求人についての情報では、ほとんどの場合、月の給料が記載されているはずです。

退職|求人関連の情報では、たいていの企業では月の給料が明記されています。

  • 求人関連の情報では、とうぜん大部分の会社では月の給料がしっかりと記載されていますよね。しかしこの箇所を見る際は、注意深く確認する事が欠かせないです。多い少ないだけでわかってしまわないほうが良いです。もしかすると、月収の額の内訳に「毎月15時間分の残業」が条件になっているかもしれません。つまり残業代の金額をあえて含めることで良い案件に見せて、人材を募集しているケースも考えられるのです。そのほか、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合を過剰に多い前提で月収を多く見せている可能性が考えられたりします。だから、このような「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

  • 転職するのなら、予め、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを見たり・・

  • 転職活動の際は、はじめに、ネット上の求人サイトを見たりして転職したい会社を調べるはずです。しかし、当該会社が実際にそのようなところに情報を出す場合には、コンサルタントからアドバイスを受けている可能性が高いです。コンサルタントは、会社の利益にならない情報を隠す達人です。仮に公開するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そういったコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報は額面通りではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。もしも美辞麗句を信じて会社に入った場合、こんなはずではなかったと後々、後悔するおそれがあります。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後は、あれこれイチャモンをつけて辞めさせないように画策しています。いわゆるブラック企業に多い例です。

  • 昔の求人誌に募集要項の中に「性別」まで、記載されているのがほとんどでした。

  • 以前の求人誌に雇用主が必要とする人材の「性別」まで当たり前のように書かれていました。けれど今では、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、採用において、男女の差別がないようにしないといけないという決まりになり、募集要項のなかに「性別」の表記ができなくなりました。とはいうものの、求人情報を出す会社は、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。従って実は男性を希望の業種に女性の応募が殺到したり、女性希望の会社に男性がエントリーしてきたり、といったような問題が起こりうる可能性があります。もし、「女性が活躍できる仕事場です」と記載のある求人募集の場合は、雇用主が働き手は女性を必要としている、と考えたほうが良いでしょう。

  • 退職|先週転職のために人材会社へと登録に向かいました。

  • 一昨日新しい仕事先を探すために人材紹介会社へ登録に向かいました。そこでカウンセリングを行いに出てきた担当者がどうも経験の少ない社員のようで、私が説明している話の半分もその社員はわかっていない感じでした。さらに悪いことに「このキャリアデザインではダメですね」とか「自分の強みをはっきりと知ることが必要です」とか、わかったように横柄にしゃべるからとても不快な気分になりました。カウンセリングをする人は多少は仕事を経験している社員にするべきだと思います。

  • 就職活動において、年収は大変大切なポイントです。

  • 就職活動において、だれもが気にするのが年収です。面接では、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、多額の年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一度は騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の会社での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげれば、年収400万の人が転職後にいきなり500万円になる可能性は普通はありません。仮に、今、430万円の年収であるのなら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが正しいです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、入社できたのをそのまますぐに退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

  • キャリアップしたいと思いいくつかの人材紹介会社に登録していました。

  • かつては何社かの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルにおいても本当にまちまちでそのほとんどは適当な対応をするアドバイザーばかり。私にとってはかなり重要なことなのにもっと熱心に向かい合ってほしいという考えが積もり、それが契機となり自らキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得のためには費用も掛かりました。それに加えて勉強の面に関してもヘビーだったわけですが、お仕事を探している方から頼みとされる存在になるべく努力しています。

  • 再就職をする際にチェックすることになる募集要項に関して…

  • 職を変えようとしようとしている時に目を光らせる求人情報というのは、基準的なものとして、アバウトに載せている、という可能性もあり得ます。ですから、情報として記載されていることを何もかもが正しいとは当てにしない方がよろしいでしょう。なかでも生活に大きくかかわってくる報酬面においては、平均的な額なのか?最低限保証されている給料であるのか?それとも最高値の金額であるのか?というような読みができない転職者も多く、自分の判断でわかったつもりでいると、今後、後悔する事いなるかもしれません。なので、募集要項の情報というのは、目安だと思って、そのようなとても大切な事は会社に直に問い合わせるのが適切でしょう。

  • 退職|今から転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は・・

  • 年内中に転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、必ず「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。これは働いている会社側できちんと雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば誰しも失業手当を受け取れます。詳細の手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞めたのなら、3か月の待機期間があるのですが、会社都合の退職、または残業時間次第ですぐもらえる場合があります。さらに支給される「失業手当」の額は、辞めた月の給料をもとに計算されるので、勤めている会社に繁忙期や閑散期がある方は理想なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

