはキャリアの形成時と観念して頑張ります。

  • シフトがある仕事についての話です。

  • 「シフト制」のある仕事についての話なのですが、毎週、一定の曜日に働ける人を募集する求人を結構見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方、休み方については聞いておいたほうが良いでしょう。それはどうしてかというと、前に私は産休で抜けた人の穴埋めとして、正社員として就職したのですが、土日が固定シフトだったのですが、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。前にいた女性が「土日」に必ず出ることができたので、私自身も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。実際土日に休まざるを得ないこともあり、シフト変更の必要があり同じ部署の先輩たちに「日曜日に休みたいのです」と自らお願いをしに行かなければいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。今思うとよくやってこれたなと思います。

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎えた…

  • 派遣社員だからといっても、契約期間を迎えたら自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと実際に転職活動したことで理解しました。私は結婚して落ち着いたらできればすぐに子供が欲しかったので、妊娠する時がくるまでのあいだ、1年半~2年だけそのまま仕事をしたいと思い、就職しました。派遣社員としてだったので、給料は安かったですがやはり時間的な融通のために、この道を選択しました。でも、入社したあとで、一緒に働く人たちは大多数のスタッフが派遣の仕事を10年~15年ほど勤務しているというのです。意外にも派遣社員であっても契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気もないと知り、ちょっと困っています。

  • もしあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」のように…

  • あなたが転職しようと考えた場合に、U・J・Iターンで都市部から郊外・地方に移住したうえで転職したい、と考える方も少なくありません。今では求人情報サイトを見れば、地方での求人情報にも手軽に知ることができますが、しかし、地方での求人の場合、どうしても都市部よりも少ないのが正直なところといえます。ですから、転職サイトを使用するのは当たり前ですが、求人サイトだけでなく、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトも見逃さずにチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する転職サポートの有無も見ておくと間違いがありません。

  • 転職を考える際、転職後の自分の給与について気にする・・

  • 転職というものについて考えた場合、そこでの給与を気にしすぎる人がけっこう多くいます。誰しも仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給与として手に入れるために仕事をしているとは思います。年収の額は自分の価値を測る指標という面もあるから大切なものであることは否定できません。しかしながら、年収の額ばかりを固執しすぎる人生というのも寂しい気がするでしょう。この世には年収が期待できない業種でったも精神的な成長を遂げられるチャンスは少なくないからです。

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が強いのであれ・・

  • 『転職したい!』と思っている人のなかで、その意志が強いのであれば、辞職したいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。ですが、ここでは曖昧な表現をすると場合によって高確率で言いくるめられるので要注意です。実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、話がこじれて退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞めたいということを当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、実際では退職届けを出せたのは同年の11月です。本来、区切りの良い年度末を契機にやめようとおもったのに、スムーズにはいきませんでした。やはり会社も、人事的な都合があるのかもしれませんが、社員のを希望を聞かないまま、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、その会社に対しての職場に対して失望しました。

  • 退職|仕事をするにあたり、回復が難しいほど心的にとてもつらくなってしま・・

  • 会社が原因で心的につらくなり、転職を考えざるを得ない状況となったなら、そのときは、職場の人に相談ではなく家族などの近しい存在の人と相談して、退職するか決めるといいでしょう。仕事をするということは当事者である自分です。が、しかし同時に、家族の問題ともいえるのです。毎月、どんなに高い報酬を得られたとしても、精神的ダメージを負ってしまうまで延々と働くのは好ましい状況とはいえません。現在の社会では、経済的に豊かなことよりも、仕事のしやすさを優先する生き方も徐々に増えつつあります。ですから、あなたの家族や、自身の心身を大切にしていきましょう。

  • 退職|実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を探していることの証明が必要になります・・

  • きちんと失業保険の給付を受けるためには、職を探していることが必要なのです。しかし、実際は「久しぶりに仕事から解放されたし、しばらくはゆっくりと過ごしたい」というのが現実だと思います。ということで、しっかり職を探しているように、見せる方法があるので紹介します。毎月ハローワークに行って担当職員と面談するのはパスできませんが、そこで、「求人票」をチェックすることを最低限やっておく必要があります。本腰を入れて探すモチベーションがわかないときは、閲覧だけしてハローワーク職員との面談の際に、「自分に合った仕事、希望する仕事が意に反して見当たりませんでした」と、相手に告げて、次の機会を探すという手もあります。

