この頃では、株式・不動産投資などの不労所得で生活費を稼いだり…

退職|今のご時世では、株式・不動産投資の不労所得のほかに個人経営 や起業で頑張っている人も増えています。

  • 昨今では、株・不動産投資の不労所得のほか、個人事業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった社会的変化に伴い、「会社員は安定がない」といったこれまでの常識も変わりつつあるようです。1960年代ごろの高度経済成長の頃には、どう転ぶかわからない自営業や株式よりも雇用されて働くほうが安定性にすぐれていました。そのため人のあるべき形として、またそれが自然のことのように世の中に広まっていました。そんな社会全体が等しく成長する時代は終わり、現在のような時代は「成熟期」という名が表現されています。今後は、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。

  • 退職|派遣として働く会社が決まりました。

  • 派遣会社での仕事が決定しました。就業1日目に営業の担当の方と就業場所に近いコンビニエンスストアで待ち合わせをしたところ、どうしたことか約束した店の前にいないから店内にいるのかもしれないと思い店内に入ってみたところ、担当者はなんと雑誌売り場前の通路にしゃがみ込んで成人雑誌のグラビアページを開いて読んでいるところを発見しました。こんな担当の方のお仕事なんて願い下げと考えて、そこで声をかけることなく店を出て即刻派遣会社に辞退する旨の連絡をしました。

  • 再就職の面接のときにする腕時計については、ビジネスの場らしからぬ目立つような…

  • 再就職時の面接でつける腕時計においては、目を惹くようなタイプの腕時計はつけて行かない方が最善といえます。目立つというのは明らかに高そうに見える腕時計とか、といったことだけではないのです。それとは真逆でチープなものの印象を与えるとか、そのような目を惹くという意味であって真反対なことで目立つのだと考えておきましょう。転職の面接時の腕時計はネクタイやスーツと同様の考えで、面接にふさわしい安全なものを身に付けるほうが好印象です。とはいっても、自身の年齢にあった腕時計というのも大切なことで、新卒の面接で準備した腕時計よりはほんのわずかであっても値が張るものにした方が年齢に見合っているとはっきりと断言できます。

  • 後悔しない転職を目指すのなら、前もって情報収集が必須です。

  • 転職をスムーズなものにするには、計画的な意味のある情報を収集することをしておきましょう。近年は取るに足らない中小零細企業だってHPで宣伝しているケースが当たり前になっているから、ネットを活用して色々と必要事項を手に入れるとそれとその会社についてよくわからないこと等をチェックしておくと良いでしょう。それと公式サイトに加え、「転職サイト」を利用するのも良いかもしれません。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何よりも希望している職場を自身の目で判断してみるのも良いと思います。

  • 転社を繰り返す日々を止めるための方法が一つだけあります。

  • 退職と転職を度々しないための打開策が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的に成長すると、転職を繰り返さなくなります。ネット社会の今では精神面を鍛えるコツはいつでも知ることができます。さらに、転職とは全く異なる行動でも、精神面を強くすることができます。その最たる例は「海外旅行」ですね。海外に旅行に行くと日本では考えられないような習慣があったりと、刺激が山ほどあります。ですから、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。帰国すると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え、(転職のための)面接に向かうと、今までとは違って自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。ですが、退職間もないあいだは、精神的に弱っている人が多いので気力回復のために休暇も必要です。

  • 転職して仕事先を新しく替えるということは、自分自身に適合…

  • 再就職によって仕事先を一新するということは、自身に見合った再就職先に転職したいものです。自分の向いている仕事にありつくことができるかもしれません。けれども、メリットだけがあるわけでななく、即戦力となりうる能力が必須となります。逆をいうと、あなた自身が価値ある人材であれば、「天職」に巡り会えるチャンスがある、ということです。現代は、「職業選択の自由」が社会的に普通に認知されているので、仕事場を変えても何の偏見を持たれてしまうリスクもありません。終身雇用制度が崩壊に向かいつつある今現在では「使える人材が欲しい」と思っている企業もだんだん多くなっているので、この好機に転職を考えてみるのもアリだと思います。

  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

  • 転職時の面接の際に「転職理由は」と必ずと言っていいほど質問されます。このときに、いくら正論だと思っても、以前の職場の人づきあいや労働環境に関しての不満ともとれる返しは、可能な限り避けましょう。なぜかというと、仮にそういった不満を回答すると、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスを台無しにしてしまいかねません。面接では「前向き」な人物であると印象づけるのが肝要で、とにかく「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、キャリアアップを目指していくつももりです。」といったような未来形での話ぶりが良い成果につながります。

  • 転職時にとても重要なのがまぎれもなく「面接」だと言えます。

  • 再就職をするときに重要視されるのが「面接」である。普通、面接の場合は面接担当者が当人に対して転職に至った動機や仕事の意気込みなどいくつかのことを尋ねられるとは思います。そして、面接が終盤を迎えるあたりで今度は、面接係員が転職者である面接者にたいして不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。面接担当の方から「何か弊社について質問はありますか?」と言ってくれるわけです。と聞かれた際に面接者本人が緊張して慌ててしまうかもしれません。こういった場面に備えて、前もって面接官からの質問に対し、答えをいくつか考えておくことをお勧めします。具体的に知っているわけではありませんから、よく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • クールビズの格好で再就職の面接に行くときには、さすがにジャケッ・・

