比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を過ぎ・・

時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、自身の好きなタイミングで辞められるワケではな・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても1年経ったら好きなタイミングで辞められるわけではないと転職活動したことで感じました。私は結婚して落ち着いたらできればすぐに子育てに取り組みたかったので、その間までと思い数年ほど現在の継続で仕事をしておきたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員としてだったので、正社員よりも収入は少なかったのですが、仕方ないので時間的な融通を得たかったので、あえて選択しました。しかしながら、いざ入社後、一緒に働く人たちの大半のスタッフが派遣社員として10年、15年と続けていらっしゃったのです。たとえ派遣を選択したとしても、すぐに辞められる雰囲気もないと知り、悩みが増えました。

    退職|再就職を考える場合に「Uターン」「Iターン」といった具合・・

  • もしもあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形で、都市部から地方に移り住んで、再就職したいと感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。この頃は転職サイトを見れば、地方の求人でもタッチできます。ただ残念なことに、地方での求人に関しては、どうしても選択肢が限られてくるのが痛いところでもあります。といった性質上の問題があるので、求人サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもまめにチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している転職サポートの関連情報も注意してみておきましょう。

    転職を考えるとき、その職場の自分の年収ばかりを気にする人は、…

  • 転職を考える際、転職先となる職場における自身の給料を過剰に気にする人がとても少数派でもないでしょう。ほとんどの人は、仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を稼ぐべく精を出すでしょう。だから年収の額は自分の社会的な価値を知る値という見方もできるから、大切と感じるのは当然ともいえます。でも、年収というものに執着しすぎるのも人生を損してしまう気がしませんか?この世には年収にあまり反映されない仕事であってもやりがいを感じられることがゼロではないからです。

    退職|『なるべく早く転職したい!』と考えていて、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら・・

  • 『転職したい!』と思っていて、自身の意志が固いならば辞職したいという旨をすぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜならばこのときに相談という形を取ると、場合によって必ず言いくるめられます。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、スンナリと受理されずに退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞職したいことを最初、直属の上司に相談したのが年度末で、数ヶ月働いて退職出来たのはこの年の11月です。希望ではちょうど年度末を退職のタイミングにしようと考えていたのに、色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。やっぱり職場も、人事的な都合があるのかもしれませんが、さすがに上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、非常になんだか失望しました。

    会社が原因で心的なダメージが増え、会社を変えなければという気持ちになったなら…

  • 仕事のために精神的にかなり厳しくなり、転職せざるを得ない状況に追い込まれたのなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談していくより自身の家族と相談して、退職するか判断しておいた方が良いでしょう。それは、働くことは当事者である自分ではあります。が、しかし身内の問題ともいえます。毎月、どんなに高い給料をもらっていたとしても、メンタル面がダメージを負ってしまうまで働きつづけるのは、好ましい状態とは言えません。近年は、仕事のしやすさを優先したって良いはずです。ですからあまり気にせず、家族や、あなた自らの体を大事にしましょう。

    退職|失業保険の給付については、職探しをしていることを証明しなくてはいけません。

  • 失業保険の給付においては、職を見つけようとしていることが条件になります。だとしても、現実的には「会社に行く必要もなくなったし、とりあえずはのんびりと過ごしたい」というのが現実だと思います。しっかり次の仕事を探しているように見せることができるので教えておきます。月一回のハローワークスタッフとの面談は必須ですが、その場で求人票の閲覧は最低限やっておきましょう。本気になって探す気持ちがないときは、求人票を熱心に閲覧している芝居をして、ハローワークスタッフとの面談の際に、「労働条件のいい仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人が残念なことに今月はゼロ件でした」と相手に報告し、次に期待しましょう。

    今ある自分のスキルや資格を活用しながら再就職する際・・

  • 自身のスキルや資格を活かして就職活動をしていく場合、再就職がしやすい業界と、そのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を理解しておいてください。再就職がむずかしくないジャンルは、人手不足が問題視されている「医療・介護」の分野が代表例といえます。医療・介護は、看護師、介護士の資格が必要で、ハードルの高いジャンルといえます。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて何かしらの事情によって異業種へ転職したいと思っているのなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の業界は、人材の流動性は決して高くはないのです。簡単に考えないことが重要です。再就職を本気で考えるのであれば、「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておきましょう。

    退職|とある古物商のお店で、書類選考をクリアしました。そ…

  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に合格したので、面接の日時について先方から連絡をもらい、ところが、当日、時間通りに指定された場所へ行ってみると、どうしたものか相手が面接準備を一切していないことがわかりました。しばらく待って、所長らしき人が面接担当をしてくれましたが、始めから終わりまで、たいへんにけだるい表情を見せ、グダグダな状態で面接は終わりました。しかしながら、約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、もう待ちきれなくなり、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達でそこでもう一度問い合わせたところどういうことなのか、「残念ですが不採用になりました」、と勝手に電話を切られてしまいました。あまりのことにしばらく絶句してしまったのですが、本当は、不採用でよかったです。

