雇用中には、できたら、こっそりと、(自身の場合)在職中…

退職|就労中は可能ならば、社内の人間にバレないよう(私のとき・・

在職中には、できればこっそりと、(ちなみに私のときは)在職中に転社の意図だけを活動初期に会社内で仄めかして反応を見ました。しかしながら、その顎、求人を必死にあれこれ見ていったものの、思いとは裏腹に働く先も転職するタイミングさえも何も決まらず知らぬ間に時間を空費する結果に。そしてその傍ら、社内では業務の引き継ぎや手続き、私の退職日などが決定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経たあと、次の就業先を探すハメになりました。

転職したい会社で見学などがあれば、非常に勉強になります。

転職しようと考えている会社の見学ができれば、たいへん参考になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」のいる会社なら、職人技を間近で見られるので楽しみです。しかしながら「職人」がいる会社見学では見学者には高確率で、いつも通りの仕事風景とは違っているものです。もっとも顕著なのは、ずばり、ブルーワーカーなどの分野です。このジャンルでは、癖の強い人が多いので実際に仕事を始めてみるまでは、実際の姿はみえません。なので、仕事は見学で見たものだけだと思わないことが無難です。ましてや、見学の時に仕事体験させてくれる会社はとても危険ですから注意しておいた方が良いです。雇用契約を結んでいない段階では問題が起きたとしても、保証などありません。万が一、勧められてもやんわりと断るようにしましょう。

転職活動をしていると、面接において「志望動機」「転職理由」の2点について、必ず尋ねられます。

転職活動で面接で例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機については、正直に話しても差し支えないですが、これとは異なり転職理由についてストレートに伝えるのは賢明ではありません。給与が納得できないことや、上司や同僚との人間関係など面接官に悪い印象を持たれるものです。もっとも、自分が不利になることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しがちなので、かなり慎重に質問してきます。これに対抗して現職の不満を回答しないためには、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。さらに、この会社に入社してこんな貢献をしたい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、そのために御社を選択しました、とポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

退職|一般的観点からすると大きな会社は定期採用中心です。ですか…

一般的観点からすると大企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職で入る事は容易ではありません。そして、都会以外だとそのチャンスが少なくなります。ただし、製造業系においては、都市部でない地方の工業団地で工場を持っていることも多々あります。また、そういう地方工場では事業を拡大する際に「途中採用」を積極的に行うので、この好機に転職も悪くないと思います。そのためには、地方の工場に転職したいなら、希望する企業の情報をあらかじめチェックしておきましょう。その企業のホームページをチェックし、求人予定の予定はあるか、時々チェックすると良いでしょう。

日本には”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。

日本には昔から「石の上にも三年」という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」は死語になりつつあります。「転職」を経験するのが自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。とはいえ、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、やたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。転職するつもりなら、時期を図る必要があります。ますはじめに、今現在の職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不服に思っている点を5~10個ほど、箇条書きしてみてください。そうすることで、再就職がスムーズになるはずです。そして決断したら躊躇することなく、良い職を手に入れられるように頑張っていきましょう。

転職のための面接を受けに転職したい会社へ赴いたときのことで・・

転職の面接を受けにとある会社に行きました。偶然その会社の部屋が空いていないとのことで社外で会社の人と待ち合わせて採用面接をして、その場所で解散をして、面接担当者も会社に寄ることなく自宅に直接帰るとのことでしたが、なんと自宅の最寄駅が同じだったのです。なので電車の中においてもずっとおしゃべりをしながらいっしょに帰ることとなり、その結果緊張がなくなって面接しているよりも話が弾んで、それが奏功したのかなんとか採用を獲得することができました。

新卒で入社した会社に別れを告げ、思い切って転職すると決めました。

新卒採用で入った会社にさよならをして一歩踏み出して転職すると決めました。会社を辞める前は、相当に悩み、辛い気持ちでした。しかし、新卒採用で入社した会社を辞めて、中途採用で働いている人がほとんどだということを私自身が転職したことで知り、いつの間にか将来の不安がなくなりました。また1回でも転職をすると自然と肩の荷が下りたかのような気分になり、「本当に自分のしたいこと」を探すのが毎日が充実したものになりました。やはり「仕事を途中でやめるなんてダメだ」といったような意見も多々ありますが、私の場合、転職してみるも大事だと思っています。

転職をしようとするときに、とにかく今の会社を退社してから…

職を変える際に、まずは現在働いている会社を完全に辞めてから転職しようと考える人もいますが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときには会社がいつボーナスを支給するかを事前に確認しておくのが無難です。ボーナス支給がある企業はたくさん存在しますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスが入る日までもう少し待てば来るのであれば、ボーナスが支給されてから会社を去るという手も良い手です。ボーナスは少々大きい額になると思うので、もらっておかないと損をすると断言することができますから、転職しようと思ったらボーナスが支払われる時期について最初に調べておいた方が損をしません。

