古来より日本には”石の上にも3年”という教えがあります。

古来より日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

  • 日本には昔から「石の上にも三年」という諺もありますが、昨今、終身雇用制は死語になりつつあります。「転職」を経験するのが自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。ただ、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、安易に考えるのは厳禁です。実際に転職するつもりなら、タイミングを図る必要があります。まず、今やっている職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について不満を強く感じていることを箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目はメモしてみてください。こうした作業をしておくことによって、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そして、もし将来の進むべき道が見えてきたら、躊躇することなく、今より良い職を手に入れるべく頑張っていきましょう。

  • 転職における採用面接にある会社に行きました。

  • 転職における採用面接に希望先の会社へ赴きました。その会社で会議室が空いていないというわけで社外のある場所で会社の人と待ち合わせて採用面接をし、その場で解散をし、面接を行った方も会社に帰らず直接自宅に向かうとのことでしたが、驚くことに自宅の最寄駅が一緒だったのです。結局は電車の中でも面接を行った人と一緒にお話をしながら帰ることになって、緊張がほぐれて面接しているよりもお話が弾んで、それが奏功したのか何事もないまま採用を勝ちとることができました。

  • 新卒で入社した会社を去り、勇気を出して転職しました。

  • 新卒で入社した会社を退職し、決意を新たに転職しました。実際に行動する前は、人生でもっとも悩み、不安な気持ちになりました。社会人となって数年あとに仕事を辞め、多数の人が転職をしていることを転職活動を通して学び、自然と以前よりも安心することが出来ました。また1度、転職をすると何か、気持ちが楽になった気がして、「自分の好きなこと」を再確認できて楽しくなりました。いまだに「最低でも5年働いた方が良い」という意見もありますが、必ずしも正しいのかなと思いました。私の場合、転職を決断して後悔はありません。

  • 退職|転職活動を行う際に、勤務している会社を辞めてからという人もいます…

  • 新しい仕事を探すのに、まずは今の会社を辞職してからという考えを持っている人もいるようですが、それなら会社がいつボーナスを出すかを考えておきましょう。ボーナスが支給される企業は多いですが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスをもらえる時がもうちょっとならば、ボーナスを手に入れてから辞める意向を伝えるというやり方も賢い方法です。ボーナスだとそこそこ大金なので、絶対もらったほうが良いと分かりますから、辞職する際にはボーナスが支給される時期について確認するのを忘れないようにするのが損をしません。

  • 転職時の面接で着用するスーツのカラーにおいては、新卒の学生が就職活動・・

  • 仕事の面接で必要なスーツのカラーにおいては、新卒の人たちが就職活動の時に準じている色が一般的なルールとなっています。具体的に言うと、紺色や黒色といった感じのような暗めの色になります。それは再就職のケースにおいても、スーツの色合いはこのような暗めのカラーが圧倒的な数を占めていて、そうでない色のビジネススーツの人はあまり見ることはありません。その他の色で言えば、まれにグレーの人がわずかにいるくらいで、全体から見ても黒系や紺系が大多数です。ですから、人事側からしても黒や紺のスーツが違和感なく見えますから、第一印象という観点ではそのようにする方が好ましいわけです。

  • 退職|以前の私は、「転職サイト」よりも「ハローワーク」で探していました。

  • 以前は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に相談していました。なぜなら、有名どころの「転職サイト」は、システム上、都心の求人情報だけだからです。であったため、新しい職場を探す時は、「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、どうしても知名度は低くなりますが、昔から地域に密着した企業も多くあり、都心部以外での転職をするときには重宝します。しかし、「ハローワークは地味なイメージがある」というイメージがある人が多いとは思います。ですが、思いがけず理想の企業もあるかもしれないのでそろそろ退職後にすぐ転職活動したい方は、ハローワークに1度行ってみるのも手です。人気の転職サイトみたいにこれでもかというくらいのお知らせやメールが送られてくることもありません。

  • 転職エージェントと転職サイトを使用して、転職活動すること自体、一般化してきました。

  • 転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。でも、転職についてよりよい結果を得たいのであれば、それと同時に転職フェアを利用するのがいいでしょう。多くの企業が一堂に会し、参加されれば企業の情報に直接触れることができますし、また、説明員等を通じて、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加する場合には、1次面接に臨むつもりで自身を売り込む気持ちで行きましょう。それによりフェアを通して企業側から欲しい人材と思われれば、後日採用面接で非常に有利となります。

  • 退職|転職する場合、相応の準備が必要です。

  • 再就職する場合、相応の準備はしなければなりません。一言で準備といってもたくさんありますが、その中でも目に映る「ファッション」は、気になっても仕方がないと思います。ですが、最近の面接については、形式ばらない服装を許可している企業もあるので、ビジネススーツ(正装)で面接に向かわなくてもいい場合があります。とくに会社の創立して間もない企業などは、お堅いマニュアルもないことが多く、がちがちの服装で行くよりも相手からの印象が良くなります。正装でないので、フランクに会話が出来るのも魅力です。さらに、私服を見せることで面接中に、洋服の話もしやすくなるため、担当者へのアピールにもなります。というワケで、転職活動をするつもりなら、企業の「設立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系などの)面接時には私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

