退職|就労中は可能なかぎり周囲にバレないように(私の例で・・

就労期間中は、可能であれば、悟られないよう、(自身のと・・

  • 就労期間にあるときは、なるべく内密に、(ちなみに私のときは)在職中に転社したいという意図のみを早いタイミングで会社内で話したことがあります。にもかかわらず、その後に求人サイトを探していたのですが、結局は就職する時期などさえも無計画なまま決まらないまま、ズルズルと時間がムダになるだけでした。その一方、会社の側は、業務の引き継ぎや手続き、私の退職日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、お粗末な状況下で会社を辞める形になりました。そして、予定は思うようにはいかず、失職期間を経たあと、次の就業先を探すことになりました。
  • 転職しようと考えている会社で見学などがあれば、すごく勉強になります。

  • 転職しようと考えている会社の会社見学ができれば、たいへん参考になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」のいる会社なら、職人技を間近で見られて楽しめます。しかしながら残念ながら「職人」がいる会社見学では見学者にはほぼ例外なく、普段の姿を見せてはくれません。典型的なのは、ブルーワーカーなどの業種です。個人のアクが出やすい業種なので、入社した後でないと、実際の姿は伺えないものです。ですから、見学で知った内容がそのまま仕事現場と思わないことがとても大切です。また、会社見学の時に仕事体験できる会社はとても危険ですからハッキリ言うと「論外」です。入社していない段階では何かしらのトラブルが起こっても、それに対する保証は一切ありません。スタッフから勧められても角が立たないように断ることが大事です。
  • 転職活動で面接のときに「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。

  • 転職活動をやっていると、面接において高い確率で尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機については、正直に話してもOKですが、これと違って転職理由についてそのまま伝えるのはよくありません。転職理由でよくある待遇に納得できないことや、上司や同僚との人間関係など採用担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。たぶん、自分が不利益を被ると予想できることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しやすいので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。それにプラスして、この会社に入社してこんなことを実現したい、3年後にはこうなっていたい、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で志望動機に話をすり替えるのが正解です。
  • 退職|一般的に見て大手企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた・・

  • ほとんどの場合大きな会社は「定期採用」がメインなので、転職で入る事は容易ではありません。そればかりか、都心を離れると転職のチャンスがさらに狭まります。けれども製造業の企業の場合においては、地方の工業団地界隈に製造工場を持っていることも可能性があります。そういう工場は、事業を拡大する際に「途中採用」をしているので、この機会を利用して転職を検討してみるのもいいでしょう。そのためには、地方の工場に転職しようと考えているなら、希望する企業の情報をあらかじめ収集しておきましょう。その企業のHPをチェックし、人員募集の有無など、しっかりと確認しておくと間違いがありません。
  • 日本には”石の上にも3年”という諺もありますが、現…

  • 古来より日本には”石の上にも3年”といわれる諺もありますが、昨今、「終身雇用制度」は衰退してきています。転職というのは決して珍しいものでなくなっています。ですが、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、安易に考えるのは厳禁です。仕事を変えたいと考えているなら、まずは適した時期を図る必要があります。必ずや今やっている職場、仕事について具体的に、例えば仕事内容や待遇面について嫌な点を箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は紙に書き出ししてみましょう。こうすることによって、転職を決断することです、そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、尻込みすることなく、今より良い仕事を手に入れるべくトライしてみましょう。
  • 退職|転職の面接を受けるため希望先の会社へ伺いました。

  • 転職時の面接にある会社に伺いました。その日に限ってその会社の会議室が空いておらず会社外で待ち合わせて面接をし、その場所で解散し、面接担当者も会社に寄ることなく自宅直帰されるとのことだったのですが、なんと自宅最寄駅が私と同じ。結局は電車の中でも彼と一緒に会話をしながら帰ることとなって、おかけでお互いリラックスして面接しているよりもお話が弾み、それが原因か何事もなく採用を勝ちとることができました。
  • 新卒採用で入った会社にお別れをして、転職することにつ…

  • 新卒採用で入った会社にお別れをして、転職することになりました。当初は想像以上に将来が不安でした。しかし、新卒で入った会社を数年で退職し、中途採用で働いている人が大多数だと転職活動を通して知り、無意識のうちに不安な気持ちが消え、楽になりました。転職を経験すると不思議と体が軽くなったようで、「自分のやりたいこと」が再確認できて楽しいものになりました。なかには「辞めることが悪」というような転職に対してマイナスな意見もありますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私の転職活動は否定的な意見を真に受けないで良かったみたいです。
  • 新しい職を探すのに、まず今働いている会社をきちんと退社してから…

  • 転職活動を行う際に、まず今勤務している会社を辞めた後でという考えを持っている人もいるようですが、そのような場合今度のボーナスの時期を見積もっておきましょう。ボーナスがもらえる企業は山ほど存在しますが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスをもらえる時期まで長くないのなら、ボーナスをもらってから会社を去るというのも得策です。ボーナスは月々の給与と比べて大金なので、もらわないと損ということも明白ですから、会社を辞めようと思ったらボーナスの支給日について確実に頭に入れておく方が損をしません。
  • 退職|仕事の面接で必要なスーツの色味は、新卒の学生が就職活動の際に…

