就職活動において、年収はかなり大切な要素です。

就職活動において、年収はかなり大事なポイントです。

就職活動において、年収はとても重要な要素です。面接時には、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、転職先での年収を増やそうと画策するのは辞めておきましょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出することになるので、もし一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソはバレてしまうからです。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげれば、今の年収が300万円の人が転職後すぐに500万円となる見込みはないものと考えておくべきです。たとえば、年収が400万なのであれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくべきでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、直後に退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。

退職|私が仕事を探していた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。

自らが勤め口を探していたころかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーの質においても様々でほとんどの場合、不満を感じる人でした。こちら側は人生がの大事な事なのにもっと思い入れを込めて向かい合ってほしいという願いがいっぱいになりました。それが引き金となって自らキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得までには支出が増えました。また勉強においてもきつかったのですが、求職中の人から信用される人になるべく頑張っています。

再就職を考えている時にマークする募集内容の情報というの…

仕事を変えようとしようとしている時にマークする求人内容は基準的なものとして、アバウトに載せていることもあり得ます。そのため、載っている情報はすべて正しいものだと安易に信頼するのはやめておいたほうが好ましいでしょう。その中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給与に関しては平均の金額なのか?最低保証の金額であるのか?最高値なのか?という判断ができる人は少なく、独断でとらえてしまうと、今後、そのことを悔いる事も少なくありません。なので、募集内容はだいたいのものだと考えて、そういったようなたいへん肝心な内容は会社側に直に確認した方が良いです。

今年中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそう・・

年内中に転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうならぜひ失業手当をもらうことをおススメします。失業手当はあなたが勤めている会社で「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすれば誰しも失業手当を受け取れます。詳細の手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、状況によっては企業の都合や残業時間によっては日数をおかずすぐもらえる場合があります。このとき、受け取れる「失業手当」の金額については、最後に働いた月の給料を基準にして失業手当の支給する額を計算されるので、もし、「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想なのは繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

退職|派遣会社を通して働く人が近時多くなっていますが、もし、あなたが派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくら…

派遣会社を通して仕事をする人がだんだんと増加する傾向にあります。派遣社員として働く場合は、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、そのうちの何割があなたに入るのかを可能な限り面接のときに聞いておくべきです。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払うシステムになっています。実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが大半です。半分以上を還元しているのなら、良い会社といえますが、中には開示すらしない派遣会社も多く、ひどいものだと8割も自身の懐に入れ、2割しか労働者に還元しない場合も多いといえます。なお、面接の際にきちんと答えてくれないような会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、なるべく違う派遣業者を利用されることをおすすめします。

もしも転職を考えているなら、先に「資格」を取得しておくと有利になります。

もしも転職を考えているなら、前もって資格を取得することでステップアップできます。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格を取得するのがお勧めです。転職の際にあたって幅が広がるので、転職先を探すのが楽になります。といったわけで、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階の資格取得が最も好ましいタイミングです。未来を見据えて、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、会社を辞めた後も後悔なく次に進めます。そして、資格を持つことによって、転職先の面接時に「即戦力」と好意的に捉えられ、今までの職場より待遇アップも期待できます。

退職|私たちの労働環境は、将来的にぐっと思考を必要としない作…

将来、私たちの労働環境において今以上に簡単な作業は機械で対処されるようになり明らかに必要なマンパワーはどう考えても減少していきます。そのワケは、シンプルな作業はヒト以上に機械のほうが圧倒的に分があるからです。数量を計測したり、同じ動きを延々と繰り返すことは、機械なら何の苦もありません。もちろん人と違って文句も言わず、肉体的な疲れもないし、横着をすることもないし、正確だし均一化できるのも魅力です。また、人と違って賃金も発生しないのです。このような理由から、人間を使う意味がなさすぎます。機械にシフトされるもの当然の流れなのです。

今日はネット上の就職斡旋エージェントの中で「ヘッドハンティング」の専門業者も増えています。

近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社をよく見かけるようになりました。特許を出願したことのある人は、そういった会社からのコンタクト率が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人に限らず、研究開発で論文を発表した実績のある人や、マスコミで紹介されている人など、何かで有名な人に狙いを定めて、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのための理由にしています。仮に、あなたがヘッドハンティングと思えるような話をされたときには、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。極稀にヘッドハンディングと言いながら、登録料を要求しようとする業者もあるらしいですが、その手の会社はおそらくは嘘なので、気を付けましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

