退職|転職の面接で着用するスーツのカラーは、新卒の就活に身に付ける色・・

職を変える時に必要なスーツの色合いに関しては、新卒の就職・・

  • 転職時の面接で着用するビジネススーツの色については、新卒の学生が就職活動の時に身に付けている色味がベストです。ですので、紺系や黒系といった暗めの色、ということになります。それが、再就職の面接においても、ビジネススーツの色味というのはこのような暗めの落ち着いたカラーが多数を占めていて、そうでない色のビジネススーツの人はほぼいません。他のカラーで言えば、ごくたまにグレー系のスーツを着用している方が若干いるくらいです。たいていの場合は黒や紺色が大多数です。ですから、人事の方から見てもそういった色が違和感なく見えますから、見た目の印象という観点ではぜひおすすめします。

  • これまで私は、求人情報は「転職サイト」よりも、いつも「ハローワーク」で探していました。

  • 以前の私は、職探しをするときは「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」で探していました。理由は、ほとんどの転職サイトはやはり都心部にある会社の求人ばかりだからです。これまでの求人を探す時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。求人募集をするいくらか給料や労働条件で差がありますが、昔から地域に根ざした情報が都心部以外での転職をするときには重宝します。「どんな求人があるかわからない」と誤解している人も多いとは思います。思いもよらず、良い求人情報もそれなりに掲載されているため、そろそろ転職を予定しているのなら、参考までにハローワークへ1度行ってみるのも手です。大手転職サイトのように大量の電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

  • 転職エージェントや転職サイトなどを通じて、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

  • 転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動するといった方法は最近人気です。さらに、転職活動の成果をもっと高めたいなら、加えて転職フェアも活用しておくことをお勧めします。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、参加すれば気になっている企業に関する情報を直接得られますし、同時に、説明担当の企業スタッフから、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。もしも、近い将来転職フェアに参加するつもりなら、面接を受けに行く心構えで準備することを怠らないようにしましょう。それが奏功してフェアの期間中に企業側に必要な人材と思わせることができれば、後で面接の本番時に大きなアドバンテージになるでしょう。

  • 転職にあたって然るべき準備は必要です。

  • 再就職する場合、然るべき準備はやらなくてはいけません。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ目に映る「ファッション」は、重要だと感じてしまいます。けれど、ここ最近の、採用面接では私服が良い企業もあるので、スーツでなくては、と考えて面接に臨まなくても良い場合があります。とくに創業して間もない会社などは、柔軟性に富んだところが多く、がちがちの服装で行くよりも相手に良い印象を与えられます。さらに、ざっくばらんに話をしやすいのもメリットといえます。さらに、私服を見せることで面接のなかで、服装の話題に発展しやすいので、うまくいけば担当の人から気に入られる期待もできます。ということから、今から転職にトライするなら「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系の)面接時にはスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

  • 退職|女性の転職に際して、一昔前と今現在とは少し違いがあるようです。

  • 女性が転職する場合、数年前と今日とでは少なからず、変化があるといいます。一昔前は面接のなかで会社側から、既婚者なら出産の予定など、一般的なこととして女性に質問していました。しかし、最近の動向としては、そういった内容はセクハラに該当する恐れがあるとして、質問しない企業が増えています。そしてまた、世間に名の知れた大企業ほど、この手の質問をNG質問として神経を尖らせているようです。けれど実際、会社側は、〇か×ではなく、その女性の考え結婚後も働きたい、「出産後はすぐに復帰するのか」などを漠然とは知っておきたいとは思っているものです。自分の人生設計を理解しておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と並行して言い表すことで、面接担当官にも認識してもらえ、安心できると思うわけです。ということで、たとえ、聞かれてない箇所についても、先にあなた自身から積極的に答えておくとよいでしょう。

  • 退職|転職を考えているのならいきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職しようと思うなら、すぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、はじめの年は大方「研修期間」を含んでいる企業もあります。自らの転職して新たな仕事をした時は、苦労の末新しい職を見つけることができたのに、年収が前職での稼ぎとほぼ同額ということがありました。それに加えて、業務はキツく、かなり責任のある立場で1年目をクリアするのにとても苦労しました。そういった経験を踏まえると、1年目は、仕事を覚える期間と割り切り、できれば転職前からお金をためておき、仕事に没頭した方が良いと思います。

  • 看護師のほかの職に転職を決断するキッカケは、その人それぞれではないでしょうか。

  • 看護師という職の人のほかの仕事に「転職しよう」と思う理由は人それぞれです。看護師の転職には「職場の人間関係にウンザリしている」「結婚がきっかけで自分勝手にできなくなって出産・子育てなど、身近な家庭環境の変化によってこれまでと同じようには仕事が難しい」「今の収入に大きな不満がある」といったような理由が抱えているのかもしれません。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、それでも「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、落ちついて沈着冷静に現在の状況を客観的に見つめ直すことも重要です。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考し、決断してみてください。

  • 私は20代で転職を2度行い、そして現在、複数の資格をとるために・・

  • 20代に転職を2度経験して、そして現在、いくつか資格を取得するため、「派遣社員」で働くことにしました。フルタイム勤務ではないのでどうしても手取りは過去の仕事よりも少ないです。ですが、前よりも心と時間に余裕ができました。たまに、学生時にもっと資格を取得し、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。やはり、実際、そういった人をみると私もこうなりたかったと感じます。これまで私は、成功している人と自分とのギャップに悩んでしまう日もありました。しかし、結婚してから、がらりと生活環境もかなり変わり、前よりもその中で将来の目標も定まったので自ずと生活が充実するようになりました。

