再就職する時に絶対に書かないといけない履歴書などにおいては・・

転職をしようとする際に必ず用意する履歴書や職務経歴書…

  • 再就職しようとする場合書かないといけない履歴書や職務経歴書などに関してですが、大方はパソコンを活用して作るのが一般的です。日本国内では履歴書や職務経歴書はパソコンではなく自筆で書くというのが当たり前と捉えられているようですが、それは新卒の人の就活やアルバイトやパートの際に用意する履歴書であって、実際には、転職においては絶対にパソコンで書いたものは駄目とは言えないのです。自筆の履歴書をベストとする場合もあるようですが、そうじゃないケースが多くなってきていますから、パソコンで作られた履歴書や職務経歴書書でもOKな企業はけっこうあるのです。
  • 転職先を探している期間は、自分の好きなことに時間を費やしたり、…

  • 転職先を探している期間中は、趣味に時間を費やすことに加え、体力を損なわない生活を習慣化しておくと良いです。再就職先が決まり、いざ仕事を再始動したとき、趣味に没頭していたことで、知らないうちに集中力が上がります。加えて、体力を補っている事で、他の社員さんよりも疲れない体になっているということを自覚します。そのため、退職して転社先が決まるまでは趣味に集中することと、体力を低下させないようにしておいて損はありません。また、その職場で同じ趣味を持った人と出会えれば、親しくなれるきっかけになります。ですから、好きなことをとことんまで極めることも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。
  • 近時は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件関係の取り締まりが厳しくなった・・

  • 近時は、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり、労働条件違反の取り締まりがきびしくなったり、悪質な会社が公開されるなど、罰則もそれなりに強化されていますが、未だ完璧とは言い難いのが現状です。ですが、実際に入社するまえの面接時に「ブラック企業」かどうかを見破る方法があるので、まずは理解しておきましょう。最初に、求人票等に書かれている労働条件を確認し、怪しい点について遠慮せずに質問してみることです。相手が「ブラック企業」だった場合、記載内容がウソだったときには、返答が曖昧なものとなります。「その場では答えられない」みたいな逃げ腰になります。特に給与と残業、休日に関しては、質問を重ねていくと渋い表情を見せるケースが多いです。それでも食らいつくと、ふてくされたかのような態度を見せるので、会社の正体がわかります。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、変だと思ったら、見抜いた方が後々いいと思います。
  • 再就職をする場合で絶対に聞かれるのが会社を退職した理由についてですが・・

  • 再就職をする際に面接でほぼ絶対に追求されることが辞職した経緯についてです。このような質問に回答する場合には話の内容を辞職した会社に向けない方が好ましいです。そのことが話の中心になるとほぼ確実に悪い印象を与える要素を含んだ話になってしまいます。どのように進めればいいかというとどうして前の職場を辞めたのかという事をこの会社にどうしても入りたかった理由があるといった話題に進めていくということで、自己アピールもかねて自分が入りたい会社の方に焦点をもっていくべきなのです。行きたい会社の話だとマイナスではなく良い面を押し出した前職を辞めた理由に聞こえます。
  • 転職するため仕事探しをする際に注意して欲しい求人は…

  • 転職活動をするときに注意が必要な求人の募集内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、拘束時間が長いものです。このような募集の場合、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれていることがたいへん多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、30時間、45時間というように(時間は例えです)求人の内容に時間の併記がされています。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、事前に給料に残業代を含んでおく、といったシステムです。(なお、これは合法です)仮に求人に『みなし残業代45時間込』とあれば、「記載時間分の残業代も含めてこれだけの給料がもらえます」という話になるわけです。が、悪質な求人では、告知しておくべき『みなし』を記載していないこともあるので注意をしておきましょう。
  • 今、私は派遣会社に登録して仕事をしています。

  • このところ私は派遣で働いています。インターネットサイトで何の気なしに気になる仕事を見つけて応募したい旨を伝えたところ「残念ながらその仕事は、他の人でお話が進んでいます」という答えられ一瞬ウェブサイト上から仕事の情報がなくなるのですが、翌日には再び載っています。これは結局私ではダメだって意味ですよね。それであるならば最初からカドが立たない程ではっきりと伝えてほしいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。はたまたひょっとして偽のお仕事なのでしょうか?
  • 退職|失業時の助けになる「失業保険」は、失業のあいだが給付条件ですが…

  • 失業時にもらえる「失業保険」は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、給付される期間が定められています。失業時までに勤務していた期間に応じて違い、3ヶ月とか1年と決められるのですが、驚くことにこの現実を理解していない人がいます。失業中である限りもらえると思い込んで失業保険がもらえるからと遊び続けている人もいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから慌てて就業先を探してもろくなところが見つからない確率が高いです。会社の面接官もバカでは無いので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかに関してはほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。ときには、面接担当者からそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、9割がた受かりません。
  • 転職活動を現職と並行している人が多いです。

