人生初の転職を行う際、注意しなければいけないのはなぜ今の仕事を辞めたいか・・

退職|人生で初めて転職を行うのであれば、気を付けなければいけないの…

人生初の転職を行う場合、頭に入れておくべきなのはなぜ現職を辞める必要があるのかについて明確化しておくことだと断言できます。その理由の有無が転職の今後を決めるといっても過言ではありません。その後問題を解消してくれそうな会社を選ぶことになります。社会に出てからの転職活動は、新卒の就職活動とは大きく異なり、今の仕事を勤めながら就職活動を行っていくことから、時間と体力が必要になります。ゆえに理由を明確にせず転職を試みた場合、途中で行き詰まってしまう可能性もあります。絶対に転職したい、現状に変化を加えたいという強固な気持ちがない場合は、転職活動にゴーサインを出すことはあきらめましょう。

退職|今後転職活動をするのなら、良いと思う求人(業種)を見付けるた・・

転職活動しているとき、気になった求人(または職種)があったら、しっかり「〇〇業、ブラック」でネット検索を掛けてみましょう。求人票や転職サイトの担当者の情報では、業界のマイナス点は、知ることができない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が多い業種であれば、インターネット検索によってカンタンにカンタンに現実を知ることができます。そうした検索をしないまま、入社した場合、直後に入ったことを後悔してしまうかもしれません。だいたい求人が頻繁に出ている理由が「仕事の内容がキツイからスタッフの出入りが激しい」といったケースが多くを占めます。気になった案件について、疑問点を払拭した上で、応募するようにしましょう。

現在の職場や業務の中身について少なからず何かしらの不満があるはずです。

現在の自らの職場や仕事の中身について不服に思っていることの中に、「自分の能力(スキル)を正しく評価してもらえない」そのため、「給料は変わらないし、将来的なレベルアップも期待できない」といった点が多くを占めるでしょう。ですが、気持ちは理解できます。しかし、その手の悩みを持っている人の一部には、自身の器量を「過大評価」しているケースが少なくありません。万が一、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この求人では、自分を活かせない」と転職活動がうまくいかないことになりかねません。のせ生活自体に支障をきたす可能性があります。そういうわけで再就職で好結果を出すためには、実際の自身の能力を客観的に見つめることが大切です。

就職活動をするにあたっては、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェン…

新しい仕事を探すとき、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)つまり斡旋を行う会社が存在しますが、たとえそのような業者に登録した結果新しい会社で働くことになったとしても、「失業保険」は給付されないため、要注意です。失業保険は、「ハローワーク」にて正しく手続きしないと給付対象とならないので後々、後悔しないようにしたいものです。これに対し、「ハローワーク」主導で斡旋してもらい、就職できたときは、就業に備える準備金として「一時金」を受け取れたりもします。インターネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険とは何の関係もありません。これについて押さえておかなければ、失業中にお金がもらえなくなるため、気をつけておきましょう。

再就職を検討しているのなら、いろいろな企業を日常的にチェックしておく・・

転職を視野に入れているならこまめに多様な会社の募集案内を普段からチェックすることが、転身した後の見る目に役立ちます。あなたが今の職場にやりがいを感じられないと思っている場合、本格的に転職活動を開始した時に、どんな企業でもいいように見えます。そのような状況下では、どこを選んだらよいのか選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、判断を大きく間違えるおそれがあります。その後、早々に退職の道に進んでしまうので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくのがベストです。会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、転職したい会社の取引している会社も気にしてみましょう。透明性を重んじる企業は取引している会社の情報を公開していますし、逆にそうでない会社は、宣伝に力を入れる傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。そのうえ、会社によって個人グループに入ってることもあるので、グループの名前をチェックをすると細かい所もチェックできます。

転職活動をするに当たっては、直近の業務での納得いかない部分、不満に思う部…

明日からでも転職活動をするに当たっては、現在の職場や仕事での納得いかない部分を洗い出しておきましょう。もともと不満なことにガマンできないから転職しようと思われているはずです。しかし「しっかりと現状の職場の不満を挙げる」ことが出来ている人は少ないものです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでのミスを防げます。そのあとに、仕事を変えることで「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職できたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぐことができるでしょう。

新しい仕事で、これまでのキャリアを生かすことができれば・・

新しい職場で、今までに培ってきたスキル・キャリア生かせたとしたら、即戦力として認識され、割と早く職場にも馴染めるはずです。また雇用先も即戦力となる人材は常に欲しがるので、タイミングさえあえば、難なく事が運ぶでしょう。加えて以前の働いていた仕事と似た仕事なら可能性はおおいにあります。とは言っても、なかなかの能力があるといっても大手の事務系の仕事や、公務員系(国家・地方ともに)は今も昔もかなりの競争率だと覚悟しておきましょう。

