退職|女性の転職において、セクハラが社会的に問題になる前と現在と・・

女性が転職するに当たって、セクハラが社会的に問題になる前と今日とでは…

女性が転職する時、セクハラが社会的に問題になる前と今現在とでは多少の変化が見受けられます。前は面接の場で、結婚観や結婚後の仕事などのことに関して、当たり前のように女性に質問していたのですが、現在の流れとしては、こういった内容は、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、質問しない企業が増えています。そしてまた、名の知れた大企業ほど、この手の質問をNG質問として扱われています。が、会社側は、はい・いいえ、だけでなく、その女性の価値観結婚後も働きたい、「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、知っておきたいと思っているはずです。自身の人生設計を伝えるためにも、志望の動機や自己PRと混ぜながら話すことで面接官にもしっかり伝わり、また、疑問も解消できると考えます。というワケで、質問されていない部分も、あなた自身から気遣いながら答えておくのが良いです。

新しい就業先ではすぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。

新しい転職先で、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。中でも、入社したはじめの年は、おおむね試用期間が含まれているというのがほとんどで、自身の転職したときは、どうにかして手にした仕事なのに、予想とは裏腹に年収が前職での稼ぎとあまり同額ということがありました。また、業務内容はきついうえに、かなり責任のあるもので、1年目は、本当に状態でした。そのような実体験から転職1年目は、勉強に充てる年と捉えておき、できる限り転職するよりも前から貯蓄をして備えておくべき、と痛感します。

看護師でありながら違う職業に転職する原因はその人によって違うはずです。

ほかの仕事に転職に至る原因は、人それぞれ。色々な事情があるはずです。看護師を辞めての転職するには「職場環境に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚で家事のことがいろいろとあって出産おまけに親の介護など、身近な家庭環境の変化によって今までのようには働き方ができなくなった」「収入に大きな不満を感じている」といったような悩みが考えられますね。環境を変えたい気持ちは分かりますが、実際に転職される前に「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と思うに至った理由をリラックスしながら現状を客観視することもやっておきましょう。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断されることを強くお勧めします。

これまで20代前半までに転職を数回で、今現在は資格取得のた・・

20代までに転職2回で、そして現在、いくつか資格を取得するため、派遣社員で働いています。常勤の勤務を選択しなかったのでやはり毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。ですがその分、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれました。たまに、学生のときにいくつか資格を取得し、仕事をできる人はとても少ないです。資格を活かして働いている方に会うと私もああなりたかったと感じたりもします。前は、自分と他人をどうしても比べてしまい、悩みだったのですが、しかし今は、結婚をキッカケに過去と比べ生活そのものが大きく変化し、以前よりもその中で将来の目標も定まったので楽しく日々を過ごしています。

派遣社員として働いています。派遣法や労働契約法の関・・

派遣社員として働いています。派遣法とか労働契約法のからみで長く務めてきた勤め先での仕事を終了しなければなりません。同じ派遣の方の中には、派遣先の企業から直接雇用の条件をゲットした人もいるのですが採用された理由としては実際のところ仕事の腕がよいというよりは派遣先の上司の扱いが得意な人で引き立てがあった気配。仕事のスキルよりもおじさん転がしの能力の方が大事なんじゃないのと抜擢されなかった派遣仲間達と愚痴る毎日です。

転職に先立ち今勤務している会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが・・

転職するにあたって、今務めている会社を辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、自分から退職届を出して退職する、いわゆる自己都合退職のケースでは即座に失業保険を受け取れるわけではなく手続きをしてから、失業したことを認められてから3か月経ってやっと受け取れるのです。ですので、会社を辞めたその翌日から3か月経過すればもらえると誤解している人がいますが、この規則について誤解している人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると思い込んでそれが原因となりハローワークの職員さんと口論になっているのを見たことがあります。ちなみに、自分側の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のケースでは、失業認定を受けて即、失業保険が給付されます。

退職|全く経験のない業界などに転業したいと考えている場合には・・

全く経験したことがない業界などに転職したい場合には、前の職で身についた能力や今までの経験を発揮することができるという内容の訴えがいるようになります。働いたことのない業種の場合、未経験の分だけその分野で今まで働いてきた人たちよりも正直、不利になりますけど、自分自身の持っている能力がその業界でも生きるということをうまく話せれば、戦える場合も考えられます。それゆえ、経験したことがない分野に挑む際には、その業種とこれまで自分が働いてきた仕事との関係性を可能な限り見つけ出しましょう。

退職|転職の時の面接などの際に担当者に名刺を渡された場合、…

転職での面接などの時に面接担当者が名刺を差し出してきたら、こちらも名刺を相手に渡すべきか?と悩んだ場合は、一般的には渡す必要はないと思っておきましょう。面接においては仕事の延長ではなく、職に就くための採用活動内のことです。ですから一般的に名刺をやりとりする時間ではありません。それに加えて、あなたは立場上会社の者として出向いているのではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。そういった訳で、もし相手の方から名刺を渡された時でも、こちらとしては、ただもらうだけで大丈夫で、担当者に相手の方にあげる必要性は少しもないと思います。

