退職|日本には”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。

退職|日本には昔から”石の上にも3年”という諺がありますが・・

  • 日本には”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。「終身雇用制度」が死語となりつつある現代では「転職」を経験するのが一般的な事柄となってきています。でも、「転職」が当たり前になったからといっても、簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。転職しようと考える場合、大切なのは適した時期を見計らうことです。はじめに、今現在の職場、仕事内容について全般的に、不服に思っている点を10個、少なくても最低5個は紙に書き出ししてみましょう。其れによって転職に役立ちます。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、できるだけ早急により良い仕事ができるように進めることが大切です。

  • 転職時の採用面接に希望先の会社へ伺ったときのことです。

  • 転職の面接を受けるため希望先の会社へ赴きました。社内の面接に使える部屋が空きがないとのことで会社の外で面接官と待ち合わせをして面接をし、当該会場で解散をして、面接を行った方も会社に帰らず直接自宅に向かうとのことでしたが、なんと自宅からの最寄駅が同じ。なので電車内でも面接担当者とずっとお話しながらいっしょに帰ることとなり、そのため緊張が解け面接しているよりも話が弾んで、それが良かったのか運良く採用を獲得することができました。

  • 新卒採用で入社した会社を辞め、悩みましたが、転職すると決めました。

  • 新卒採用で入社した会社を辞め、転職することになりました。はじめは毎日転職できるか不安になりました。でも、会社を数年で辞めて、多数の人が転職をしていることを転職活動中に学び、無意識のうちに前よりも気持ちが楽になりました。なにより1回転職をすれば、徐々に肩の荷が下りたかのような気分になり、「自分のやりたいこと」を見つけることが喜びになっていきました。いまだ「続けてこその仕事」といった転職を否定する意見もありますが、それが正しいとは限らないと感じました。私の場合は転職を決断してよかったと心の底から思っています。

  • 職を変える際に、まずはまず勤務先の会社の退社手続きをしてか・・

  • 職を変える際に、勤務中の会社を辞職してから転職しようと考える方もいますが、そうするときには会社がいつボーナスを支給するかを見積もっておきましょう。社員にボーナスを出す会社はいっぱいあるわけですが、ボーナスがあるのであれば、ボーナスの支給の日まで少ししかないのなら、ボーナスが振り込まれた後で辞めるという手も悪くないです。ボーナスはなかなか大金なので、もらっておかないと損をすると言えるでしょうから、退職をする際には会社がボーナスを支給する時期について知っておくほうがボーナスをもらうのを忘れないと思います。

  • 転職の面接で必要なスーツの色に関しては、新卒の就活の際…

  • 仕事の面接でいるスーツの色については、新卒の学生が就職活動の時に身に付けている色味が一般的なルールとなっています。ということは、黒とか紺色などのような落ち着いた色味になります。再就職のケースでも、着用するビジネススーツの色合いはこういった色が大方を占め黒色や紺色以外の色の人はほとんど見ることはありません。それ以外だと、グレー系を着ている方がわずかにいるほどです。大方は黒や紺のスーツ派がほとんどを占めているので、面接を行う人事担当の方からも多数を占めるカラーを着用している人の方が違和感なく見えます。ですから、見た目の印象という観点ではぜひおすすめします。

  • 退職|かつての私は、「転職サイト」に頼るよりいつも「ハローワーク」に通っていました。

  • 今まで私は、求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」を優先していました。どうしてかというと、大手「転職サイト」は、構造上、都心部の求人募集ばかり掲載しているからです。なので、求人情報をリサーチする際は、「ハローワーク」のみ使っていました。やはり、大手転職サイトに掲載されている求人より多少企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、古くから地域に根ざした情報が都心部以外での転職をするときには重宝します。ですが、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」と感じている方もいるかと思いますが、思いのほか、有名な転職サイトには掲載されない求人があるので、そろそろ転職を本気で検討しているのなら、参考までにハローワークへ1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。「転職サイト」みたいに多くの電話・メールに悩まされる心配もありません。

  • 退職|転職サイトおよび転職エージェントを利用して、転職活動をする人はますます増えています。

  • 転職サイトや転職エージェントなどを活用し、転職活動を行う人はかなりいるはずです。だとしても、より転職の可能性を高めたいなら、同時に転職フェアに参加するのがおすすめです。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、そこに足を運ぶことによってあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、それに加え、その場で説明してくれるスタッフから、企業の雰囲気を感じられるはずです。仮に、転職フェアに参加する機会があれば、面接を受けに行く心構えで企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。その結果フェアに参加している間に、自分の能力や人柄が評価されれば、その後本格的な面接時にアドバンテージになります。

  • 転職活動する場合、相応の準備は必要不可欠です。

  • 転職を進めるには、然るべき準備は不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、とくに、身だしなみ、に含まれる服装は大事に感じてしまいます。しかしながら、ここ最近の、企業面接に関しては形式ばらない服装がOKなところも多いので、ガッチリとビジネススーツで決めて面接に出向かなくても良い場合があります。とくに創業したての新規の企業などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で行ったほうが、印象が良くなります。そして、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話できるのも魅力のひとつです。そうして、私服ですと面接のなかで、服装について、話題が広がることがありますから、うまくいけば面接担当者と仲良くなれる期待ができます。今後、転職にトライするなら「創業年数」で選択し、(ベンチャー系の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

