転職の面接で必要なスーツの色合いは、新卒の学生が就職活動の際に…

退職|転職の面接で必要となるスーツの色は、新卒の就活の時に着るカラーが…

  • 転職の時の面接で着用するスーツの色については、新卒の人たちが就職活動の時に着用している色合いが基本的です。つまり、黒系や紺系のダークな感じのカラーになります。それが、転職であっても、着用していくビジネススーツの色味はこういった落ち着いた色が多く、黒や紺以外の色の転職者は少ないです。それ以外だと、たまにグレーを着用している方が若干いるくらいで、だいたいは黒や紺のスーツが圧倒的に多いので、面接を行う人事部から見ても黒や紺のスーツが自然です。ですから、身だしなみ、という観点においてはそのようにする方が好ましいわけです。

    かつての私は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を活用していました。

  • 以前は、新たな仕事を探す時は主に「ハローワーク」が中心でした。その理由は、ほとんどの転職サイトは構造上、都心部にある企業の求人がほとんどだからです。そのために、新しい職場を探す際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やっぱり、有名な転職サイトに掲載されている求人よりもいくらか企業の知名度や給料は劣りますが、昔から地域密着型なため、都心部以外での転職をするときには重宝します。ですが、「ハローワークは地味なイメージがある」というイメージがある方も少なからずいるかもしれません。ですが、転職サイトにはない求人があるかもしれないので、もし転職するべきか悩んでいる場合は、お近くのハローワークへ1度行ってみるのも手です。大手転職サイトのように執拗な電話やメールもありません。

    転職サイトや転職エージェントなどを活用し、転職活動する人は年々増えています。

  • 転職サイトおよび転職エージェントを通じて、転職活動を行う人はたくさんいます。でも、より転職の可能性を高めたいなら、加えて転職フェアの利用が有益です。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、参加することであなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、それにとどまらず、そこで説明してくれるスタッフから、企業特有の個性を感じられるでしょう。仮に、転職フェアに参加する場合は、面接に臨むつもりでしっかりと自分を売り込みましょう。それによりフェアに参加している間に、企業側(の担当者に)認められれば、正式に応募して本格的な面接時に有利になることが期待できます。

    転職にあたってそれなりの準備はやらなくてはいけません。

  • 転職にあたって準備は不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、そんな中でも目に見える服装は大事な部分だと感じてしまいます。とはいえ、ここ数年の、企業面接に関しては形式ばらない服装で大丈夫な会社があるので、スーツを着て面接に臨まなくても良いでしょう。会社の設立したての新規の会社などは、フレクシブルな考えなので私服で行ったほうが、相手先に良い印象をあたえます。そして、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすい、というメリットもあります。そうして、私服ですと面接時に、服装の事で話題が広がることがありますから、面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、今後、転職は会社の「創業年数」で選択し、(ベンチャー系の)面接時には私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

    女性の再就職については、数年前と今とで若干の違いがあります。

  • 女性の転職については、ここ最近と一昔前では少し違ってきている点があります。前は会社側から結婚の予定や出産予定に関して、ごく普通に女性に質問していました。ですが、最近の動向としては、そのような内容は、セクハラに該当するとして質問しない企業の方が多くなっています。そしてまた、名の知れた大きな会社の場合は、かなり神経質になっています。ただ、会社側としては、はい・いいえ、で返答するのではなく、その女性の生き方結婚後も働きたい、「出産後はすぐに復帰するのか」などを把握しておきたいとは思っています。自分自身の価値観を理解してもらうためにも、志望動機や自己ピーアールとともに伝えることで、相手方にも考えが伝わり、また、モヤモヤも解消できると思います。というワケで、質問されていない部分も、先にあなた自身から気遣いながら答えておくのが良いでしょう。

    退職|新しい転職先で、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

  • 新しい仕事についてすぐは「年収」の理想を高くしないようにしましょう。特に、初年度はほとんど「試用期間」が入っている会社が多いです。私のときは、どうにかして転職したというのに、予想とは裏腹に前の職場での稼ぎとほとんどイコールということがありました。おまけに、業務内容は多様で忙しく、責任も重大だったために、はじめの1年は、ものすごく苦労しました。そういった経験をしたからこそ、初年度は、仕事を学ぶ年と割り切り、可能なかぎり転職前からお金をためて備えておくべき、と痛感します。

    退職|ほかの職業に転職を決断する理由は、その人それぞれではないでしょうか。

  • 違う職に転職する原因は人によりけりです。どういう理由が多いかというと看護師が他の職業への転職するには「職場の人間関係にウンザリしている」「結婚してから自分勝手にできなくなって子育てそれから親の介護など、さまざまな環境の変化など、これまでと同じようには今の仕事を続けられなくなっている」「給料に不満を感じている」というような悩みが抱えているのかもしれません。しかしながら、転職を実際に決断するまえに、「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、頭を冷やしてリラックスしながら現状を客観視することも大切です。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考したうえで決断してみましょう。