  • 自分のスキルや資格を有効活用しながら、就職活動を検討する場合…

  • 今ある自分のスキルや資格が有利にはたらくように転職活動を考える際は、転職しやすい業界と、そうでないものとを知っておくことは大切です。再就職しやすい業界は、たえず人材不足がいわれている「医療・介護」系がとても有名ですね。医療・介護の職種では看護師、介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。今、医療や介護の現場で勤務している人が、何かしらの理由によって他の業界に再就職する事を考える場合、安易に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」ではない業界は、スタッフの流動性はかなり低くなります。そのため、安易に考えないことが重要です。異業種への再就職を希望するなら、他の業界では医療や介護系の業界みたいな売り手市場とはいかないと、気をつけましょう。

  • とある古物商にて、書類選考をクリアして先方から、面接日時を教えてもらいました。

  • とある古物商の会社で、書類選考をパスしました。その後相手方から、面接予定日を連絡してもらいました。ですが、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接準備を一切していないことに気づきました。ようやく、所長らしき人物が面接担当をしてくれましたが、始めから終わりまで、驚くほどだらしない態度を見せられ、ひとまず面接を終えました。が、予定日を過ぎているのに、採用結果すらなく、いてもたってもいられず、私のほうから問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未着でそこで改めて問い合わせたところ、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とすぐに電話を切ってしまいました。私は呆れて言葉も見つかりませんでしたが、不採用でよかったです。

  • 転職の時に行われる面接時の身なりはクールビズで来てくださ…

  • 転職時の面接に関してですがクールビズで来てくださいとと記載されている場合もあるようです。ですが、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは失礼なのでは?とマイナスに考える人もいます。クールビズの悩みを抱いている人々に伝えたいのは、企業側からクールビズで来ても良いとされたのなら、伝えられていることを実行したほうが良いです。色々迷うことによってしまい、真夏であるのも関わらずスーツをしっかりと着用すると相手に不自然な印象を持たれてしまうので、クールビズでもOKと記載されていたらクールビズで良いのです。

  • 退職|現在の仕事に不満があり、転職サイトを活用してあなたの能力を思う存分発揮できるよう…

  • あなたがもし転職サイトであなたがストレスなく働ける魅力的な企業情報をあれこれ見ているのなら、「転職エージェント」は必ず利用しておきましょう。なぜなら必要情報を入力し、エージェントサービスの登録手続きを終え、紹介してくれる求人情報というのは誰でも見ることのできる公開求人とは異なります。その答えは、比べようがないほどにたいへん良質といえます。しかも、あなたにピッタリなものをピックアップし、調べたうえで、紹介してくれます。そのおかげで、かなりの精度で理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、あなたが一人の力で手当たり次第に探す労力を考えれば、相当に効率的です。そのうえたいへん確実です。

  • 転職先を選ぶ際、むろん仕事におけるやりがいアップと共・・

  • 転職先を決める際、もちろん仕事におけるやりがいのアップと一緒にさらに年収が増えることも大事なことなので「年収サイト」に登録をしてあらかじめ調べています。全く同一の会社で一緒の職種、経歴であるのに人によって非常に違いがある場合も複数あって、ぶっちゃけて言えば面接で質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトを見たことがあるようで「高い収入で書かれているのは、書いた者について誰であるのかそこそこは察しがつくのですが、多分格好をつけてるんですよ。低い方の給料で心の準備をしておいてください」とのことでした。

  • 退職|自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は注意です。

  • 好き、を仕事にしたいという風に思っている方は注意が必要です。私が実際に経験したことなのですが、私は、もともと食べることが大好きでそれが高じて、過去には、料理店に勤めていた時期がありました。そのレストランでの仕事内容は、その飲食店で任されていた仕事内容は、シンプルな盛り付けやホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌なこともなく楽しんで働いていました。ですが、職場の人間関係にすごく疲れてしまったのです。そのことが引き金になって、仕事をやめることにしたのですが、その影響で、あんなに大好きだった食べること、そしてその店で提供していた食べ物すら嫌いになり、似たような飲食店にはしばらく経った今も行けていません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分自身の好きな分野の仕事に就きたいと願い、実現させることは素敵なことだとは思います。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、じっくり冷静に向き合ってから行動するべきです。