退職|転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書が必要不可欠です。

転職活動を行うときには「履歴書」「職務経歴書」が必需品です。

  • 転職活動では、履歴書と職務経歴書が必須だと考えられています。会社のほとんどは履歴書だけでなく職務経歴書に記載されている内容を考慮した上で面接するかどうかを決めるため、まず第一にこの2枚の作成は抜かり無くしておきましょう。単に穴を埋めるだけにとどまらす、内容が充実していることも大事です。「職務経歴書」は、今まで行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり書いておきましょう。また、現在の仕事で挙げた実績を、例をあげれば部門の残業時間を何%減らしました、など分かるように書いておきましょう。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、文章をチェックしてもらったりして自分の価値が高まるように、転職エージェントを利用してみるのも転職を成功させるための良い結果を導きやすくなります。

  • 退職|世の中は変化していてインターネットで見られる世界に…

  • 近頃はスマホを使えばわかるけどネットの世界では、いわゆる「転職に関するサイト」と呼ばれるものが相当な数存在します。サイトから自身が欲している転職先と思えるのを探すためにも、何よりも情報を集めることをしましょう。このような転職サイトをうまく使いこなすことで、よりスムーズな転職が叶えられるはずです。更新頻度が高く、さらには客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、それとは対称的なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。利用して間もない頃は、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながら確かめてみましょう。

  • 長期間接客業で勤めてきましたが、歳をとるにつれ立ったままで行なわなければいけない仕事・・

  • 長年にわたって接客業で仕事をしていたのですが、年のせいか立った仕事は体力的にしんどいため、オフィスワークへ転職することを頭に入れて活動しました。事務未経験だとけっこう難しく、接客経験も活かすことができる受付兼医療事務をしようと思い資格も獲得し個人の病院に転職しました。ベテランのパートさんばかりに囲まれて人間関係を築くのに手間がかかる。夜間のシフトばかり押し付けられて、接客業をしていた時より帰る時間も遅いのですが、今はキャリアを形成する時だと諦めて頑張ります。

  • 退職|シフトの勤務形態がある仕事についての話です。

  • これはシフトの仕事についてです。毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集している求人をよく見るのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法、休む方法については、面接時にたずねておいた方が良いです。それはどうしてかというと、以前わたしは産休で抜けた人の代役として、正社員の仕事をはじめたのですが、「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。産休に入った人が「土曜、日曜」にかならず出られる人だったので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。「土日」に休まざるを得なくなると、シフトを変更してもらう必要があり、上の人に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い返してみると本当によく我慢したなと思います。

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年ごと・・

  • 派遣社員になっても契約期間を迎えたら自分の好きなタイミングで退職できるものではないと転職したことで感じました。私は、結婚生活が落ちついたら、早く子供を持ちたかったので、妊娠する時が訪れるまでのあいだ、1年半~2年ほど今の職場で継続で仕事したかったので就職しました。その為、正社員より収入は少なかったですが、ですが「時間にが融通が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。でも、入社したあと、一緒に働く人たちの大多数のスタッフが派遣の仕事を10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。たとえ派遣社員だからといって、すぐに辞められる雰囲気もないと知り、困ってしまいました。

  • もしあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」におい…

  • もしあなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」といった具合に、都市部から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と希望する人、実践する人が増えています。ここ最近は求人情報サイトの地域指定をするだけで、郊外・地方での求人情報にも手軽にアクセスできるようになりました。地方や郊外での求人の場合、募集してる企業や会社の数自体が少ないのがデメリットといえます。ですから、求人情報サイトを使用するのは当たり前ですが、求人情報サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもこまめに確認してみてください。「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する転職サポート系のイベントについても見ておくと、良い出会いが期待できます。

  • 転職をする場合、転職先となる職場における年収ばかりに気を取られる…

  • 転職というものをする場合、転職後の自分の年収ばかりを気にする人は、案外多くいます。とうぜん大半の人は、仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費を給与として得るべく仕事を選択すると思います。だから年収は自分がどのくらい評価してもらえるか、という側面もあるから、大切なものとして扱うのは当然なのですが、しかし、ひどく年収の額ばかりを気にかけすぎる生き方というのもさみしいものです。それより年収が期待できない業種でったも精神的な充実を得られることが少なくないからです。

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら・・

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、辞めたいという旨を即、上司に伝えておきましょう。しかし、相談という形で話せば上司に言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、話がこじれて結果的に、退職するまでに半年くらい掛かりました。退職することを当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、結果的にはなぜか退職が認められたのは同年の11月です。本当は、仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、思うようにはいきませんでした。企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの希望を聞かずに、上司を含め組織として予定を引き伸ばしてきたので、かなり職場に対して失望しました。

  • 仕事のために精神的なダメージが蓄積されてしまい、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したなら、…

  • 働く中で精神的にとても苦しくなってしまい、転職せざるを得ない状況に至ったなら、そのときは、相談するのは職場の人にするよりも身内などの近しい存在の人に話を聞いてもらい会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。それは、働くことは自らのためでもありますがしかし。家族の問題ともいえます。どんなに高い給料をもらっていたからといって、心的ダメージを負ってしまうほど、我慢しながら延々と仕事をするのは健全とはいえません。現在では、物質的な豊かさよりも、仕事のしやすさを大事にする生き方も認知されつつあります。ですから、身内や、あなたの心身をいたわりましょう。

  • きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、客観的な意味で、職を探している姿勢を見せる必要があります。

  • 失業保険を毎月、給付してもらうには、客観的な意味で、仕事を探している姿勢を見せる必要があります。としても、「会社に行かなくてもいいし、しばらくはゆっくりしたい」と思う人も少なくはないはずです。というワケで、本当に職を探しているように見せかける方法があるので紹介します。毎月ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは必須ですが、そこで、「求人票」をチェックすることを少なくともやっておきましょう。まじめに探す気力がないときは、求人票を真剣に見ているフリをして、ハローワークスタッフとの面談時、「続けられそうな仕事が意に反して見当たりませんでした」と相手に言い、次に期待しましょう。

  • 退職|今の自分のスキルを武器に転職したいと思っているなら…

  • 今の自分のスキルをふまえて転職を検討しているなら、比較的、転職しやすい業種としづらい業種を事前に知っておきましょう。再就職しやすい業界は、人手不足が問題視されている「医療・介護」がその最たる例です。医療や介護の業種では看護師および介護士の資格が必要で、ハードルが高めの業種ともいえます。今現在、医療従事者として働いている人が、様々な理由により、異業種に再就職する事を考える場合、すぐに決断してしまわないほうが良いです。他の業界では人材の流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。したがって、容易に考えないことが重要です。転職をされるのであれば、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界ほど売り手市場とはいかないので覚悟しておいたほうがよさそうです。

  • とある古物商にて、書類選考をクリアしました。2、3日し…

  • とある古物商の求人に応募したところ、書類選考に受かりました。その後相手方から、面接日時を教えてもらいました。当日、時間通りに行ってみると、相手が面接準備を全くしていないことがわかりました。ようやく、責任者らしき人が面接担当をしてくれたのですが、始めから終わりまで、やる気のなさそうな態度を見せて、面接が終了しました。しかしながら、予定日を過ぎても結果連絡がまったくなく、しびれを切らし、自ら問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と言われました。心待ちにしていたのですが、届くことはありませんでした。仕方なくまた連絡をしたところ、どういったわけか、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とすぐに電話を切られてしまいました。しばらく絶句してしまったのですが、素直に、不採用で良かったと感じています。

  • 職を変える際の面接についてですが企業側からクールビズでお越しくださ…

  • 転職時の面接に関してですが企業側からクールビズでもOKとと記載されているケースもあるようです。しかし、なかには、クールビズの格好で面接するのは実際は失礼に当たるのでは?と思いがちです。そういうことで悩みを背負いこんでいる方々にアドバイスしておきたいのは、企業側からクールビズでも大丈夫だと言われている面接は書かれていることをそのまま実行したほうが安心です。疑心暗鬼になり、夏の真っ盛りの時期にしっかりとスーツを着用すると相手に逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、企業側からクールビズ可と書かれていたらクールビズでも大丈夫というわけです。

  • あなたがもし転職サイトを利用して自身の希望条件に合…

  • あなたが今現在、「転職サイト」を活用して自身の希望条件にマッチした将来性のある仕事情報を調べているのなら、転職エージェントはおすすめです。登録は簡単です。エージェントサービスの登録のあとそこで紹介してもらえる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることが可能な公開求人とは違ってどう比べても、比較対象にならないほどたいへん良質といえます。また、あなたの希望にに合ったものを調べたうえで、紹介してくれます。ですから、あなたの希望の紹介してもらえたりします。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、あなたが一人の力で手当たり次第に探すのと比べれば非常に効率的です。そのうえ試してみる価値は大いにあります。

  • 転職ならば、言うまでもなくやりがいのある仕事をすることも重要だけど…

  • 転職なら、言うまでもなくやりがいのある仕事か考えることも重要だけどさらに年収が増えることも大切なポイントなので「年収比較サイト」に登録して前もって研究しています。同じ会社でしかも全く一緒の職種、社歴であるのに人によってかなりの違いがあることも多くあって、ぶっちゃけ面接で質問をしたことがあります。面接をした人も一緒のサイトをよく見ていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた人間について誰であるのかだいたいは見通しはついているんですけどね、おそらく見栄をはっているのでしょう。低い方の収入だと思ってください」とのことでした。

  • 自分自身の好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている方は注意した方が良いです。

  • 自分の得意なことや大好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は要注意です。私が実際に体験したことなのですが、私の場合、もともと食べることが本当に大好きでそれが理由で、前に、料理店で働いていた時期があります。そのレストランでの業務は、そのレストランで任されていた業務内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容については、嫌なこともなく楽しんで仕事ができていました。ですが、人間関係のいざこざですごく嫌になってしまいました。そのことが引き金となり、仕事をやめる羽目になりましたが、それと同時に、あんなに大好きだった食べること、またそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物さえも嫌になってしまい、類似の飲食店には避けるようになりました。当時の店の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事に就いたばかりの頃は、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分自身の好き、を仕事にしたいと思い、実現させることは素敵だとは思います。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、もう一度見直す必要があります。