  • 直接雇用ではなく派遣という形態で働く人が近頃は多くなってきています。

  • 派遣会社に登録して働く人が近頃は増えています。派遣社員として働く予定があるなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に入るのかを可能であれば面接のときに質問しておくべきでしょう。派遣業は、労働力を欲する企業に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払う形を取っています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが少なくありません。5割以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、中には開示すらしない派遣会社も多く、酷い会社では、3割しか支払われていなかった場合もあり得ます。面接時に、まじめに回答に答えてくれない派遣業者は、隠ぺい体質であることが多いので、可能な限りそこでの登録を止めておくのが賢明です。

  • もし転職を考えているのなら、転職前に「資格」取得は考えておいて損はありません。

  • 転職される場合は、前もって「資格」を取っておくと選択肢が増えます。とくに、仕事を続けているうちに、資格を取るのがおすすめです。転職活動に有効に使えるので、転職先を探すのが容易になります。といったわけで、資格取得は、在職中であり、かつ転職活動前の段階が一番良いタイミングといえます。もしもあなたがキャリアアップを考えているなら、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、今の会社を辞めたあとも後悔なく次に進めます。それに加えて、資格によって転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接時に即戦力になる人材だと判断され、これまでの職場より待遇も良くなる可能性があります。

  • これから、労働力という観点においてぐっと単純作業は機械に切り替えられ…

  • 将来的に、私たちの労働環境においてぐっと考えなくてもできる作業は機械で済まされるようになり結果的に必要な労働人口はどうしても縮小させられてしまいます。なぜかというと単純労働は人間の手を借りるよりも機械のほうが数段にすぐれているからです。数をカウントしたり、同一の動作を延々とリピートしたりすることは機械では当然何の苦もありません。もちろん人間とは違って文句を言わず、肉体的な疲れもないし、不正をすることもないし、正確な作業ですし、それを均一化できます。加えて、人と違って賃金が発生しないのも違いですね。ですから、人を使う理由がなさすぎます。機械にシフトされるもの必然ともいえますね。

  • 近頃はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでな…

  • 近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの専門会社もたくさんあります。あなたに特許権取得の経歴があるなら、直後に彼らから電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人に限らず、「研究開発」における論文を出した人や、テレビ・雑誌などの「マスコミ」に出演した人など、何らかの実績も持つ人をターゲットに電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティングのための理由にしています。もしも、あなたがヘッドハンティングの匂いがする話が出てきたなら、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。たまに、「ヘッドハンティング」と称し、登録料を要求しようとする業者もあるらしいですが、その手の業者はおそらくはイカサマなので、引っかからないように気を付けましょう。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者がお金を出すことはまずありません。

  • 転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書が大事です。

  • 転職活動の際には履歴書と職務経歴書が大切です。会社の大部分は履歴書及び職務経歴書の記載内容を見た上で面接するかどうかを決めるため、ともかくこの2枚の書類の作成が大事です。単に穴埋めすることにとどまらず、記載内容の充実を図ることも大切です。「職務経歴書」では、これまで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書き綴ります。また、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。売上を従来比○パーセントアップ達成させた、など具体的に記します。もしも、作成に行き詰まったのなら、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、上手な文章を引き出したりして自分の価値を高められるように活用をはかることも有効な方法です。

  • 退職|今ではパソコンで調べればネットで見られる世界には「転職のためのサイト」に類するものが…

  • 最近PCやスマホを使えばネット上には、要するに「転職に役に立つサイト」に類するものがかなりの数あります。サイトを見て自分自身の目的に合致した転職先と思えるのを探すためにも、まずは情報を集めることが必要です。こんな「転職サイト」をきっちり使うことで、満足度の高い転職先探しができます。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む「転職サイト」もありますが、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。利用して間もない頃は、実際に信用していいサイトであるかを見極めることがポイントとなりますから同ジャンルのサイトと比較しながら確かめてみてください。

  • 長期間接客関係で仕事をしてきましたが、年齢的に立ったまま行う仕事は…

  • 長い間接客関係で働いてきましたが、加齢とともに立った仕事は体力的にしんどく、座り仕事であるオフィスワークへ仕事を変えることを志して活動しました。事務未経験だと少々厳しくて、接客経験も活かすことができる受付兼医療事務になりたいと資格も取り個人病院に転職をしました。周りは超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においても複雑。夜のシフトばかりさせられて、接客業で働いていた頃より帰宅する時間も遅いのですが、とにかく今はキャリアの形成時期と諦めて頑張ります。

  • 退職|これはシフトがある仕事についての話です。

  • これはシフト制の仕事についての話なのですが、特定の曜日に仕事できる人を募集している求人をよく見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方、休む方法については、尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、前に私は産休で抜けた人の助っ人として、正社員として勤めることになったのですが、「土曜、日曜」固定となるシフトだったのですが、他に誰も来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。前任の方が土日は必ず出勤できる人だったので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。ですから「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変わってもらうときは、上の人たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と自分で頭を下げなくてはいけませんでした。立場は同じなのに、土日は私だけなんて・・・。思い出す度、よく我慢したなと思います。