  • 派遣で就業しています。労働契約法の関係で残念ながら長くお世話になっ・・

  • 派遣で会社で働いています。派遣法や労働契約法のからみで不本意にもずっと働いていた就業先での就業を終了しなければなりません。同じ派遣である人の中には、派遣で就業している会社で直接雇用の待遇をつかんだ方もいるのですがその理由としては正直に言うと仕事ぶりというよりは派遣先の上司へのあしらい方が得意な方で引き立てがあった模様。仕事を遂行する能力よりもおじさん転がしスキルがいるんだねーと他の派遣の同僚と勤務先でいつも不満をたれています。

  • 退職|転職するにあたり、現在勤めている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが…

  • 転職するにあたって、今働いている会社を辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、もしも自らの希望によって退職届を提出して会社を去る、いわゆる「依願退職」のケースでは直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きをした後に失業が確認されてから3ヶ月経たないと受け取れないのです。よく間違って会社を辞めた次の日から3か月経過すれば給付されると思っている人がいますが、この規則を理解していない人が、ハローワーク側にミスがあると言い張ってそれが原因となりハローワークのスタッフと口論になっているのを見たことがあります。因みに退職者の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けて即座に失業保険をもらえます。

  • 初挑戦の分野などに転業したいと考えている場合には、自分の前の仕事・・

  • 経験したことがない業界などに転身したい場合には、自分が以前の職場で身についた腕前やこれまで経験したことを発揮できるという自己アピールがいるようになります。その業界に勤務したことがない人はそれだけそのジャンルで働いたことがある人よりも損にはなりますが、自分が保持している力がその業界においても十分に生きるということをうまく相手に話すことができれば、戦うことができる場合も多くあります。それゆえ、経験したことがない分野にチャレンジする際には、その業界と自分がこれまでやってきた職務との関連を可能な限り見つけ出してみましょう。

  • 転職における面接などに関して名刺を手渡してきた場…

  • 転職の面接などの場面でもし担当者に名刺を渡された場合、あなたも同様に名刺を差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と悩んだときは、普通一般的には差し出さなくても良いと頭に入れておいてください。転職のための面接は仕事の延長上のことではなくて、採用活動の一部です。ですから普通一般的には名刺をやりとりする時とは異なります。また、あなたは会社の者としてその場にいるのではなく、あなたのことでそこにいるわけです。そういった訳で、もしも相手から名刺を差し出されても、あなたのほうは、ただ受け取るだけで大丈夫で、担当者に相手にあげる責任は少しもないと思われます。

  • 求人情報にはまともな職場では月の給料が記載されているはずです。

  • 求人関連の情報では、とうぜん大部分の職場では月にもらえるお金が記載されているはずです。この月収の部分を頭に入れる時には、深く確認する事が大事です。その多い少ないだけでわかってしまってはいけません。そのわけは案件によっては、月収の額の内訳に「毎月30時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。そういうことは残業代をトータルすることで金額が高く見えるようにしているケースも少なくないのです。このほか、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている可能性も考えられます。だから、そういった応募者を増やそうとする会社にはスルーしておくのが無難といえます。

  • 転職をする場合、始める前に、ネット上の求人サイトを閲覧したり…

  • 転職活動を始めるとき、予め、求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たりして関心のある会社を調査するでしょう。とはいっても、当該会社がその会社が情報を世間に出す際には、コンサルタントから指導を受けていることが少なくありません。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠す達人です。仮に公開する場合でも差しさわりのない表現をします。その種の会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、それをすべて事実だと捉えるのではなく、半信半疑で受け止めておいた方が良いでしょう。もしも心地よいフレーズを鵜呑みにしてしまったら、期待していたことと全く違うとあとになってから後悔しかねません。悪徳会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は難癖をつけて、会社を辞めれないように策を練ってきます。そういった「ブラック企業」の求人には警戒しておきましょう。

  • 数年前は求人情報には、募集要項の中に「性別」について・・

  • 今までは求人情報では、性別がしっかりと記載されていました。ですが現在では、「男女雇用機会均等法」ができたことによって、採用において、男女の差別があってはいけない事が決まり、募集要項に「性別」が記載されなくなりました。そういった変化があるものの、求人募集をしている企業は、性別に関係なく平等に雇用の機会を与えてくれるとは限らないのです。ですから、男手が必要なのに、女性が募集にやってきたり、逆に女手が欲しいのに、男性が応募してきたり、といった感じのトラブルが多々発生しています。たとえば、「女性が活躍している職場です」といった内容の案件は、会社側が「女性」を必要としている、と捉えておいたほうが良いといえます。

  • 退職|一昨日新しい仕事を見つけるために人材紹介会社へ登録に行きました。

  • 一昨日転職先を見つけるために人材紹介会社へと登録に出向きました。そのとき登録カウンセリングを行うために現れた担当者が見た感じ会社に入って間もない社員のようで、私の説明の5割もわかっていないようでした。それなのに「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを明確化しておくことが大切です」等、専門家のように横柄にしゃべるからとても不快な気分になりました。カウンセリングを担当する人は多少はカウンセリングのスキルがある社員にしてほしいと感じます。