求人関連の広告には、まともな会社では月の給料が明記されています。

求人関連の情報では、多くの会社では月の給料の記載に目が行きますよね。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、とうぜん多くの職場では月の給料が記載されているはずです。しかしこの月収をチェックする時には、しっかり確認する事が大事です。数字だけ見て判断しないようにしましょう。実は企業によっては、月収のなかに月10時間残業の場合が条件になっているかもしれません。つまり残業代の金額をあえて含めることで好条件であるかのように見せ、人材を募集している所があるからです。そのほか、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている所もあります。ですから、こういったよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は注意が必要と言えるかも知れませんね。

転職をする際は、あらかじめ、ハローワークやインターネット上の求人情報を見たりし・・

転職活動をするいあたっては、はじめに、ウェブ上の求人サイトを閲覧したりして転職したい会社を調査するでしょう。しかし、当該会社が情報を載せる際には、専属の「コンサルタント」が指南していることが多いものです。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠す達人です。仮に公開したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その類の社長の方針や社員の感想については、それを鵜呑みにするのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。もしも額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、こんなはずではなかったとあとで後悔するかもしれません。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、その後は、いろいろとイチャモンをつけていかにして辞めさせないようにするか謀略を練っています。ブラック企業では、この手のことがかなりあります。

退職|今までの求人誌には、性別が明確に書かれていました。

何年か前までの求人情報では、雇用主の希望する「性別」が明記されていました。ところが、男女雇用機会均等法の施行によって、男女の求人・採用差別をしてはいけないルールができて、募集要項の詳細に男女の性別を記載しないようになりました。でも、募集を出す企業側としては、男性・女性どちらでも平等に雇用するとは限りません。現実に、本当は男手を欲しい案件に、女性の応募が殺到したり、逆に女性を希望している案件なのに男性が来てしまったり、でも不採用となる可能性が高くなります。例として、「女性が活躍している仕事場です」なんて書かれている求人募集の場合は、会社側が「女性」を必要としている、と考えたほうがトラブルを回避できます。

仕事を探すために人材バンクに登録をしに足を運びました。

数日前転職の準備をしようと人材紹介会社へと登録に行きました。そのとき登録カウンセリングを行うために現れた担当の方が見たところ入社して間もない新入社員のようで、こちらが説明していることの半分ほども理解できていない様子です。それにもかかわらず「キャリアデザインに問題があります」とか「自分の強みについて知っておくべきです」とか、経験豊富なベテランのように偉そうにのたまうからすごく不愉快でした。カウンセリングをする人はいくらかカウンセリングの経験がある社員にしてほしいと感じます。

退職|就職活動において、年収は非常に重要な要素です。

就職活動において、年収は極めて大切な要素です。面接では、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで年収を本当にもらっている額よりも大きく申告し、多額の年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。源泉徴収票が必要となるため、たとえ一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、遅かれ早かれウソはバレてしまうからです。トラブルの原因になることもあるため、現職での年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが正解です。今の年収が400万円の人が、急に年収500万になるようなことはほとんどありえません。たとえば、現在の年収が430万円であれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが良いです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職せざるを得なくなるおそれもあるので、注意しましょう。

キャリアップしたいと思い割と多くの人材紹介会社に登録していのだ…

転職を考えていた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーの質も本当に様々で大方いまいちだと感じる担当者ばかりでした。こちら側は人生がかかっているのにもっと誠意を込めて臨んでほしいという感情が積もりました。そんなことがあり私はキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格の取得はお金がかかりました。また勉強もとても大変ではありますが、仕事を探している人たちから信頼してもらえるように努力しています。

転職を考えている際に閲覧することになる募集内容に関しては、…

転職を考えている際にマークする募集要項は、通常のものとして書かれている確率もあり得ますので、そこに記載されている情報はすべて正確なことだとは信じない方が良いでしょう。なかでも生活に大きくかかわってくる給与においては平均の金額なのか?最低金額であるのか?一番高い給料なのか?というジャッジができないケースが多く、自分の勝手な判断で判断してしまうと、後になって嫌な思いをすることもあります。したがって、そんな風にならないためにも、募集事項の情報というのは、基準だと思って、そういったようなたいへん肝心な内容は会社の方に直に聞くのが良いです。

転職される人で次までの仕事にある程度期間がある方はできれば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。

転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、ぜひ失業手当をもらうことをおススメします。この手当ては勤めている企業側がもし「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば誰しも失業手当を受け取れます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、勤めている企業の都合や残業時間によっては日数をおかずすぐもらえる場合があります。なお、支給される「失業手当」の額は、会社で最後に働いた月の近々の給料をもとに手当の額を計算するのでもし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