    再就職をする際の面接での身なりは会社側からクールビズで来てくださいと…

  • 再就職をする際の面接で企業側からクールビズ可とと伝えられることもあるようです。しかし、クールビズで赴くのは本当は失礼なのでは?と思ってしまいます。クールビズに関する不安を懐に抱えている人に伝えたいのは、会社側からクールビズで良いとされた面接の際は言われた内容を素直に聞き入れるほうが堅いです。混乱してしまい、夏にびしっとスーツを着込んでいくと逆に不自然です。ですから、クールビズでお越しくださいと言われたらクールビズの格好をおすすめします。

    退職|会社の将来性に不安を感じ、転職サイトを活用して自らの希望条件にマッチし・・

  • あなたがもし転職サイトで自分の希望条件にマッチした将来性のある仕事情報を見ているのなら、有効な手段といえるのが転職エージェントです。必要情報を入力し、エージェントサービスの登録を済まて、その場で紹介してもらえる仕事は、誰でもチェックできる公開求人とは異なります。なにせどう比べても、比べ物にならないほどにかなり質が高いといえます。かつ、あなたの条件にフィットしたものを調査して紹介してくれます。だから、良質な案件をあなたの職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。仮に、同一の求人を見つけたとしても、あなたが一人の力で行き当たりばったりに探していくのと比較すると相当に効率的です。ですから転職を成功させる近道です。

    転職を行うにあたって、むろん仕事のやりがいアップも重要だけ・・

  • 転職先を決めるのに、もちろん仕事のやりがいアップも大事だけど手取りが増えることも大切なポイントですから「年収サイト」というところに登録して今いろいろ研究をしています。全く同一の会社でしかも全く同じ職種、社歴であるのに人によってすごく幅があることも数多くあり、ぶっちゃけた話面接で質問をしたことがあります。面接官も一緒のサイトを見ていたみたいで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人物も誰だろうとだいたいは予想できるのですが、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方の年収だと思ってください」とのことでした。

    自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意が必要です。

  • 趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は要注意です。これは、私が実際に体験したことなのですが、私自身、もともと食べることが好きだったのですが、それが高じて、前に、飲食業界に勤めていたことがあります。そのお店での業務は、その飲食店で担当していた仕事内容は、盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しんでいたのですが、人間関係でとても嫌になりました。そのことが引き金となり、退職する羽目になりましたが、そのせいで、大好きだった食べることやその店で扱われていた食べ物すら苦手になり、よく似た飲食店には現在も行くことができません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、実現できるのは本当に素敵なことですが、ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、真面目に自分と向き合ってから行動するべきです。

    退職|「転職エージェント」は一度登録したあとに、電話やメールで嫌になるぐらい連絡が入ってきます。

  • 転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメール連絡が嫌になるぐらい入ります。このことに対して何も知らずに利用しはじめた人は非常に驚くことが少なくありません。転職エージェントは転職を推進することが仕事だと考えられるので、大変積極的な姿勢でいます。とりわけ大手エージェントは、転職を成功させることによって企業から報酬がもらえるシステムであるといえるので、転職者の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多々あります。さらに、転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定が取れるとすぐに、「入社されてはどうでしょうか?」と説得してくることも多いです。自身の希望や意思を明確にしておき、無理に転職することがないように注意しなければいけません。

    これは兄の友達の話です。始めに新卒採用で死んでも入りたかった…

  • このような話は従兄の友達の話です。就職活動を始めて新卒の際にどうしても入りたかった最終目標であるA社で行われた最終面接で不採用となり、後に嫌々ながら他の会社で働くことになりました。そのあと数年後派遣の求人サイトを閲覧していた時奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人を発見して、じっとしていられなくなってその時働いていた会社をすぐに退職し、A社で派遣勤務を開始、懸命に頑張ってのちに憧れのA社で正社員になることができ、現在は仕事のやりがいを持ちながら明るく仕事をしています。

    もしもあなたが、現職からの転業を決定したのであれ…

  • とらばーゆの決意したのであれば、社内の人にはそれを悟られないように、首尾よく転職活動を進めていき、現職中はあくまで同僚に気づかれないように通常通りに振舞うのが妥当です。その状態でいれば、希望通りに希望する条件に沿う転職先がすんなり見つからなくても、転職時期を延ばしつつ、現職をそのまま続けることも何ら問題がありません。そうではなくて、ついうっかり「転職するつもりでいる」と話してしまうと、会社の人間は、それに合わせて応対します。さらに「辞めるつもりです」と言った場合、周囲からは「あの人は転職する人」と受け止められます。しかし、転職したい思いが冷めて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と心境が変わっても、周りの人間には、「一度は辞めようとした人」という目であなたを見るため、在籍中、立場が悪くなると感じる強いられるかもしれません。

    初めて働いた会社で相性の悪い上司に困惑してしまい、とうと・・

  • 昔働いていた会社でのことですが嫌で反りが合わない上司に悩みを抱え、ついには耐えることができなくなりその会社は辞め、同じ畑の別の会社に移りました。その会社では人間関係で悩むこともなく本当に満足していましたが、ゆっくりと業績が悪くなり、結局はとある会社に経営統合されることになりました。そしてその経営統合先の会社がなんと前に勤務していた会社で、その上感じの悪かった上司が再び私の上司となることになりました。まったく困ったことになりましたが、なんでこんな縁があるのでしょうか。当たり前のことですがまた転職活動を始める予定です。