派遣として勤務しています。派遣法の関連で否応なく、ずっと働いていた…

派遣として勤務しています。労働契約法の関係で残念です…

派遣で勤務しています。労働契約法のおかげでやむを得ず、長期間務めていた派遣先の会社でのお仕事を終わらせなければなりません。同じ派遣である方の中には、派遣先の会社で正規社員の地位をつかみ取った方もいるのですがその理由としてはぶっちゃけると仕事がどうというのではなく派遣先の上司へのごますりが上手な方で引き立てがあった気配。仕事のスキルよりもおじさんにゴマをするスキルの方が大切なんだねーと抜擢されなかった他の派遣のメンバーと派遣先の会社で文句を言う日々です。

転職のために「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが・・

転職に先立ち現在勤務している会社を退社する時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、もしも自分の意思で退職届を出して会社を去る、いわゆる自己都合退職であった場合は直ちに失業保険が給付されるわけではなく手続して失業したことが認められてから3か月待たなければ受け取ることができないのです。よく間違って退社の1日後からちょうど3ヶ月で受け取れるワケではありません。この規則を間違って理解している人が、3か月経ったのにもらえないのはおかしいと主張してその結果としてハローワークの担当者と過去に口論していたのを見たことがあります。因みに社員側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するときは、失業認定を受けてから直ちに失業保険をもらえます。

退職|全く経験のない分野などに転職したい場合には、前の仕事で、自・・

全くの初挑戦の分野などに転身したい場合には、自分が以前の会社で身に付けたスキルやこれまでやってきたことを生かすことができるというアピールが必要です。経験をしたことのないジャンルの場合、経験のない分だけその業界を経験している人よりも実際のところ、不公平な状態になりますが、自らが保持している力がその業界においても十分に生きるということを伝えれば、戦うことができるケースも十分にあります。なので、経験したことがない業界に挑む場合は、その業種とこれまでに自分がしてきた仕事との関係を発見しましょう。

退職|再就職の面接などにおいて名刺を手渡してきたら、こちらとしても名刺を相手側…

転職の面接などの場面で面接担当者が名刺を渡してきた時、こちらも名刺を相手に渡すべきであるのか?ないのか?と対応の仕方に迷ったときは、おおむね差し出す必要はないと覚えておいてください。面接とは仕事ではなく、職を得るための採用活動の一部です。ですから基本的には名刺を交換する時とは違います。それに、あなたは立場上会社の人としてではなく、あなた個人のことでこの場にいるわけです。という訳で、相手側から名刺を渡されたとしても、こちらは受け取るだけでよくて、面接担当者に相手の方にあげる責任はまったくないと推測できるのです。

退職|求人関連の広告には、とうぜんまともな職場では月の給与が記載されているはずです。

求人広告には、とうぜん大部分の会社では月にもらえるお金等が記載されています。だけれどもこの箇所をチェックする際は、注意深く確認する事が大切です。額の多い少ないだけ見て判断しないほうが良いです。会社によっては、月収の内訳に月30時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。残業代を入れて魅力的な案件のように見せかけ、募集している場合もあります。それ以外にも、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている所もあります。だから、このような「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

転職活動をするいあたっては、はじめに、ハローワークやインターネット上の求人情報を見たりして…

転職活動をするいあたっては、事前にネット上で求人サイトを閲覧したりして気になる会社を調べるはずです。とはいっても、その会社が情報を掲載するにあたっては、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社にマイナスになる情報を隠す傾向があります。仮に公開する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういった類の会社や社員に関連する情報については、それを鵜呑みにするのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも情報を信じて入社してしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとで後悔するかもしれません。悪意ある会社は、素直な人間を取り込み、その後、いろんなイチャモンをつけていかにして辞めさせないようにするか考えています。そういった「ブラック企業」の求人には警戒しておきましょう。

一昔前の求人誌には、募集条件の中に「性別」まで、記載されていました。

何年か前までは求人情報に雇用主の希望する「性別」が記載されていました。ですが今現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、男女差別が採用時にしてはならない事となり、応募資格に「性別」が無記載となりました。そんな風に時代が変化したものの、募集側は、本当はどちらが希望と言う想いがあるはずです。現実に、男性を必要としている業種に、女性が応募したり、対称的に、女性が必要なのに、男性がエントリーしてきたり、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。もしも、「女性が活躍できる仕事場です」の記載がある場合、女性の働き手を希望しているのだと読み取ることが確実でしょう。

昨日転職活動の一環として人材紹介会社に登録に出向きました。

先日新しい仕事を見つけるために人材バンクへ登録に向かいました。カウンセリングの時に出てきた担当者が見たところ入社してから間もない新入社員で、こちらが説明している話の5割ほども彼は理解できていない感じ。そのうえ「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「もっと自分の強みを明確にしていくべきです」とか、カウンセリングの専門家であるかのように偉そうに話すのですごく不愉快でした。カウンセリングをする人はいくらか社会人経験がある人にするべきだと思います。