  • クールビズ(軽装)の格好をして再就職の面接を受けに行く際には、さすがにジャケットは着なくても安心であると間違いなく言い切ることができるわけですが、ネクタイは着用したほうが好印象を与えてくれるのでお勧めです。ネクタイもしないで良いとする企業もある確率もあるにはありますが、ことネクタイに関してだけは例えクールビズであっても着用すべきだとする企業がいくつかはあります。ですので、例えクールビズが許可されていてもネクタイは必ず着用していった方が良いということを認識しておいてください。

  • 退職|生涯初の失業保険を受ける場合、何もしなくても受け取れると思っている人・・

  • 失業保険の給付を受けたことがない人は、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人が極めて多いですが、それは間違いです。実は、失業保険の給付を希望通りに求職活動を行わなければならず、それとは別に、月に一度はハローワークに行かなければいけません。月ごとにスタッフに就職活動の状況を報告して本気で仕事を探していることを理解してもらえれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。仮に、きちんと就職活動に取り組んでいないとみなされたり、月に一度の職員との面談に顔を出さない場合は、強制的に給付をストップされたり、その後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないために十分気を付けましょう。

  • 退職|2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず…

  • ちょっと前に転職をやっとしたばかりなのに、すぐに辞めてしまう決意してしまう人がずいぶん多いものです。それはおそらく気持ちも新たに、良い環境を見つけたというのに、「自分の想像していたものとかなり違っていた」「ルールに慣れなかった」ということが原因で退職を決意するのじゃあないかと思います。可能ならこういった、転職先選びで繰り返さないためには、第一に、事前の情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、通勤に掛かる時間、など前もって調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

  • 仮に再就職を目指そうとしても、あらゆることがうまく進行する…

  • 仮に転職を考えたとしても、何もかもが順調に運ぶかどうかはわかりません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないなら可能なら若いうちに出来るだけ早く考えておくべきでしょう。大半の場合、20代のうちは結果が出やすいですが、30代後半~40代になってしまうと転職というのはたいへん難しくなります。もしも、重要なポジションに就いているのなら、転職を意識していても思いとどまることも選択肢から除外しないでおきましょう。退職届を出してから転職活動するよりも、現在の会社に籍を置いたまま慎重に探す方が失敗しなくて済みます。

  • 在職中であるのなら、可能であれば、周囲に気づかれないように・・

  • 雇用中には、極力バレないよう(自身の場合)就労期間中に転身の考えをはじめの時期に周りの人に知らせたことがありました。だが、その後求人を探していたのですが、結局は転職先のあても、仕事を変えるタイミングも何も煮詰まっていないまま知らぬ間に時が過ぎてしまい、会社のほうは、業務の引き継ぎや手続き、自らの退職予定日などが確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経たあと、次の就業先を再度探しました。

  • 転職しようと考えている会社で見学などがあるとたいへん勉強になります。

  • 転職したい会社の見学は、すごく勉強になります。そのなかでも「職人」のいる会社なら、スキルを間近で見られてワクワクします。ですが、残念ながら「職人」がいる会社見学では見学者には絶対、普段通りの仕事風景を見せてくれることは少ないです。もっとも顕著なのは、ずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので入社した後でないと、実際の姿はみえません。なので、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは決めつけないことが良いです。ましてや、見学時に実際に仕事体験ができる会社はキケンなので正直言って、言語道断といえます。雇用契約を結んでいない段階では仮に問題が発生したとしても、保証などありません。仮に、勧められたとしてもていねいに断りましょう。

  • 転職のための活動を行っていて面接において高い確率で尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職のための活動を行っていて「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。このうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま話してもOKですが、これと違って転職理由について隠さずに話すのは問題です。例をあげれば報酬に対する不満、上司とそりが合わないことなど、面接官によいイメージを持ってもらえるものではありません。おそらく、自分が不利益を被ると予想できることを何も考えずに話す人はほとんどいないと思いますが、転職先となる企業は、そのような部分を重要視している傾向があるため、遠回しに聞き出そうとしてきます。悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。それにプラスして、この会社に入ってこんな仕事をしたい、5年後はこうなっていたい、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったようなうまく話をすり替えましょう。

  • たいてい大きな会社では、「定期採用」で人材募集することが普通です。ですから…

  • 一般的観点からすると大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから、転職で入る事は中々難しいものです。しかも都会以外だとその機会はきびしくなります。ただ、「製造業」関連の場合であれば、都市部でない地方の工業団地のあたりに製造工場を持っていることも可能性があります。そういう場所では、事業を拡大する際に人員募集をすることも珍しくありません。この好機に転職を考えるのが良いでしょう。地方の工場を転職に考える場合、転職を希望する会社の情報をあらかじめ収集しておきましょう。公式サイトを見て、求人がないかしっかりと確認してみましょう。