    私は20代までに転職2回で、そして現在、複数の資格をとるために、…

  • 20代前半に転職を2度経験して、今現在は資格取得のために派遣社員として働いています。常勤の勤務とは異なるため、やはり給料が少なくなってしまいました。しかしその分、前よりも心と時間的な余裕ができました。思い返すと、もっと学生のときに資格を取得し、仕事を続けるという方は本当に稀です。やはり、資格を活かしている人を見るとなんだか羨ましく思います。これまで私は、自分と他人を比べてしまい、ガッカリする日もありました。今は結婚を経験し、がらりと生活環境もかなり変わり、やりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、私も新たな目標に向かっています。

    派遣で働いています。派遣法や労働契約法のせいで残念な…

  • 派遣として勤務しています。派遣法とか労働契約法の関連で否応なく、長くお世話になった会社での就業を終わらせなければなりません。派遣仲間の中には、派遣の勤務先から直接雇用の位置をゲットした人もいるのですが抜擢された理由としてははっきり言うと仕事の能力というよりは派遣先の上司の扱いが上手な方でそれで採用された気配。業務処理能力よりおじさんにゴマをする能力の方がいるんだねーと抜擢されなかった他の派遣のメンバーと派遣先の会社で不満をたれる日々です。

    転職を目前にしているなら、今勤務している会社辞める・・

  • 転職に先立ち現在働いている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、自分からすすんで退職届を提出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」の際には即座に失業保険が出るのではなく手続きをした後で失業が認められてから3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。そのため、会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると勘違いしている人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、ハローワークのスタッフの方が間違っていると思い込んでそれが原因でハローワークの保険担当者と揉めているのを見たことがある。念のために付け加えておくと、労働者側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するときは、失業認定されてすぐさま失業保険を受け取ることができます。

    全くの未経験である分野などに転身するときには、以前の業…

  • 未経験である業種などに転身したいと思っている場合には、前職で、自分が培ってきた腕前やこれまでの経験が生きるという内容の訴えが必要になります。経験をしたことのない分野の場合、未経験の分だけその業界の経験者よりも正直、不利になりますけど、自分自身が保持している力がそこで生かすことができるということを話せれば、戦える場合もあります。以上のことを踏まえ経験が全然ないジャンルに挑む際には、その分野と自分が今までやってきた職務とのつながりを探しましょう。

    再就職における面接などに関して名刺を渡された場合、あなたも名刺を相手に…

  • 転職の面接などの場面で名刺を手渡されたら、自分も同様に名刺を渡す必要があるのか?と対応の仕方に迷った場合は、大体は差し出さなくても良いと覚えておいてください。転職のための面接というものは仕事の一環ではなく、仕事を得るための採用活動内のことです。ですから基本的には名刺をやりとりする時とは違います。加えて、あなたは立場上会社の者としてではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。それゆえに、もしも相手から名刺を渡さても、こちら側はもらうだけで問題なくて、相手側にあげる必要性はまったくないと考えられます。

    求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の場・・

  • 求人についての情報を見てみると、大部分の場合は大部分の株式会社では月の給与がしっかりと記載されていますよね。ただしこの部分を見る際は、しっかり確認する事が必要です。数字だけ見て判断しないようにしましょう。実はもしかすると、月収の金額の中身が「毎月30時間の残業」が含まれているおそれもあります。つまり残業代をトータルすることで魅力的な案件のように見せかけ、募集しているケースも少なくないのです。それ以外にも、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せているケースもあるんです。だから、そういった「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

    退職|転職活動をするいあたっては、事前に求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを閲覧したりし…

  • 転職活動をするとき、まず第一に求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを閲覧したりして気になる会社を調査するでしょう。ところが、当該会社がサイトや求人票に情報を出す際は、コンサルタントが主導していることが少なくありません。コンサルタントは、会社の利益とならない情報を隠す傾向があります。仮に公開するとしても差しさわりのない表現をします。その種の会社情報や社員のインタビューについては、額面通りではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、こんなはずではなかったと後悔することになりかねません。悪徳会社は、素直な人間を取り込み、その後、いろんなイチャモンをつけて退社できないように策を練ってきます。この手のことは、いわゆるブラック企業に多いです。

    退職|昔の求人情報には、募集要項の中に「性別」が、記載されているのが普通でした。

  • 数年前の求人情報では、募集条件の中に「性別」について、当然のように書かれていました。けれど今では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、男女差別が採用時にしてはいけないルールが決まり、募集要項の条件に男女の文字を見ることはなくなりました。とはいうものの、募集を出す企業側としては、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。そんなわけで、本当は男性希望の案件に募集に女性がやってきたり、女性が必要なのに男性が応募してきたり、でも採用されないといった可能性が高くなります。仮に、「女性が活躍している職場です」なんて書かれている求人募集の場合は、雇い主再度が「女性」を必要としている、と捉えておいたほうが良いといえます。

    一昨日新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社に登録に出向きました。

  • 転職先を探すために人材紹介会社へ登録に足を運びました。カウンセリングをするために現れた担当の人が見た感じ入社してから間もない新入社員のようで、私が説明している話の3分の1もその社員はわかってはいない様子です。おまけに「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくことが必要です」等、知ったかぶりに横柄に言い散らかすから大変不快でした。カウンセラーはそれなりに仕事の経験がある社員にするべきだと思います。