退職|女性が再就職するに当たり、数年前と現在と若干、違いがあるようです。

女性の再就職については、一昔前と今日とでは若干、状況に違いがあったりします。

女性が転職するに当たり、セクハラが社会的に問題になる前と、ここ最近とでは多少の、違ってきている点があります。過去には、結婚観や出産後の方針についてごく普通に質問されることが多くありました。ところが、今ではそういった内容はセクハラと会社側が捉え、質問を避ける会社が増えています。そしてまた、とりわけ大きな会社ほど、NG質問として扱われています。けれど実際、企業側としては、〇か×かの2択ではなく、その人の生き方結婚後も働きたい、出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいと思っているはずです。自らの考えをわかってもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールと併せて表現することで、企業側も考えがわかり、また、モヤモヤも解消できると思うわけです。そういうわけで、たとえ、質問されていないことでも、先にあなたから気遣いながら話を進めていきましょう。

退職|転職しようと思うなら、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

職場を変えたいと思っているのなら、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いです。とりわけ転職して1年目は「研修期間」が入っている会社が多かったりもします。自らの事例では、やっと転職して悲しいかな年間報酬が前職とあまりイコールということがありました。そして、業務内容はきついうえに、立場上責任を伴い、1年目を乗り越えるのにたいへん労力を伴いました。そういった経験をしたからこそ、1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、極力転職以前に貯蓄をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

看護師という職業の人の他の職業に「転職しよう」と思う原因…

それと違う仕事に転職の理由はその人によりけりです。考えてみると看護師が他の仕事への転職には「職場環境の人間関係にウンザリしている」「結婚がきっかけで自分勝手にできなくなって出産そして子育てさらに家族の介護など、いろいろな環境の変化など、働き方が厳しくなってしまった」「収入に大きな不満がある」といったような悩みが考えられますね。しかし、実際に転職される前にどうして転職をしたいとと、今一度じっくりとそして客観的に見つめ直すことも大切なことです。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考してみて、決断すれば間違いが減らせます。

20代の時点で転職を2回し、現在、いくつか資格を取得するため、…

これまで20代前半に転職を数回行い、いまは資格をゲットするべく「派遣社員」で勤務しています。フルタイムの勤務とは違うので毎月の収入が以前よりも少なくなりました。以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。学生時代にもっと資格を取得し、仕事できれば良かったのに、とは思います。また、きちんと資格を活かしている人を見ると無性に羨ましく思ったりもします。昔の私は、それなりに成功している人と自分を比べ、ガッカリする日もありました。しかし今は、結婚し、私の生活そのものが大きく変化し前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、しあわせな生活を送れるようになりました。

派遣として働いています。派遣法とか労働契約法のから・・

派遣として就業しています。派遣法や労働契約法のせいで残念ですが長く務めてきた派遣先での勤務が終わります。仲間の派遣社員の中には派遣先から正社員の条件を手に入れた方もいるのですがそれは正直仕事の能力とは関係なく派遣先の上司の扱い方がうまくてそれで採用された感じ。業務上のスキルよりおじさん転がし能力が大切なんじゃないのと他の派遣の同僚と派遣先の会社で愚痴を言ってます。

転職のために現在勤務している会社を辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが…

転職を行う際、現在働いている会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、仮にあなたの都合で退職届を出して退社する、いわゆる「依願退職」のときは失業保険はすぐには出ず手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月待たなければ受け取ることができないのです。よく間違って退社日の翌日からちょうど3ヶ月で受け取れる、と誤解しないようにしましょう。この規則について誤解している人が、ハローワーク側にミスがあると言い張ってその結果としてハローワークの担当スタッフと過去に口論していたのを見たことがあります。なお、リストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定されてから即座に失業保険が給付されます。

全く経験したことのない分野とかに職を変えようとするときには、…

全く経験したことがない分野などに転業を行う際は、以前の会社で培ってきたスキルや今まで経験したことを発揮できるという自己アピールがいるようになります。経験がない人は経験のない分その業種で働いたことがある人よりも不足することはありますが、自分の持っているスキルがそこで発揮できるということを相手に伝えることができれば、戦うことができることも多くあります。なので、経験のない分野に挑戦する際には、その業界とこれまでに自分がしてきた職務との関係性を可能な限り探し出してみましょう。

退職|転職での面接などの時に担当者が名刺を手渡してきた場合・・

再就職における面接などに関してもし面接担当者に名刺を差し出された場合、こちら側も名刺を相手に渡すべきであるのかどうかと悩んだ際は、普通一般的には差し出さなくても良いと理解しておいてください。転職のための面接においては仕事の内ではなくて、職を得るための採用活動内のことなので、基本的には名刺をやりとりする時間とは違います。また、あなたは立場上会社の者としてその場にいるのではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。という事で、もし相手側から名刺を渡されても、こちらの方は受け取るだけでよくて、担当者に相手にあげる義務は少しもないと推測できます。