  • 転職活動と現職の同時進行を行っている人は少なくありません。でも、働きつつ求人を探し応募したり、面接に行くのはスケジュール調整も含めて大変だといえます。転職活動中は、今の職場の同僚や上司に隠さなければいけません。深く考えずに応募する、という人がいますが、仮に、書類選考を通過し、面接が決定した後で辞退すれば今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを介して応募していた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、それとは異なり直接応募していたとしても、応募した会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。どちらにしても貴重な時間をムダにしかねないので、行くつもりのない会社は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると意識しておきましょう。
  • 再就職の際に必ず受けることになる面接では、中堅企業クラスの場…

  • 転職の際の面接は、小企業であれば、ほとんど、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、それ以外の場合もあるようです。実際に今後一緒に仕事をする部署の責任者、平たく言えば課長・部長などの役職の人が面接することも決して少なくありません。また営業職や事務職といったジャンルでは、資格だけでは具体的なイメージはありませんので、自信をもって自身を売り込んでいく事で良い印象を与えることができます。面接担当から「この人はハッキリ自己主張できるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、印象付けることがとても大事になります。
  • がんばっている転職する活動の際、「私は経験としてこういった…

  • 今がんばっている転職する活動の際、「自分はこれまでこういう仕事を長く続けてきました」「過去の仕事では、このような技術を身につけました」と過去の自身の成功体験やセールスポイントをよく伝わるようにアピールする人はしばしば目にします。ですが、希望する再スタートを狙う環境下で「させてもらえるのならばこのようなことをしてみたい」「私が言ったような内容ならぜひ貢献したい」と未来の姿を通してアピールする方が効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。
  • 退職|昔は看護婦という名前だった看護師という職業は、女性のとても…

  • 以前は看護婦ですが看護師というのは職業としてどうしても女性比率がたいへん高い職です。厳しいことに気力だけでなく体力ともに負担が大きい特徴があります。それ故に、職場環境での対人関係で行き詰まったり、結婚や出産といった仕事と私生活との両立が難しい職業ともいえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職される人が多いといいます。過酷な環境ということもあり、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に悩まされています。というワケで、医療業界は、看護師が足りない「売り手市場」であるため、それが転職増加の原因の一つなのかもしれません。
  • 退職|転職活動のコツは企業そのものというより、採用担当の面接係員と…

  • 転職活動で重要なことは企業そのものというより、具体的には「担当面接官」との勝負が大半といえます。しっかり採用してもらうために、初歩として普段通りを意識して焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。素敵な女性とお見合いをする、といった気持ちでいる向かうと緊張がとけるかもしれません。また面接官に対してはまずは自分の人間性をチェックされてしまうので誤解を招くような言動や見た目は気をつけてゼッタイに避けましょう。そして良識ある社会人らしく状況に適した服装(T・P・O)を意識しておきましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、きっと転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。
  • 退職|近年では、株や不動産投資等の不労所得を得たり、個人経営 、起業・・

  • 近年では、株式・不動産投資などといった不労所得、もしくは自営業、起業等、そういった背景もあり、「雇用されて働くこと以外の道はキケンだ」といった見解も変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも組織の一員として働くほうが手堅いとされ、人が生きていくうえでもっとも正しい道として世の中に認知されていました。そんな時代は終わり、時代は変わって「成熟期」などといわれます。今後は、機械化、自動化が進んで仕事においても人が不要な社会になる、といいます。
  • 退職|派遣として働く会社が決まりました。

  • 派遣でのお仕事が決定しました。最初の出勤日に派遣会社で営業を担当している人と就業先の近くのコンビニで落ち合うことになっていたのですが、彼がなぜかコンビニの前にいないから店内にいるのだろうと考え店の中に入ってみたら、こともあろうに雑誌コーナーの前に座り込んでいやらしいグラビアのページを開いて読んでいるところを発見!こんな担当の人のお仕事なんて願い下げだと感じて、その場で声をかけずお店を出て即座に派遣会社に辞退する旨の連絡を入れました。
  • 再就職の面接のときにつける腕時計については、ビジネスの場らしからぬ派手すぎる…

  • 再就職時の面接で使う腕時計の事についてですが、目立つような時計は着用をやめた方が安全です。腕時計で目立つものというのは見るからに高価そうに見えたり、といった意味合いだけではなくそれとは真逆で安物の腕時計の印象を与えるとか、そういった目立つということで真反対なことで目を惹く、と思い浮かべておきましょう。転職の面接のときにする腕時計に関してもポジションとしてはネクタイやスーツと一緒の考え方で、面接にふさわしい無難なものを身に付けるほうが賢明だと言えます。そうはいっても、歳に適している腕時計ということも大切なことで、新卒の就活の頃にしていた腕時計よりはほんのわずかであっても値が張るものにした方が良いと言えます。
  • 良い転職先を見つけるためには、戦略を立てながら行動をしましょう。

  • 満足できる転職するを希望しているのなら、行動する前に行動をしなくてはいけません。そうするには最近は会社の名前を知られていない小規模な会社であってもHPを開いているというのがたいていなので、ネット検索で自分が気になる点を手に入れるとまたその企業のわからないこと等を整理しておくと転職に役立ちます。さらに公式サイトのほかに、「転職サイト」を利用してみるのも効率的ではありますが、ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何よりも転職の候補している職場を自分の目で見て判断してみるのも良いと思います。