退職|派遣会社に登録した上で働く人が徐々に多くなっています…

派遣会社に登録して仕事をする人が最近では増える傾向にあります。派遣社員として働く予定があるなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に入るのかをできるだけ面接の際に聞いておくべきです。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その見返りとして、手数料を徴収する仕組みです。派遣会社の多くは、派遣される労働者の取り分を曖昧にしています。5割以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらしない派遣業者も多く、気が付くと3割だけしか労働者に還元しないことも多いといえます。面接のときにあいまいな返答しかしない会社は、隠ぺい体質であることが多いので、可能な限り違う派遣会社で登録されることを推奨します。

もしもあなたが将来、転職をするつもりなら、あらかじ…

もしも転職をするなら転職前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。とくに、仕事をしているあいだに資格取得しておくと、転職に有効に使えるので、転職できる企業がグッと増えます。といったわけで、在職期間中に資格取得をするのが最適です。再就職を考えているなら、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、現在の職を辞めた後も躊躇なく次に進められるはずです。また、資格によって転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接時に面接担当者に即戦力として扱われそれまでの職場より待遇アップも期待できるでしょう。

今後、私たちの労働環境において確実に考えなくてもできる労働は…

将来的に、徐々にシンプルな労働は機械で対処されるようになりそして、マンパワーはどう考えても縮小していきます。というのは、シンプルな仕事という観点ではヒト以上に機械で進めたほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。例えば、数を数えたり同じ動作をずっと反復したりすることは機械ならへっちゃらです。もちろん人間とは違って文句も言わない、疲れないし、誤魔化すこともないし、正確に作業してくれますし、それを均一化できます。そして、賃金も発生しないのです。こういった点から、労働力として人を使う理由がまったく無いため、機械に移行していくのも無理もありません。

退職|今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの専門業者もたくさんあります。

今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの専門会社も増えてきました。あなたに特許を出した経験があるなら、ヘッドハンティングの対象になる可能性が高くなります。彼らは、特許を出願した人に限らず、研究開発で論文を世に出した実績のある人や、雑誌で紹介されている人など、「業績」を残した人に狙いをつけ、電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。もしも、あなたがヘッドハンディングのような連絡をもらったとしたら、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。稀にヘッドハンディングだと思わせて、「登録料」を要求しようとする業作がいますが、その手の会社はむろん詐欺といえるので注意しましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を支払う必要はありません。

転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえます。

転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書が必要不可欠です。会社のほとんどは履歴書に加えて職務経歴に記載されている内容を判断材料にして面接するかどうかを決めるため、この2枚の書類の作成が重要といえるでしょう。ただ記入するだけでなく、記載内容の充実を図ることも必要です。「職務経歴書」は、これまで経験してきた職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を書き綴りましょう。さらに、現在の仕事で挙げた実績を、前年比の売上を○パーセントアップを達成した、など明瞭に記してみましょう。作成が難しいと思ったときは、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自己ブランディングのために転職エージェントを利用してみるのも有効な手段だといえます。

退職|近頃はPCやスマホは便利でインターネットで見られる世界に…

最近はパソコンやスマホは便利でネットで見られる世界には要するに「転職サイト」に類するものが無数に存在しているのをご存知でしょうか?サイトを見て自分自身に合った転職先と思えるのを見つけるためには、なんといっても情報を収集することが必要です。このようなサイトをうまく使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職が実現します。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、注意が必要です。使い慣れないうちは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることがポイントとなりますから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しく確かめてみましょう。

退職|長きにわたって接客関係で働いてきましたが、年齢的に立ったままで行なわなければいけない仕・・

長い間接客関係で勤務していたのですが、年のせいか立ち続ける必要のある仕事は体力的にしんどくて、座り仕事であるオフィスワークへお仕事を変えることを目標にして動き始めました。事務の経験がないとなかなか難しくて、そうであれば接客経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと思い資格も合格し個人病院に転職しました。周りはベテランのパートさんばかりで人間関係が苦痛。夜間のシフトばっかり押し付けられて、接客業をしていた頃より帰る時間も遅いわけですが、とりあえずはキャリアを形成する時期と受け入れ頑張ります。

退職|これはシフトがある仕事についての話です。

「シフト制」の仕事についての話なのですが、決まった曜日に仕事できる人を募集する求人をけっこう目にするのですが、もしも応募しようと考えているなら休む手順やシフトの提出方法についてはあらかじめたずねておいた方が良いです。それはなぜかというと、私自身、産休で抜けた人の代理として正社員の仕事についたのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、他の社員は来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った前任の女性が「土日」に必ず出られたので、私もそう思われていたみたいです。「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変更してもらう必要があり、上の人に「代わりに出ていただけませんか?」と私からお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い出すとよく我慢してやってこれたと思います。