  • 女性が再就職する際、今現在と数年前では若干、違いがあるようです。

  • 女性が再就職するに当たり、近年と一昔前では少なからず、状況が変わりつつあります。以前は面接のなかで、結婚観や出産後の考え方などに関して、一般的なこととして質問されることが多くありましたが、今の社会では、その手の内容は、セクハラと捉えられるのを恐れて、聞くのを避ける企業、が増加傾向にあります。そして、名の知れた大きな会社ほど、タブーとして神経質になっているといいます。けれども、会社側は、YES・NO、の2択ではなく、その女性の考え「結婚後も働きたいのか」出産後の具体的な予定を漠然とは知っておきたいとは思っているはずです。自分自身の人生設計をわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望動機と混ぜながら話すことで相手方にもしっかり伝わり、安心できると思います。というワケで、たとえ、聞かれていない内容でも、こちら側から企業にとっては必要な情報と捉え、話していくことを考えてみてください。

  • 転職した場所では、すぐに「年収」を高望みしないほうが無難です。

  • 新しい職場(転職先)では、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。特に、初年度はほとんどの場合研修期間が含まれることもほとんどで、私の新たな仕事に就いたときは、なんとか手にした職なのに、予想とは裏腹に前の職場での稼ぎと大方同じ額でした。そのうえ、仕事内容は多様で忙しく、かなり責任も重大だったために、最初の一年を乗り切るのに本当に状態でした。そういった経験から、転職1年目は、勉強する年と割り切ってしまい、極力転職するよりも以前から貯金をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

  • 看護師という職の人のそれ以外の仕事に「転職しよう」と思う理由は…

  • 看護師のそれと違う職業に「転職しよう」と思う理由は人によりけりです。考えてみると看護師からの転職するには「職場に関わりたくない人がいる」「結婚することで配偶者のこともあって出産、子育てそのうえに家族の介護など、身近な家庭環境の変化によってこれまでのようには今の仕事を続けられなくなっている」「収入に大きな不満がある」といったような悩みがあるのでしょう。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、転職を決断する前に、「どうして、転職しないとダメなのか?」と思うに至った理由をリラックスしながら再度、現状認識をしてみることも大切です。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考してみて、決断すれば間違いが減らせます。

  • 退職|20代に転職を2回経験し、そして今、資格を取る目…

  • 私は20代で転職を2度行い、現在、資格の勉強をしながら、「派遣社員」として働いています。フルタイムの勤務とは違うのでやはり手取りは安くなりました。以前より心と時間的な余裕ができました。たまに、学生時にいくつか資格を取得し、就職できれば良かったのに、とは思います。やはり、実際に、そういった人を見る度、なんだか羨ましく見えてしまいます。前までの私は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、落ち込む日もありました。今は結婚を経験し、過去と比べ生活そのものが大きく変化し、以前よりもそのなかで将来の進路も定まったので楽しく日々を過ごしています。

  • 退職|派遣社員として勤務しています。

  • 派遣で勤務しています。派遣法とかのからみで残念なことに長くお世話になった就業先での就業を終了しなければなりません。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣の勤務先で正社員の条件をゲットした人もいるのですが採用された理由としては正直なところ仕事の実力というよりは派遣先の上司の扱い方が上手な人で引き立てがあった気配。テクニカルスキルより上司にゴマをするスキルの方が大切なのだろうと選考に漏れた派遣仲間の友人と毎日愚痴を言ってます。

  • 退職|転職に先立ち現在勤めている会社を辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけません…

  • 転職するにあたって、今勤務している会社を退社する時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、もし自己都合で退職届を出して会社を去る、いわゆる自己都合退職の際には失業保険が即座にはでません。手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3か月待たなければ受け取ることができないのです。よく間違って会社を辞めた次の日から3か月経てば給付されると信じている人がいますが、この規則を理解していない人が、本当はもらえるはずだと思い込んでその結果ハローワークのスタッフと口喧嘩をしているのを見たことがあります。なお、自己都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職の場合には、失業が認定されればすぐに失業保険が給付される。

  • 全くの初挑戦となる業界などに転身するときには、自分が以前の・・

  • 初挑戦の業種などに転職する際には、前の職で養われた力や今までやってきたことを生かすことができるというアピールが必要になります。その業種の未経験者は未経験の分だけその業界で勤務したことがある方よりも正直、足りない部分はありますが、自分の持っている能力がその業種でも発揮することができるということを相手に話せれば、戦える場合もあり得ます。ですので、経験が全くないジャンルに挑む場合は、その分野と自分がこれまでやってきた職務とのつながりを可能な限り発見しましょう。

  • 退職|再就職の面接などにおいてもし担当者に名刺を手渡されたら・・

  • 再就職の時の面接などの際に面接担当者が名刺を渡してきた場合、こちら側も名刺を相手に渡すべきか?と悩んだ場合は、たいていの場合は差し出さなくても良いと思っておきましょう。面接とは仕事内のことではなくて、職を得るための採用活動の一環です。ですから普通一般的には名刺を交換する場ではないのです。それに、あなたは会社の人として出向いているのではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。ですので、もし相手から名刺を差し出されても、こちらとしては名刺をもらうだけで大丈夫で、相手にあげることは必ずしもないと思います。