求人関連の情報を見てみると、とうぜん多くの会社では月の収入が明記されています。

求人広告には、とうぜん月の給料等が記載されています。ただしこの月収を確認する時には、注意して確認する事が欠かせないです。値だけでわかってしまってはいけません。実はひょっとすると、月収の内訳で「毎月20時間分の残業」が含まれているかもしれません。残業代を入れて良い案件に見せて、人材を募集している所があるからです。さらに「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている可能性が考えられたりします。そういうわけで、そういった「不誠実」極まりない案件は、注意が必要と言えるかも知れませんね。

転職をするにあたっては最初に、求人雑誌を閲覧したり…

転職活動を行うとき、始める前に、求人雑誌を閲覧したりして関心のある会社を調べるはずです。とはいっても、当該会社が情報を載せるにあたっては、コンサルタントが主導している場合が少なくありません。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠すプロでもあります。たとえ公開する場合でも遠回しな表現に徹します。そういった社員の声や社長のインタビューについては、馬鹿正直に信じるのではなく、半信半疑で聞いている方がいいです。仮に鵜呑みにして入社した場合、予想とは全く違うとあとでガッカリすることになりかねません。なお、会社側はいかにそのように素直な人間を入社させ、その後は、言いがかりをつけながら会社を辞めれないように仕向けてきます。この手のことは、いわゆるブラック企業に多いです。

数年前は求人誌に「性別」が記載されているのが普通でした。

今までは求人情報に「性別」が明記されていました。けれども「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、男女差別が雇用の際にしてはならないルールができて、応募条件の中身に男女の文字を見ることはなくなりました。そういった時代になったのですが、募集情報を出す側は、性別に関係なく平等に雇用の機会を与えてくれるとは限らないのです。実際、男性が欲しい案件に、女性が募集にやってきたり、女性希望の会社に男性がエントリーしてきたり、というような問題に遭遇する可能性があります。例として、「女性が活躍している仕事場です」の記載がある場合、雇用主が働き手は女性を必要としている、と解釈しておいた方が良いです。

3日ほど前新しい仕事先を探すために人材会社へと登録に行きました。

先日新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へ登録に行きました。そこで登録カウンセリングのために現れた担当者が見た感じ会社に入って間もない社員のようで、私の説明の3割も彼はわかってはいない様子です。そのうえ「キャリアデザインが甘いですね」とか「もっと自分の強みを明確化しいていくべきです」とか、私のことをすべて理解しているかのように横柄に言うからとてもイライラしました。カウンセリング担当者は多少は仕事の経験がある人にしてほしいと思います。

就職活動において、カギになるのは年収です。

就職活動において、年収は大変重要なポイントです。面接時には、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を獲得しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要となり、一度は信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の年収を正確に相手に伝え、それに釣り合う希望年収を設定することです。なお、現在の年収が300万円の人が転職後すぐに500万円となる見込みはほとんどありえません。現在が430万円の年収であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくとよいでしょう。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、せっかく入社した会社を退職せざるを得なくなるおそれもあるので注意が必要です。

かつて何個かの人材紹介会社に登録していのだが、その際に特に思ったのは…

昔はかなり何社かの人材紹介会社に登録していのだが、その時に特に感じたのは転職アドバイザーのレベルも色々で大方満足できない感じる方ばっかりでした。私にとっては、とても大切なことことだからもっと真剣に臨んでほしいという願いがこみあげていてその事がきっかけで自分自身がキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。キャリアカウンセラーの資格取得は支出が増えたし資格取得のための勉強面においてもとても大変でしたが、求職中の方から信頼される存在になるために努力しています。

再就職を考えている時に閲覧することになる求人情報というの・・

再就職を考えている際に目を光らせる仕事の情報というのは、一般的なものとして載せている確率があります。なので、書かれている内容は100%正しいものだと信じるのはやめておいたほうが好ましいと言えます。その中でもとりわけ給与の額などにおいては、社員を平均した値なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高の給料であるのか?という見解ができないケースが多く、自らの勝手な判断で決め込んでしまうと、後から後悔する確率もあります。という事で、そんな風にならないためにも、求人というのは、参考程度に考えて、そういったたいへん重要なことは会社の方に直接確かめてみた方がよろしいです。

転職活動を始める際に次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合…

近いうちに転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、できれば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。この手当てはあなたが働いている企業側がきちんと「雇用保険」を支払っていた場合は、申請をすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、働いている会社都合の退職だったり、残業時間次第でただちにもらえる場合もあります。このときの、受け取れる「失業手当」の額は、最後に働いた月の近々の給料をもとに失業手当の支給する額を算出されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。