転職時の面接で着るビジネススーツの色味は、新卒の人たちが就職活動の際・・

転職の時の面接で必要となるビジネススーツの色味は、新卒の就活の際にに準じているカラーが一般的です。言い換えると、紺系や黒系のような落ち着いた色味になります。それが、再就職の場面においても、着ていくスーツの色味に関しては新卒の就活の時のようなカラーが圧倒的多数であって、それ以外の色の転職者はあまり見ることはありません。それ以外の色と言うと、ごくたまにグレー系を着用している方が若干いるくらいで、だいたいは紺系や黒系が大多数を占めているのです。ですから、面接を行う人事側からしてもそのような色であるほうが普通であるように感じるので、身だしなみ、という点においては推奨したいわけです。

かつての私は、「転職サイト」よりも「ハローワーク」を使っていました。

これまで私は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」を利用していました。どうしてかというと、規模の大きな「転職サイト」は、やはり都心部にある企業の求人がほとんどだからです。そのために、新しい職場を探す際は、「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、いくらか給料や労働条件で差がありますが、昔から地域密着という点では自分に適した職が探しやすくなります。ですが、「聞いたことのない企業ばかりで不安」というイメージがある人がかなり多いと思います。以外にも、理想に近い企業が掲載されているかもしれないので、近いうちに転職について不安がある方は、お近くのハローワークへ1度行ってみるのも手です。「転職サイト」を利用した時のような多くの電話やメールもありません。

転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動を行う人は大勢います。

転職サイトあるいは転職エージェントを用いて、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。としても、転職についてよりよい結果を得たいのであれば、並行して転職フェアも積極的に活用しましょう。多くの企業が一堂に会することから、一度足を運べばいろんな企業の情報を得ることができ、加えて、説明担当の企業スタッフから、企業特有の個性を感じられるでしょう。今後、転職フェアに参加する場合は、面接だと思って自身の売り込みをしていく気概をもっておいてください。それが功を奏してフェアのあいだに企業に好感を持ってもらえたら、そのあとの面接に進む際にアドバンテージになります。

退職|転職活動をスムーズに行いたい場合、準備は必要です。

再就職する場合、準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、特に身だしなみ、に含まれる服装は大事な部分だと感じてしまいます。しかし、昨今の、面接については、形式ばらない服装を許可している会社もあるので、スーツでなくては、と考えて面接に赴く必要がない場合もあります。会社の創設したての会社などは、厳しいルールも作られてないことが多く、私服の方が良いイメージを持ってもらえます。さらに、正装でないので、フランクに話ができるメリットも。また、私服であれば面接時に、服装の話もしやすくなります。ですから、もしかしたら担当者へのアピールにもなります。ということで、今後、転職にトライするなら「創立した年」を確認し、(ベンチャー系企業の)面接の際はスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

女性の再就職に関しては、数年前と現在とは若干、状況が変わりつつあります。

女性が転職する際、ここ最近と数年前では若干、変化が見受けられます。前までは、結婚観や出産予定などのことに関して、ごく普通に質問されることが多くありました。ところが、今ではそのような内容は、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、質問しない会社が増加傾向にあります。名の知れた大企業ほど、この手の質問を露骨に避けるようになっています。が実際、面接する側ははい・いいえ、の2択ではなく、その女性の姿勢、結婚したあとどうするか、出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいとは思っているはずです。自身の価値観を知ってもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールと並行して言い表すことで、相手側も考えがわかり、安心してもらえると思うのです。たとえ、聞かれていない箇所も先にあなたの側から気遣いながら話をしておくのが良いです。

新しい仕事についてすぐはいきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

新しい職場(転職先)では、すぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。転職して1年目は大体試用期間が入っていることも可能性が高いです。自分の転職して新たな仕事をした時は、せっかく転職したというのに、期待に反して前職の年収とほぼ同額だったことがあります。それに、仕事はとてもキツく、かなり責任のある立場で初年度を乗り越えるのにたいへん労力を伴いました。そのような実体験から1年目は、仕事を覚える年と割り切り、出来る限り転職前の段階で貯金しておくことに尽きると思います。

看護師でありながら違う職に転職に至る理由は、人それぞれではないでしょうか。

それと違う職業に転職の理由はその人によって違うはずです。さまざまな理由がありますが、看護師の転職するには「職場環境に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚で一人とは変わって出産、子育てそれから親の介護など、環境のいくつかの変化など、これまでのようには働き方ができなくなった」「現在の収入に大きな不満を感じている」といったような悩みが解消したいために転職されるのかもしれません。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、転職を決断する前に、どうして転職をしたいとと、今一度冷静に、客観視してみることもやっておきましょう。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考したのち、決断されることを強くお勧めします。

退職|20代に転職を2度経験して、いまは資格をゲットするべく…

20代前半までに転職2回で、現在は複数の資格をとるために、「派遣社員」を選択しています。常勤の勤務とは異なるため、毎月の収入は安いのですが、しかしその分、以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。もっと学生のときに資格を取得し、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。また、実際に、そういった人を見る度、なんだか羨ましく感じてしまいます。前までの私は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、ガッカリする毎日でしたが、しかし今は、結婚をキッカケに生活そのものが大きく変化し、以前よりも将来の目標も決まり、充実して毎日を過ごせるようになりました。