退職|転職活動では、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠となります。

転職活動の際には履歴書と職務経歴書を用意することが必須になってきます。大部分の企業は履歴書と職務経歴書に記載されている内容で面接するかどうかを判断するため、なによりもこれらの書類の作成が大切になってきます。単に穴埋めするだけでなく、内容が充実していることも大事です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、可能な限り自分のできることを記載しましょう。さらに、過去以外に、現職で挙げた実績でアピールをするのも忘れずに。例をあげれば前年比の売上を○パーセントアップを達成した、などわかりやすく記載しましょう。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。自分にプラスになるように転職エージェントを活用してみるのも満足のいく転職をするための有効な手段だといえます。

近頃パソコンを使えばわかるけどネットのエリアには、「転職のためのサイト」に類するも・・

最近スマホを使えばインターネットで見られる世界には今では「転職のためのサイト」と呼ばれるものが無数に存在しているのをご存知でしょうか?その多くて困るくらいのサイトから自分にピッタリの転職先というのを見つけたいなら、何よりも情報を収集することが欠かせません。こんな転職サイトをきっちり活用することで、スムーズな転職が実現します。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の優良な「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、注意が必要です。利用して間もない頃は、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大切ですから類似サイトと比較しながらチェックしてみてください。

退職|長く接客関係で務めていたのですが、年齢を重ねるにつれ・・

ずっと接客業で務めていたのですが、年齢を重ねると共に立ち続けるお仕事は体力的に難しくなったため、座り仕事である事務系のお仕事への転職を考えて行動しました。事務の経験がなければ少々難しくて、そこで接客の要素もある受付兼医療事務を目指そうと考え資格も獲得して個人の病院に転職しました。周りはベテランのパートさんばかりで人間関係に関しても難しい。夜のシフトばっかり押し付けられ、接客業で働いていた時より帰宅も遅いわけですが、初めの頃はキャリアを形成する時と割り切って頑張ります。

これはシフトの仕事に関する話です。

これはシフトの仕事に関する話です。毎週、特定の曜日に勤務できる人を募集する求人をよく見ますが、もし、応募しようと思っているなら休み方やシフトの提出方法を尋ねておいたほうが良いです。それはなぜかというと、私は過去に、産休で抜けた人の代理として正社員として就職したのですが、私のシフトがそこでは「土日」固定のシフトで、新人の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った前任の女性が「土曜、日曜」に必ず出れる人だったので、私自身もそのように思われていたみたいです・・・。「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変えてもらう必要があり、上の人に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私からお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日は一人だけなんて・・・。思い出すと本当に異常な職場だったんだと思います。

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年ごとに…

時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって自身の好きなタイミングで退職できるワケではないと転職活動したことで感じました。私は新婚生活が落ちついたら早く子育てに取り組みたかったので、妊娠する時がくるまでのあいだ、だいたい1年半~2年くらい今の会社でそのまま続けられれば良いなと思い就職しました。フルタイムでなく派遣社員だったので、給料は安かったですが仕方なく家庭の時間を優先するために、あえて選択しました。が、入社したあとで、一緒に働く人たちはほとんどの人が派遣の仕事を10年~15年ほど勤務しているというのです。意外にも派遣社員を選択したとしても、すぐ辞められる雰囲気ではないと気づき、この先どうすべきか、とても困惑しています。

もしあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」・・

もしあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方へと移住したうえで再就職してみたいと希望する人、実践する人が増えています。ここ最近は求人情報サイトを活用すれば、郊外・地方の求人も手軽にアクセスできます。残念ながら地方での求人情報では、大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが痛いところでもあります。なので、求人サイトを使用するのは当たり前ですが、求人サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトも見逃さずにチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している就業サポートの関連情報も注意してみておきましょう。

転職というものを考える際、そこでの年収について気にしすぎる人が…

転職について考えた場合、その職場の自分の給料ばかりを気にする人は、どうも多くいるでしょう。もちろん大部分の人は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費をもらうべく仕事するのはずです。だから年収がいくらかは自分自身の評価という側面もありますから、とうぜん大切なものであることは当然ともいえます。それにしてもひどく年収額ばかりを固執しすぎる人生というのもさみしいものです。この世には年収に反映されない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性が普通に転がっているからです。

『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自身の意志が本当に強いものであるなら・・

『なるべく早く転職をしたい!』と思っていて、その意志が強いのであれば、辞職したいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜかというと、相談という形で話せば上司に言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、最終的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。退職することを当初、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、結果的には数ヶ月働いて退職を受け入れられたのは同年11月です。希望では仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めたかったです。うまくいきませんでした。やはり企業側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでほとほとなんだかガッカリしました。