直接雇用ではなく派遣という形態で働く人が規制緩和以来・・

派遣会社に登録し、働く人が過去の規制緩和以降、増える傾向にあります。

  • 派遣会社に登録して仕事をしている人が過去の規制緩和以降、増えています。仮に自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(または比率)、自分に入ってくるかを可能な限り面接の際に聞いておいた方が無難でしょう。派遣業は、労働力を必要とする会社に人材を派遣し、その見返りに、手数料を徴収していくシステムになっていますが、派遣会社の大半は、派遣労働者の取り分をあいまいにしていて、公開していることは少ないです。50%以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、中には開示すらされないところも少なくなく、酷い場合は、労働者に2割しか還元しなかった、ということも多いです。面接の際にきちんと返答しない会社は、隠ぺい体質であることが多いので、なるたけ違う派遣会社を利用されることをおすすめします。

  • 転職される場合は、資格を取得することでステップアップできます。

  • もし転職される場合は、「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。また、転職活動を始める前の段階で、資格取得をしておくと、転職活動でそれを生かせることができるので、新しい仕事を探すのも簡単になります。そんなわけで、在職中であり、かつ転職活動前の段階がもっとも良いタイミングといえます。もしあなたが転職を目指しているなら、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、現在の仕事を辞めたとしても躊躇なく次に進められるはずです。それに加えて、資格取得後は転職先の面接で「即戦力」な人材として認められ、以前より待遇アップも期待できます。

  • 今後より一層短絡的な作業は機械化が発展していき最終的には…

  • 私たちの労働環境は、将来的にみるみるうちにシンプルな作業は機械化が進行し、その切り替えによって人手は縮小していきます。なぜなら、短絡的な作業という観点では人間以上に機械でやったほうが圧倒的な作業量をこなせるからです。数をカウントしたり、同じ動作をずっと繰り返すのは機械では当然何の苦もありません。もちろん人間とは違って不平不満を言わないし、疲れることもないし、適当にすることもないし、正確だし均一化できる強みもあります。おまけに「人件費」が発生しないのも違いですね。なので、労働力として生身の人間を使う意味がまったく無いため、機械化の流れは無理はありません。

  • 最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの専門会社も増加しています。

  • 最近、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に行う会社も増えてきました。あなたに特許権取得の経験があるなら、コンタクトを受ける可能性が高くなります。彼らは、特許申請を行った人だけでなく、研究開発で論文を出した人、メディアによって注目を浴びた人など、「功績」ある人をターゲットに、電話・メールで接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと腐心しています。仮に、あなたがヘッドハンティングと思えるようなことを言われた際には、そういったことが無かったか考えてみましょう。近年はヘッドハンディングと言いながら、登録料を要求しようとする業者もありますが、そういったものは間違いなくサギであるので気を付けましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を出すことはまずありません。

  • 退職|転職活動では、履歴書と職務経歴書を用意することが必須になってきます。

  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が必須だと考えられています。多くの企業は履歴書に加えて職務経歴に記載されている内容を見て面接するかどうかを決めるため、まずはこの2枚の書類が大切なポイントです。ただ文字を書くだけにとどまらず、内容が充実していることも大事です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、可能な限り自分のできることを書き出します。さらに、現在の会社で挙げた実績を、たとえば売上〇%UPした等、わかりやすく書くのが望ましいです。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、上手な文章を引き出したりして自分の価値が高まるように、転職エージェントを利用するのも満足のいく転職をするための有効な手段です。

  • 最近はPCやスマホを見ればインターネットで見られる世界…

  • 世の中は変わっていてパソコンは便利でインターネットの世界では、今では「転職に関するサイト」に類するものがあちこちに存在しているのをご存知でしょうか?サイトから自分にピッタリの転職先を見付けるために、最初は情報を集めることが必要です。こんな「転職サイト」を上手く使いこなすことで、効率的に転職先を探せます。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む役に立つ「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。はじめは、本当に信用していいサイトかどうかを他と比べつつ、チェックしてみましょう。

  • ずっと接客関係で働き続けてきましたが、歳をとると共…

  • 長期間接客関係で働いていたのですが、加齢とともに立ったままのお仕事は体力的につらくて、座って仕事ができるオフィスワークへ仕事を変えることを志して活動をしました。事務の経験がない場合わりと難しくて、それなら接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務になりたいと思い資格を取得して個人医院に転職しました。周りは超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係が大変。いつも夜の勤務を押し付けられて、接客業をしていた時よりも帰りも遅いわけですが、初めの頃はキャリアを形成する時期だと腹をくくり頑張ります。

  • 退職|これはシフト制の仕事についての話なのですが、毎週、一定の曜日…

  • 「シフト制」の仕事についての話です。毎週、決まった曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方や休む手順については、事前にチェックしておくべきです。以前に私自身が、出産のため休む人の代わりに正社員として働き始めたのですが、土曜、日曜が固定シフトで他に誰も来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った前任の女性が「土曜、日曜」に必ず出ることができたので、私自身もそのように思われていたみたいです・・・。実際「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、上の人に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自ら依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を1人の人に任せるって・・・思い出す度、「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