  • 女性が再就職する時、今と数年前では若干、違いがあるようです。

  • 女性の再就職に関しては、数年前と今現在とは若干の変化が見受けられます。一昔前は面接の場で、結婚の予定や出産後の方針などに関して、普通に質問されることは珍しくなかったのですが、現在はこういったデリケートな内容は、セクハラと企業側が捉え、聞かない会社が一般化しつつあります。そしてまた、世間に名の知れた大企業の場合は、NG質問として神経質になっています。とはいえ実際、面接する側はYES・NO、の2択でなく、その女性が、結婚した後も働きたいのか、出産後の具体的な予定を知っておきたいとは思っているものです。自分自身の考えを知ってもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールとともに言い表すことで、企業側にもしっかり伝わると考えます。ということで、たとえ、聞かれていない箇所もこちら側から配慮し、話を進めていきましょう。

  • 転職しようと思うなら、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 新しい職場(転職先)では、すぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。とりわけ入社した年度は、ほぼほぼ「研修期間」が入っているというのがケースが少なくありません。私自身のケースでは、苦労の末新しい職を見つけることができたのに、予想に反して前の職場での年間報酬と見たところ同じで変わりませんでした。しかも仕事内容はきつくたいへん責任のある立場で1年目は、ひどく苦労しました。そういった経験から初年度は、仕事を覚える年と割り切り、極力転職する以前から貯金をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

  • 看護師の転職の原因はその人によりけりです。

  • 看護師でありながら違う仕事に転職に至る理由は、その人それぞれです。それを見てみると転職するには「職場環境に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚することでライフスタイルの変化によって出産そして子育てそれに親の介護など、いくつかの環境の変化など、これまでと同じような仕事が難しい」「今の収入に大きな不満がある」など多種多様の理由が考えられます。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、転職を決断する前に、転職したいと、ゆっくり時間を掛けて現在の状況を客観的に見つめ直すことも大切です。「本当に転職する意味があるのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断すれば間違いが減らせます。

  • 20代に転職を2回経験し、現在は資格を取るべく「派遣社員」で勤務しています。

  • 20代の時点で転職を2回し、今現在は資格取得のために「派遣社員」を選択しました。常勤の勤務でないため、どうしても給料は安いのですが、前よりも心と時間的な余裕ができました。もっと学生のうちに資格を手に入れて、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。きちんと資格を活かしている人を見ると羨ましいと見えたりもします。前の私は、自分に自身が持てず、気にしてしまい、肩を落とす日もありました。しかし、結婚し、がらりと生活環境も大きく変化し、以前よりも明確な目標ができて自ずと生活が充実するようになりました。

  • 派遣で勤務しています。派遣法や労働契約法のおかげで残念なこ…

  • 派遣として勤務しています。派遣法と労働契約法により不本意にも長期間勤務していた会社での仕事があと数週間で終わります。派遣の仲間の中には、派遣で就業している会社で正社員の地位を得た方もいるのですが採用された理由としては正直なところ仕事の実力とは関係なく派遣先の上司へのあしらい方がうまい人でそのおかげで採用されたように思えます。職務を遂行するスキルよりも上司にゴマをするスキルの方が大切なのかなーと抜擢されなかった他の派遣のメンバーと不満をたれる毎日です。

  • 退職|転職を行う際、現在勤めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要です…

  • 転職のために現在勤務している会社を辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、もし自分の都合により退職願を提出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」のケースでは即座に失業保険が給付されるわけではなく手続きを終え、失業したことを認められてから3か月経ってやっと受け取れるのです。よく勘違いして退社の1日後から3か月経過すれば給付されると思い込んでいる人がいますが、実際に誤解してしまった人が、ハローワークの職員の方が間違っていると主張してその結果ハローワークの担当スタッフと喧嘩をしているのを見たことがあります。念のために付け加えておくと、退職者の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定を受けてすぐさま失業保険をもらえます。

  • 退職|全くの初挑戦の業界などに転職する際には、自分が以前の…

  • 全く経験したことがない分野などに転職するときには、自分が以前の職で培ってきたスキルやこれまでの経験を発揮することができるという内容のアピールがいるようになります。勤務経験のない分野の場合、その分その業界で働いたことがある人よりも不利な状態になりますけど、自分の持っているスキルがそこで生かせるということを相手に話せれば、勝負になることも考えられます。それゆえに、未経験である業界にチャレンジするときには、その業種と今まで自分が経験してきた仕事との関係を必ず発見しましょう。

  • 再就職における面接などに関して面接担当者が名刺を渡してきた…

  • 転職での面接などの時に名刺を手渡されたら、あなたも同じように名刺を相手に渡した方が良いのか?と迷ったら、たいていの場合は渡さなくても良いと理解しておくと良いですね。面接に関して言えば仕事の一環ではなく、職に就くための採用活動の一環です。ですから一般的に考えて名刺をやりとりする時間ではありません。合わせて、会社の人として出向いているのではなく、個人的な問題でこの場にいるわけです。要するに、もし相手側から名刺を渡されても、こちらに関してはもらうだけで問題なくて、相手にあげる必要はまったくないと推測できます。