退職|派遣会社に登録して仕事をしている人が規制緩和以来、増えています。

直接雇用ではなく派遣という形態で働く人が最近では増加する傾向にあります。

派遣社員として仕事をする人が現在増える傾向にあります。もし、あなたが派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、トータルのお金(または比率)、自分に入るのかをなるたけ面接の際に聞いておいた方がいいでしょう。派遣業は、労働力を必要とする会社に人材を派遣し、その見返りとして、手数料を徴収するシステムです。実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が大半です。5割以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、中には開示すらしない派遣会社も多く、気が付くと2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにする場合も多くあります。面接時に、まじめに回答に答えてくれない派遣業者は、不都合な点を隠す傾向が強いので、可能であれば別の派遣会社を利用されることをオススメします。

もしも転職を予定しているのなら、あらかじめ資格を取得することで有利に事が運びます。

もし将来、転職をするつもりなら、あらかじめ資格を取るとステップアップします。また、仕事を続けているうちに、資格を取るのがおすすめです。転職には有効活用することができますから、次の仕事も見つけやすくなります。であるため、資格取得するなら、在職中であり、かつ転職活動前の段階がもっとも良いタイミングといえます。もしあなたが将来のために、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、現在の職を辞めた後も躊躇なく次に進められるはずです。そればかりでなく、資格を保有することで転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接時に担当者に「即戦力」な人材として認められ、それまでの職場より待遇アップも期待できるでしょう。

今後、私たちの労働環境において簡単な仕事は機械に置き換わって…

将来的に、私たちの労働環境においてみるみるうちに思考を必要としない仕事は機械化によって結果、そういう仕事をする稼働人口はどうしても減っていきます。その理由は、単純労働に関しては人間より機械のほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。例えば、数量をカウントしたり、同一の作業をずっと繰り返したりすることは機械なら何の苦もないのです。もちろん人と違って文句も言わず、疲れることがありません。また、横着をすることもないし、早いし均一だし、加えて、報酬を渡さなくてもいいのがメリットといえます。このような観点から労働力として生身の人間を使う意味が無いことが明白で、機械化されるのは無理もありません。

最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほか…

近年はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティング会社も増えてきました。もしもあなたが特許を出したことがあるなら、連絡を受ける可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人に加えて、「研究開発論文」を発表した人や、テレビ・雑誌などの「マスコミ」に出演した人など、何かで有名になったことのある人を対象に、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。もしもあなたが、ヘッドハンティングの匂いがする連絡があった場合は、そのキッカケを考えてみましょう。めったにないことですが、ヘッドハンディングだと思わせて、登録料を要求してくる業者もありますが、その手の輩は明らかに詐欺といえるので注意しておきましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者が払う必要などありません。

転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が大切です。

転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書を準備することが必須となります。企業のほとんどは履歴書や職務経歴書の記載内容を元に面接するかどうかを決めるため、どうあってもこの2枚の書類の作成が大切になってきます。ただ必要事項を埋めることにとどまらず、内容が充実していることも大切です。「職務経歴書」は、今まで経験してきた職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を書き出します。また、現在の仕事で挙げた実績を、例をあげれば売上を前年比○パーセントアップさせた、などわかりやすく記載しましょう。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、文章をチェックしてもらったりして自分にプラスになるように活用をはかることも転職を成就するための選択肢として考えておきましょう。

退職|この頃はスマートフォンを使えばインターネット上に…

PCは便利でインターネットで見られる世界にはいわゆる「転職に関するサイト」と呼ばれるものが無数に点在しています。その多くのサイトから自分が求めている転職先と思えるのを探すためにも、とりあえず情報を収集することをする必要があります。このような「転職サイト」をきっちり使いこなすことで、よりスムーズな転職が実現します。更新頻度が高く、さらには客観的なデータもしっかり掲載される「転職サイト」もありますが、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、注意が必要です。とりあえずは、信用できるサイトかどうかを同ジャンルのサイトと比較しながら確かめてみてください。

長く接客業で勤め続けてきたのですが、年齢を重ねると共…

長く接客関係でお勤めしてきましたが、歳をとると共に立って行う仕事は体力的に耐えられず、座って仕事ができる事務系のお仕事へ転職することを目指して行動にうつりました。事務の経験がないとなるとけっこう厳しくて、だから接客の要素もある受付兼医療事務を目指そうと思い資格を取得して個人医院に転職をしました。周りはベテランの先輩パートさんだらけで人間関係も複雑。夜間のシフトばかりさせられ、接客業で働いていた頃よりも帰宅も遅いわけですが、とりあえずはキャリアを形成する時と諦めて頑張ります。

「シフト制」の仕事についての話です。

シフトがある仕事についての話です。毎週、決まった曜日に働ける人を募集する求人をよく見るのですが、もし、応募しようと思っているなら休み方やシフトの提出方法を前もってチェックしておくべきです。それはどうしてかというと、過去に私は出産のため休む人の代わりにと正社員の仕事についたのですが、私のシフトがそこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は現場に出ないといった状況でした。産休に入った前任の方が土日は必ず出勤できる人だったので、私も出勤できると思われていたようです。なので「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフト変更を前もって伝える必要があり、同じ部署の先輩たちに「日曜日に休みたいのです」と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い返すと腹が立ってきます。

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年経っ…

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年経ったら自分の好きなタイミングで退職できるものではないと実際に転職で気付かされました。私は新婚した後、生活に慣れたら早く子供がほしかったので、子供ができるまでと思い数年ほど今までの仕事出来たらいいなと思い、就職しました。派遣社員であるために、正社員より給料は少なかったですが、仕方なく家庭の時間が得られるのでガマンしました。ところが、入社したあと、一緒に働く人たちの大多数のスタッフが派遣社員として10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。結論として派遣社員だからといって、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

退職|もしもあなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形で・・

あなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」など、大都会から地方へと移り住んだうえで再就職してみたいと興味を持つ人が増える中、実行に移している人もたくさんいます。ネット社会の今では転職サイトの地域指定をするだけで、国内のどの地域の求人もいつでもアクセスできます。けれども、郊外や地方での求人情報は、大都会ような選択肢がないのが正直なところです。といった性質上の問題があるので、求人情報サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。その地方の自治体や商工会議所のサイトもマメにチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する転職サポートの情報も確認しておくとよいでしょう。

転職というものを考える際、そこでの給与について気にしすぎる人が…

転職しようと考えたとき、転職先となる職場における自身の給与を過剰に気にする人がとても多いように思います。多くの人は仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給与として得るべく励んでいるはずです。自身の社会的な価値を知る値という見方もできますから、大切なものとして扱うのは至極当然です。しかし、愚かにも年収に気にかけすぎるのも寂しい気がします。年収にあまり反映されない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性があるからです。

『転職したい!』と思っていて、自分の意志が強いのであれば、…

『転職をしたい!』と考えていて、自分の意志が固いならば退職したいという旨をすぐに上司に言うべきです。このときに相談といった形で話を持ちかけると、状況によって必ず言いくるめられます。また、実際に私もそういった経験があり、手を変え人を変え、退職するまでに半年くらい掛かりました。退職する旨をはじめ、直属の上司に相談したのが年度末だったのに、いろいろあって数ヶ月延びて退職届けを出せたのは同年の11月です。本音を言うと、仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。職場サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かないまま、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、非常になんだか失望しました。

働く中で心的につらくなり、会社を変えなければという気持ちになったな・・

働くことによって回復が難しいほど精神的にとても苦しくなってしまい、職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そんな時は、職場の人と相談していくより自分の家族と話し合い、退職するかどうかを決めたほうがいいです。それは、働くということは当事者であるあなた自身のためでもあります。が、しかし身内の問題でもあります。どんなに給料が良くても精神がボロボロになるまで我慢しながら無理して仕事をするのは良いとは思えません。今の時代は金銭的なことよりも、働きやすいことを優先する生き方も段々と増えていっています。ですからあまり気にせず、あなたの身内、あなた自らの心身の健康を考えていきましょう。

退職|実際に失業保険を給付してもらうためには、職探しをしていることを証明しなくてはいけません。

実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を探していることを証明しなくてはいけません。そうだとしても、実際は「今まで一生懸命働いてきたので、少しの間でも仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが本音でしょう。ということで、心から就業先を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。月に一度ハローワークに行くのは必須ですが、「求人票」を確認することを少なくともやっておきましょう。本気で探す気力がないときは、求人票を熱心に閲覧している芝居をして、ハローワークスタッフとの面談時、「労働条件のいい仕事や資格を生かせる仕事や、希望する求人が残念ながら見当たりませんでした」と相手に伝え、次の機会まで待つという方法もあります。

今ある自分のスキルや資格を活用しながら転職活動する場・・

自分のスキルを武器に再就職を考える場合に、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種と比較的、再就職が難しい業界がある事を前もって理解しておきましょう。再就職がむずかしくないジャンルは、慢性的な人手不足に陥ってる「医療・介護」が、とても有名ですね。医療・介護の分野では看護師および介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが高く、売り手市場となっています。今、医療や介護の現場で働いている人が、理由あって異業種に再就職しようと思う場合は、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外のスタッフの流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。ですから、容易に考えない事が必要です。異業種への再就職をされるのであれば、他の業種では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと覚悟しておいたほうがよさそうです。

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考に合格しました。2、3日し・・

とある古物商の求人に応募し、書類審査に合格したので、相手方から、面接日時を教えてもらいました。けれども、当日、指定された場所へ行ってみると、手違いがあったのか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。責任者らしき人が面接に応じてくれたものの、終始だらしのない態度で迎えられ、面接が終了しました。予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、気になったので、こちらから問い合わせると「結果は郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待ちましたが、私の手に届くことはありませんでした。そんなわけでふたたび、連絡をしたところ、驚くことに、「残念ですが不採用です」、とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまいました。私は呆れすぎて言葉も出ませんでしたが、ハッキリ言って、不採用で良かったと思っています。