派遣で会社で働いています。派遣法や労働契約法のからみで…

退職|派遣というかたちで働いています。

  • 派遣で会社で働いています。労働契約法が原因で残念ですが長くお世話になった企業での仕事の契約が終了します。同じ派遣の方の中には、派遣で働いている会社で正社員の条件を獲得した方もいるのですがその理由としてはぶっちゃけた話仕事の腕がよいというよりは派遣先の上司へのあしらい方が得意な方でそれで採用されたとしか思えません。仕事の能力よりもおじさんにゴマをする能力の方が大事なんだねーと別の派遣の仲間と派遣先の会社で毎日文句を言ってます。

  • 退職|転職するにあたって、現在勤めている会社を辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが・・

  • 転職に先立って現在勤めている会社を退社する時に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが、もし自らの希望によって退職届を書いて退社する、いわゆる自己都合退職の場合は、直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月経ってやっと給付があるのです。よく勘違いして退社した日の次の日から3か月経過すれば給付されると信じている人がいますがこの規則を知らない人が、ハローワーク側にミスがあると主張してその結果ハローワークの職員さんとトラブルになっているのを見たことがあります。なお、自分側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するときは、失業認定されて直ちに失業保険が給付されます。

  • 全くの未経験である業種などに転業を行う際は、前の業…

  • 経験したことがない分野などに転身するときには、前の仕事で育んできた腕前や今まで経験したことを発揮できるという内容の訴えがいるようになります。働いたことのない業種の場合、それだけそのジャンルで今まで働いてきた人たちよりも事実、不公平な状態になりますが、自らの持っている力がその場でも発揮できるということをうまく相手に言えば、戦うことができる場合も考えられるのです。以上のことを踏まえ経験が全くないジャンルに飛び込む場合は、その分野とこれまで自分が働いてきた職務との関連を必ず探し出してみましょう。

  • 再就職における面接などに関して名刺を手渡してきた・・

  • 再就職における面接などに関してもし名刺を差し出された場合、自分も相手の方に名刺を渡した方が良いのかどうかと対応の仕方に悩んだときは、大方は差し出すことはないと覚えておいてください。転職のための面接においては仕事の一部ではなく、仕事を得るための採用活動の一環なので、一般的に考えて名刺をやりとりする時間とは異なります。それに加えて、あなたは会社の人としてその場にいるのではなく、個人のことでそこにいるわけです。要するに、相手から名刺を渡されたとしても、あなたはもらうだけで大丈夫で、相手の方にあげる必要はないと推測できます。

  • 退職|求人についての情報を見てみると、大部分の場合はまともな職場で・・

  • 求人関連の情報を見てみると、多くの職場では月の給料がしっかりと記載されていますよね。この箇所を確認する際は、深く確認する事が欠かせないです。額の多い少ないだけ見て判断しないほうが無難です。何故かというともしかすると、月収の額の中身に「毎月15時間の残業」が含まれているかもしれません。残業代の金額をあえて含めることで金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも考えられます。それ以外にも、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せているケースもあったります。そういうわけで、このようなよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は近づかないほうが良いでしょう。

  • 転職を行うにあたっては、前もって、求人雑誌やウェブ上の求人情報を見たりして…

  • 転職をする場合、事前に求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを閲覧したりして関心のある会社を調べるはずです。しかし、その会社が情報を掲載するにあたっては、コンサルタントが付くことが多いです。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す傾向があります。たとえ公開するとしても差しさわりのない表現をします。そのような類の「社長インタビュー」などに関しては、疑いながら読んだ方がいいでしょう。もしも美辞麗句を信じて入社してしまった場合、期待していたことと全く違うと後々、後悔したり、場合によってはトラブルに遭遇するおそれもあります。悪意ある会社は、バカ正直な人間を取り込み、そのあとは、あれこれと理由をつけて退社できないようにしようとします。この手のブラック企業には気を付けましょう。

  • 退職|前の求人誌に募集条件の中に「性別」が、きちんと明記されていました。

  • かつては求人情報では、募集条件の中に「性別」が、きちんと書かれていました。けれど今では、男女雇用機会均等法によって、採用時、男女の差別をあってはならないルールが決まり、求人情報に「性別」が記載されなくなりました。ですが、求人募集をしている企業は、男性・女性のどちらでも良い、とは心のうちでは考えていません。実際に、実は男性を必要としている業種に、女性が応募したり、女性希望の企業に男性が応募してくる、といった感じの問題が起こりうる可能性があります。例えば、「女性が活躍している仕事場です」とアピールする案件では、これは女性を望んでいると認識しておく良いでしょう。

  • 退職|転職活動の一環として人材会社へと登録に向かいました。

  • 転職の準備をしようと人材紹介会社へと登録に行きました。そこで登録カウンセリングの際に現れた担当者が見たところ経験不足の社員のようで、私が伝えたいことの半分ほどもその社員は理解できていない模様。さらに悪いことに「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「もっと自分の強みについて考えるべきです」とか、専門家のように偉そうにしゃべるのでとてもイライラしました。カウンセリングを担当させるのはそれなりに仕事の経験がある社員にしてほしいものです。