  • 転職の面接でいるスーツのカラーにおいては、新卒の就活の際にに着用している色味が無難です。言い換えると、黒系や紺系などのような落ち着いたカラーになります。それは再就職であっても、着用していくビジネススーツの色はこういったような暗い感じの落ち着いたカラーが多数派になっており、そうでないカラーの人はほとんど見ることはありません。他のカラーで言えば、グレーのビジネススーツを着ている人がいるくらいです。ほぼ紺系や黒系が大多数を占めているので、面接を行う人事担当の方からもそういった色が普通です。ですから、見た目の印象という観点ではおすすめです。
  • 退職|今までの私は、職探しは「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」が中心でした。

  • これまで私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」で探していました。なぜなら、大きな「転職サイト」は、やはり都心の求人情報しかないからです。であったため、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。もちろん、求人募集をする多少給料や労働条件で差がありますが、古くから地域に貢献している企業もあり、都会以外での転職には役立ちます。「聞いたことのない企業ばかりで不安」と先入観を持っている方も少なからずいるかもしれません。ですが、良い求人情報もしっかり掲載されていたりするので、近いうちに転職したい場合は、お近くのハローワークに1度行って様子を見ておくのも良いと思います。「転職サイト」を利用した時のような多くの電話やメールが送られてくる心配もありません。
  • 転職サイトおよび転職エージェントを使って、転職活動される人は多くなってきました。

  • 転職サイトや転職エージェントなどを使用して、転職活動される人は今では普通になってきました。としても、より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、加えて転職フェアを活用するのがいいでしょう。転職フェアの特徴は、複数の企業が同時に集まることから、一度足を運べばいろんな企業について知ることができますし、その上、スタッフの言葉遣いやマナーから、企業の雰囲気を肌で感じることができます。もしも、近い将来転職フェアに参加するつもりなら、面接だと思って準備することを怠らないようにしましょう。幸運にもフェアを通じて、企業側から欲しい人材と思われれば、後に面接に進む際に非常に有利となるからです。
  • 退職|転職活動する場合、然るべき準備はしなければなりません。

  • 転職活動を進めるには、然るべき準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ「ファッション」を気になるところだと思います。けれども、昨今の、採用面接については形式ばらない服装で良い会社もあるため、「面接はスーツでなくては」と考えて行く必要がない場合もあります。創業してすぐの会社などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で面接したほうが、相手先に良い印象をあたえます。正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすい、というメリットもあります。また、私服であれば面接の間に、服装について、話題が広がることがあるので、うまくいけば担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、これから転職にトライするなら「創業年数」を事前確認し、(ベンチャー系などの)面接の際は正装はせずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。
  • 退職|女性が転職するに当たり、数年前と今とで多少の変化があります。

  • 女性の再就職は、一昔前と今とで若干、変化があるといいます。過去には面接の場で会社側から、結婚の予定や出産後の考え方などのことに関して、ごく普通に質問されることが多くありました。でも、今現在はそのような内容は、セクハラと会社側が捉え、質問をしない会社が当たり前になりつつあります。世間に名の知れた大企業の場合は、タブーとして扱われています。しかし、企業側としては、はい・いいえ、の2択ではなく、その人の考え、結婚した後も働きたいのか、出産後の具体的な予定を知っておきたいと思っているものです。あなたの人生設計を理解してもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機と混ぜながら伝えることで、企業側にも認識してもらえ、また、モヤモヤも解消できると考えられます。ということで、たとえ、聞かれていない箇所についても、先にあなたの方から気を遣って話していくことを考えてみてください。
  • 退職|新しい就業先ではすぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。

  • 転職の予定があるのなら、「年間報酬」の理想を高くしないようにしましょう。中でも、はじめの年はほとんど試用期間が入っていることも多く、私自身のときは、やっと手にした仕事なのに、年間報酬が前職とあんまりイコールで変わりませんでした。しかも仕事はとてもキツく、責任のある立場で、初年度を乗り越えるのにものすごく苦労しました。そのような体験から転職1年目は、仕事を覚える年と割り切り、できる限り転職以前の段階で貯蓄をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。
  • 看護師という職の人のほかの職に「転職しよう」と思う原…

  • 看護師でありながら他の職業に転職する理由はその人それぞれです。考えてみると看護師が他の職業への転職には「職場環境に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚してからライフスタイルの変化によって出産加えて子育てさらに家族の介護など、身近な家庭環境の変化によってこれまでのような今の仕事を続けられなくなっている」「現在の収入面で不満を感じている」など多種多様の理由があり決して他人ごとではないはずです。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職前に、「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、頭を冷やして静かに現在の状況を客観的に見つめ直すこともしてみてください。「本当に転職する意味があるのか?」と再考してみて、決断してみましょう。
  • 20代前半の時点で転職を2回し、現在は資格取得のため…

  • 20代前半に転職を2回経験し、現在、資格を取るべく「派遣社員」で勤務しています。フルタイム勤務でないため、どうしても毎月の収入は安くなりました。前よりも心と時間的な余裕ができました。たまに、学生のうちに資格を手に入れて、仕事を続けるという方は本当に稀です。実際に、そういった人を見る度、羨ましいと見えたりもします。前までの私は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、落ち込むこともありました。しかし現在では、結婚してから、過去と比べ生活環境も大きく変化し、前よりもそのなかで将来の進む道も定まったので毎日が充実しています。