就職活動において、年収は大変重要なポイントです。

就職活動において、年収は大変大切なポイントです。面接時には、必ず現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、高額な年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、仮に一時的に信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソがバレてしまうのです。トラブルに発展する可能性もあるので、現職での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげると、現在の年収が300万円の方が転職後すぐに500万円となる見込みは通常あり得ません。仮に、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円と伝えておくことをおすすめします。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、一時的に採用されたとしても、退職せざるを得なくなる恐れもあるので、気をつけましょう。

昔はかなり何社かの人材紹介会社に登録していました。

転職を考えていた時期に割とたくさんの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に特に感じたのは転職アドバイザーの質も本当に様々で大体は満足のいく対応をしてくれない担当者でした。私にとっては人生の大事な事なのにもっと熱心に向き合ってほしいという欲が高まってきてその事がきっかけとなって自らキャリアカウンセラーを志すことになりました。その資格を取得するのは費用もいりましたし資格取得のための勉強面においても大変ではありますが、お仕事を探している方からあなたが担当者でよかったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるために努力しています。

職を変えようと考えている時に閲覧する募集内容は参考程…

転職を考えている時に目を光らせることになる求人内容についてはおおまかなものとして書かれている確率も少なくはありません。そのため、書いてある情報はすべて正しいとは安易に信じるのはやめておいたほうが賢明でしょう。なかでも報酬面に関しては、一般的な値なのか?最低限もらえる金額であるのか?一番高い給料なのか?というようなジャッジができない人のほうが多く自分で適当にわかったつもりでいると、後から後悔することになる事も少なくありません。そんな訳で、そんな風にならないためにも、求人情報は基準だと思って、そういったような重要な内容は会社側に直に確かめるのがベストでしょう。

退職|今から転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、…

年内中に転職活動をする人のなかで、次までの仕事にまだ期間がある方は「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。この手当ては会社側で社員に雇用保険を払っているところであれば、申請をすればだれでももらえます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでに3ヶ月の待機期間があるのですが、場合よっては企業の都合の退職だったり、残業時間次第ですぐに貰える可能性もあります。このときの、「失業手当」の金額については、会社で最後に働いた月の給料を基に計算されるので、企業に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

派遣会社を利用して働く人が規制緩和以来、多くなってきています。

派遣会社に登録し、働く人が規制緩和の後、増加しています。派遣社員として働く予定があるなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかをできるだけ面接の際に確認しておくべきでしょう。派遣業は、人材を必要としている会社に人を派遣してその対価としてお金を手数料を徴収する仕組みになっています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっていることがかなりあります。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、中には開示すらしないところも多く、悪質な業者の場合、3割だけしか労働者に還元しないこともかなりあります。面接時、丁寧に返答してくれない派遣業者は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、可能な限り違う派遣会社を利用すべきです。

退職|もし転職するのなら、あらかじめ「資格」取得は考えておいて損はありません。

転職を考えているなら、前もって「資格」取得は考えておいて損はありません。また、転職活動を始める前の段階で、資格取得しておくと、転職時に有効に使えるので、新しい仕事を探すのも簡単になります。といったわけで、在任期間中での資格取得がベストタイミングといえます。あなたが将来のために、実際に役に立つ資格を取得しておくと、今の会社を辞めたあとも後悔なく次に進めます。おまけに、資格を取ることができれば、転職先の面接の際、即戦力として扱われ今までより待遇も良くなる可能性が高いです。

私たちの労働環境は、これから着実にシンプルな労働は機械に変更されてい…

近い将来、私たちの社会的環境においてみるみるうちに思考を必要としない作業は機械化が進んでいき、その変化によってそういう仕事をする人員はどう考えても減少させられてしまいます。なぜかというと、シンプルな労働という観点では人より機械を稼働させたほうが比べられないほど能力が高いからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ動作を繰り返すのは機械では当然へっちゃらです。当たり前のことながら人と違って泣き言は言わないし、疲れることがありません。また、適当にすることもないし、正確な作業をしてくれますし、均一だし、また、人と違って給与が発生しません。ですので、労働力として人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械化されるのは当然の結果といえます。

近年はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、「ヘッドハンティング」の専門会社も増えています。

今日、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増えてきました。特許を取った経歴のある人は、連絡が来ることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人に限らず、研究開発で論文を提出した経歴のある人や、新聞で紹介された人など、何らかの業績を残したと思われる人に狙いを定めて、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。万が一、あなたがヘッドハンティングらしい連絡をもらったとしたら、そのような心当たりを考えましょう。たまに、ヘッドハンティング名目で登録料を要求してくる業者もあるらしいですが、その手の輩はむろん嘘ですから引っかからないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を出すことはまずありません。