退職|転職時の会社での採用面接でのよく思い違いがあるのですが…

転職活動中の採用面接に関して、多数の人が考え違いをしているのですが必要以上に猫かぶりしていると、残念ながら悪い結果につながります。そうなる前に猫をかぶるよりも面接時は、「給与制度」などの、多数の人が触れにくい内容を勇気を持って率直に訊いておくと、結果的に絶対に自分のためになります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮なずけずけとそういった質問をすると面接結果に響くのではないか」と懸念するかもしれません。ところが相手からの印象もいいことは最終的には少なくないようです。このような「お金」や「労働環境」に関する疑問点は、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。しかし、面接応募者の多くは、はっきりと聞けないものです。なので、勇気を出して質問をすることで、「言うことはちゃんと言える人だな」ということで格好の自己アピールとなるのです。

退職|再就職しようとする場合必ず用意する履歴書などにおいては…

転職をする際に必ず書く履歴書においては、たいていは自筆ではなく、パソコンで作るというのが基本です。日本国内は履歴書や職務経歴書についてはパソコンによるものではなく自筆で書くのが当たり前だと思われる面もありますけど、それは新卒時の人たちの就職活動やアルバイトやパートの際に準備する履歴書であって、実際には、転職の場合は履歴書は100%手書きでないといけないとはっきりとは言えません。自筆の履歴書をベストとする場合もありますけど、そうじゃないケースがだんだん多くなってきていますから、パソコンを使って作ったものでもOKなケースは意外にも大量にあるのです。

転職先を探している期間は、「趣味」に没頭することに加え…

転職先を探している期間は、自分の好きなことに時間を費やしたり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れると良いでしょう。再就職先が決まり、いざ仕事を再開したときに、趣味に打ち込んでいたおかげで無意識の間に集中する力が高められます。さらに体力アップが図れていることで、その場の社員さんと比べると体力が持続するということを認識することができます。ということで、退職後は趣味に時間を充てることと、体力アップをしておくことをしておくのがおすすめです。転職後、職場で共通の趣味を持つ人と巡り会えれば、会話が盛り上がるので、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

現代では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に対する取り締まり強化が実施された…

今日では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件に対する取り締まりが強化されたり、会社名が公開されたりと不利益を被る仕組みが出来てきましたが、まだまだ問題が多いというのが現状です。それゆえ、面接で見破る必要が生じます。まずは求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらの項目を順番に色々と質問してみましょう。おおよそブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、返答が曖昧になったり、「その場では答えられない」みたいな逃げようとします。とりわけ「給与」「残業」「休日」の3つに関しては、質問していくうちに、困ったような顔をする場合も多くあります。それでも質問を止めずにいると、ブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、会社の正体がわかります。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、少しでもおかしいと感じたら、他の面接を受けたほうが良いと思います。

退職|転職をする時に面接で100%追求されることが前職を辞めた…

転職で面接で絶対に問われるのは退職した原因ですが、この質問になった際には辞めた会社を話題にしないほうが好ましいです。前職を辞めるに至った経緯が中心となり話が進むと必然的に面接において不利なことを含んだ話になってしまいます。どのように話せばいいかと言えば、どうして前の職場を退職したのかという事をこの職場にぜひとも入社したかった理由があるといった感じの話にしたら良いということで、自己アピールもかねて今、自分が入りたい会社に話を向けるべきです。そういう内容ならば、好印象を与えることができる以前の会社を辞めた事情にすることが可能です。

就職活動をするときに注意して欲しい募集内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、…

就職するため職探しをするときに気を付けて欲しい求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く、拘束される時間が長いものです。こういった募集では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出していることがよくあります。みなし残業代というのは、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間、45時間というように求人の記載内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、最初から給料形態に残業代を含んでおく、といったシステムになります。(違法ではありません)もしも『みなし残業代50時間込』と表記される求人であれば、「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料です」というワケです。しかし、悪質な求人は、記載しておくべき『みなし』を表記していないことも少なくないので気をつけておきましょう。

派遣会社を通じて働いています。

今、私は派遣の会社に登録しています。サイト上で興味を引かれる仕事を発見して問い合わせたところ「その仕事はすでに他の人でお話が進んでいます」と断られてしまい一時的にサイトからも仕事情報が閲覧不能になるのですが、なぜか次の日になれば元に戻っています。ということは結局私ではよくないのだっていう意味ですよね。そういうことであれば最初からトラブルにならない程度に正直に教えてくれれば助かるのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。あるいは客寄せのための存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

失業者に給付される失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが、…

失業時にもらえる「失業保険」は、失業している間もらえるが、もらえる期間が決まっています。それまで勤務してきた期間によって違い、3ヶ月とか1年と決められるのですが、これを知らずに永久にもらえると思い込んで「失業保険が給付される間は遊びに使う」という人を見かけますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから焦りながら就職先を見つけようとしても条件のよい仕事を探すのは至難の業です。転職候補となる会社の面接官もバカではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」といった点は大よその想像が付く。ときには、面接の際に失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、不合格となるおそれもあるので要注意です。

転職活動を現職と並行する人は少なくありません。

転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。でも、忙しく仕事を続けつつ求人をチェックして応募したり、面接を受けるのは精神的だけでなく肉体的にもハードです。現在の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、そうした場合に書類選考が通り面接が決定した後で辞退すると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。転職エージェントにサポートしてもらって応募していた場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、それとは異なり直接応募していた場合も相手の会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。どちらにせよ自分の大切な時間を無駄にすることとなるため、行くつもりのない会社は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と意識しておくと、賢い判断ができるはずです。