  • 就職活動において、年収はかなり大切な要素です。

  • 就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。面接時には、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき年収を本当にもらっている額よりも大きく申告し、多額の年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。源泉徴収票が必要となるため、仮に一度は信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまうためです。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現職での年収を正直に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。なお、現在の年収が300万円の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんど場合ありえません。仮に、現在の年収が430万円としたら、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくことをおすすめします。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。

  • キャリアップしたいと思いかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。

  • 割と多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーの質においても多様でたいていの場合、納得のいく対応をしてくれない人ばっかり。こちら側は人生の大事な事なのにもっと真剣に向き合ってほしいという欲がいっぱいになり、そんなことがあり自分自身がキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得するのにコストもかかったし資格取得のための勉強も大変なわけですが、仕事を探している人からアドバイザーがあなたで良かったと言ってもらえる存在になるべく努力しています。

  • 再就職を考えている際に見ることになる募集要項の情報というのは、…

  • 再就職をする時に目を光らせる求人情報に関しては、おおまかなものとして記載されている可能性もあり得ます。そのため、そこに記載されている内容は100%正しいことだとは考えるのはやめておいたほうがいいと思います。とりわけ生活に大きくかかわってくる給料面に関しては、社員を平均して出した値なのか?最低限なのか?最高値なのか?という見解ができないケースが多く、適当な判断でとらえてしまうと、後から悔いが残る事も少なからずあるでしょう。そういった訳で、求人情報に関しては、おおまかなものだと思って、そのような重要な内容は会社の方に直に確かめるのがよろしいでしょう。

  • 今から転職される人で次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合…

  • 転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうならぜひ「失業手当」をもらっておいた方がお得です。失業手当はあなたが勤めている企業側がしっかり「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば誰でも失業手当を受け取れます。また、手続きに関しては「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞める形になったなら、3か月の待機期間があるのですが、場合よっては企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちに受け取ることが出来たりもします。さらに「失業手当」の額は、会社で最後の勤務月の直近の給料を基に失業手当の支給する額を計算されるので、会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

  • 派遣会社を介して働く人が最近では増加する傾向にあります。

  • 直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人が近時は増える傾向にあります。派遣社員として働くつもりなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの額(あるいは比率)、自分に入るのかをできるだけ面接の際に質問しておいた方がいいでしょう。派遣会社は、社員を必要な企業に派遣してその見返りに手数料を徴収するシステムなのですが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが多いです。半分以上を還元しているのなら、良い会社といえますが、中には開示すらされない派遣会社も多く、悪質な業者の場合、7割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しない場合も多いです。面接の際にきちんと答えない会社は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、できることなら異なる派遣業者で登録されることを推奨します。

  • もしも転職したいと考えているなら、あらかじめ「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。

  • もしあなたが転職したいと考えているなら、前もって「資格」を取得しておくと有利になります。とくに、仕事を続けているうちに、資格を取得しておけば、転職活動の際でそれを生かせるので、新しい職場も探しやすくなります。であるため、在任期間中での資格取得が一番良いタイミングです。あなたが将来のために、是非とも在職中に目指したい仕事の資格を取ると現在の職を辞めた後も後悔なく次に進めます。そればかりでなく、資格を取得できれば面接のときには面接担当者に即戦力として扱われ以前の職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。

  • 今後、私たちの労働環境において徐々に単純な仕事は機械化が進行し…

  • この先、私たちの社会的環境において着々と短絡的な労働は機械化によって必要なマンパワーはどうしてもカットされていきます。なぜかというと、シンプルな作業という観点ではヒト以上に機械を稼働させたほうが比べられないほど強いからです。数を数えたり同じ動きをずっとリピートしたりすることは機械にはへっちゃらです。人と違って愚痴を言わず、疲れないし、ズルもしないし、正確だし均一化できるのも魅力です。そして、人と違って給料も発生しないのです。ですので、労働力として人を使う理由がまったくなさすぎます。機械に移行していくのも当然といえます。

  • 近年はネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社をよく見かけるようになりました。

  • 近年、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの会社もたくさんあります。あなたに特許権取得の経験があるなら、コンタクトを受けやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人以外にも、「研究開発」の論文を出した人、マスコミによって注目を浴びた人など、何らかのインパクトを残した人を対象に、電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティングのための理由にしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングと疑われる連絡をもらったのであれば、心当たりがないか考えてみましょう。ときとして、ヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を要求してくる会社もあるらしいですが、その手の業者は当然ながら嘘ですから注意しましょう。ヘッドハンティングは通常、企業が仲介業者に報酬を支払う形となるため、転職希望者が払う必要はありません。