  • 派遣社員になっても自分の好きなタイミングで退職できるものではない・・

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても契約期間を過ぎたら自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはないと実際に転職を通じて理解しました。私は結婚後、落ち着いたらできればすぐに子供を授かりたかったので、それまでの期間のためにだいたい1年半~2年くらい今のそのまま仕事したいと思ったので、就職することにしました。フルタイムでなく派遣社員だったので、正社員よりも年収は少なかったのですが、仕方なく家庭の時間が得られるのでガマンしました。しかし、いざ入社したあとで、一緒に働く人たちは多数のスタッフが10年~15年くらい勤務しているというのです。結論として派遣であったとしても、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

  • 仮にあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にお・・

  • もしもあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、都会から郊外・地方に移住したうえで再就職したい、と考えている方が、ここ最近増加しています。この頃は転職サイトを使用することで地方での求人情報もカンタンにアクセスできるようになりました。けれども、地方での求人に関しては、都市部ような選択肢がないので、その点がマイナスといえます。そのため、求人情報サイトだけに頼りすぎるのも考えものです。転職サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」のサイトなども頻繁に確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する転職サポートに関する情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。

  • 退職|転職をする場合、その職場の給料ばかりに気を取られる…

  • 転職というものを考える際、転職先での給料を気にしすぎる人がけっこう多くいるようです。もちろん大半の人は、だから生活費を稼ぐべく励むのはずです。年収は自分がどのくらい評価してもらえるか、という面もありますから当然大切なことは当然ではあります。しかし、ひどく年収というものばかりを異常にこだわりすぎるのも人生を損してしまう気がしませんか?この世には収入に直結しない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性が多々あるからです。

  • 退職|『なるべく早く転職したい!』と思っている人のなかで…

  • 『転職をしたい!』と思っていて、その意志が強いのであれば、すぐに上司にそのことを伝えるべきです。なぜかというと、そのときに曖昧な表現をしていると、上司に言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、スンナリと受理されずに結果的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。辞めたいということをはじめて直属の上司に相談したのが年度末で、数ヶ月働くことになり、退職が認められたのは同年の11月です。本音はちょうど年度末いっぱいで辞めたかったのに、思ったとおりにはいきませんでした。やはり会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの意見を聞かないまま、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでさすがにガッカリしました。

  • 会社で何かあって心的な負担が大きくなり、転職せざるを得ない状況に至ったな・・

  • 会社で何かあって精神的な負担が増え、転職しなくてはいけない状況となったなら、そのときは、相談するのは職場の人でなく家族などの近しい存在の人と話して、退職するかどうか判断した方が良いです。なぜそうしたほうが良いかというと、働くことは自身のことでもあります。が、しかし同時に家族の問題でもあるのです。どんなに高い給料をもらっていたとしても、心的ダメージを負うほど、我慢して働きつづけるのは、好ましいとは言えません。今の社会では、金銭的なことよりも、仕事のしやすさを大事にする生き方も徐々に認知されつつあります。ですから、身内や、あなたの心のケアを忘れないようにしましょう。

  • きちんと失業保険を給付してもらうためには、仕事を見つけようとしているという証明が必要となります。

  • 失業保険の給付は、職を見つけようとしていることを証明しなくてはいけません。しかし、現実的には「今まで忙しすぎたので、少しの間でものんびりと過ごしたい」というのが現実だと思います。ちゃんと職を探しているように見せかける方法があるので紹介します。毎月欠かさずハローワークに行くのは必要ですが、そこで、求人票のチェックは少なくともやっておきましょう。本腰を入れて探す気力がないときは、「求人票」にさらっと目を通し、(ハローワークスタッフとの)面談時に「労働条件のいい仕事ややっていけそうに思える仕事が残念ながら見つけられませんでした」と相手に報告し、次の機会を狙いましょう。

  • 今の自分のスキルや資格が有利にはたらくように再就職をしようと考えているのなら、…

  • 自身のスキルを有効活用しながら、転職活動を検討しているなら、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルと比較的、転職が難しい業種がある事を前もって理解しておきましょう。再就職がしやすい業界としては、たえず人手不足である医療や介護系のジャンルが最たる例です。医療や介護の業種では看護師、介護士の「資格」が必須なため、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。しかし、今「医療・介護」の仕事に従事していて、ワケあって、他のジャンルへ再就職してみたいと思う場合は、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の働き手の流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。ですから、安易に考えないことが重要です。異業種への再就職を実際に行う際は、他の業種では医療や介護系の業界のような売り手市場ではないと覚悟しておいたほうがよさそうです。

  • ある古物商の人員募集にて、書類選考に受かったので、相手方から、面接予定日を連絡してもらいました。

  • とある古物商にて、書類選考をクリアしたため、担当者から、面接日時を教えてもらいました。けれども、当日、指定場所へ行ってみると、どうしたものか相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。責任者らしき人が面接中も半ば聞きというか、始めから終わりまで、非常にけだるい表情を見せ、やっとのことで面接が終わりました。予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、しびれを切らし、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で本日送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、私の手に届くことはありませんでした。ふたたび、質問したところ、なんと、「残念ですが不採用とします」、とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまいました。あまりのことにしばらく言葉も見つかりませんでしたが、内心、採用されなくてよかったです。