求人関連の広告には、普通の株式会社では月収の記載に目が行きますよね。

求人についての情報では、大部分の企業では月の給料が記載されているはずです。ただしこの箇所を見る際は、注意して確認する事が必要です。その数字だけを見て判断しないほうが良いです。企業によっては、月収のなかに「毎月10時間分の残業」が含まれているおそれもあります。残業代を含めて金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも考えられるのです。それ以外にも、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている所もあります。ですから、その手の「不誠実」極まりない案件は、はじめから相手にしないほうが無難です。

転職する場合は、はじめに、ハローワークの求人票を閲覧したり・・

転職活動を行うとき、まず第一にハローワークの求人票や求人雑誌を閲覧したりして気になる会社を調査するはずです。ですが、その会社がサイトや求人票に情報を出す際は、専属「コンサルタント」が手を入れている可能性が高いです。彼ら(コンサル)は、会社にマイナスとなる情報を隠す達人でもあります。たとえ公表したとしても差しさわりのない表現をします。そのような類の会社や社員に関連する情報については、すべてを事実だと考えるのではなく、疑いながら読むべきでしょう。美辞麗句を信じて会社に入った場合、「話が全く違う」とあとでガッカリすることになりかねません。たちの悪い会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、あれこれイチャモンをつけて辞めさせないように画策しています。このようなブラック企業には注意しましょう。

昔の求人情報では、求める人材の「性別」まできちんと書かれていました。

数年前の求人情報には、必要とする人材の「性別」までしっかりと記載されていました。しかし今では、男女雇用機会均等法の施行によって、雇用時、男女差別がないようにしないといけないルールとなり、応募条件のなかに男女の性別を記載しないようになりました。しかしながら、募集情報を出す側は、性別に拘らず採用するとは限らないのです。なので、本当は男手が必要なのに、女性の応募が殺到したり、女性希望の企業に男性がエントリーしてきたり、といったトラブルは誰にも起こり得ます。たとえば、「女性が活躍できる職場です」といった内容なら、これは女性を望んでいると認識したほうが確実です。

昨日新しい仕事を見つけるために人材会社へと登録に行きました。

この前転職先の会社を探すために人材紹介会社に登録に行きました。そこで登録カウンセリングを行うために出てきた担当者がどうも社会人経験の少ない社員のようで、私が説明した話の5割もわかってはいない感じです!そのくせ「キャリアデザインに問題があります」とか「きちんと強みと弱みを明確化するべきです」等、上から目線で横柄にしゃべるので非常に嫌な気落ちになりました。カウンセリングをする人はいくらか仕事を経験している社員にしてほしいと感じます。

就職活動において、年収は大変大切なポイントです。

就職活動において、年収はとても大切なポイントです。面接において、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで実際もらっている年収よりも多めに申告し、多額の年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。結局は源泉徴収を提出することになるので、仮に一度は信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソがバレてしまいます。運が悪ければトラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが正解です。例をあげると、今の年収が300万円の人が転職後にいきなり500万円になる可能性はないものと考えておくべきです。もし、今の年収が430万円だとすると、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが良いでしょう。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、一時的に転職先に合格をもらったとしても、直後に退職しなくてはいけなくなるかもしれません。

退職|私が勤め口を探していたころかなりいくつかの人材紹介会社に登録していのだ…

自らが仕事を探していた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それはサポートしてくれる担当者のレベルが色々あって大方満足できない感じる人ばかりでした。私にとってはとても重要なことことだからもっと気持ちを込めて向き合ってほしいという欲が積もって、その事がきっかけとなり自分自身がキャリアカウンセラーを目指すことになりました。資格取得のためには経済的に負担も増え資格取得のための勉強に関してもとてもハードですが、就職活動の際に頼みとされる人になるために頑張っています。

転職をする際に閲覧することになる募集要項は、目安として、アバウ・・

転職を考えている際に閲覧する求人内容については目安として掲載されている、という確率もあり得ます。ですから、書いてある情報は100%正確な情報だとは信頼すのはやめておいたほうがいいと思います。特に給与の金額などにおいては、平均的な値なのか?最低限保証されている給料であるのか?それとも最高値の金額であるのか?という読みができないケースが多く、自分の勝手な判断で考えてしまうと、後から悔いが残る可能性もあり得ます。なので、悔いることのないように、募集内容の情報というのは、目安だと思って、そういったたいへん肝心な内容は会社側に直に確認した方がよろしいでしょう。

今から転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでに時間があるのな・・

年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら可能ならば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。今働いている会社がもし「雇用保険」を払っていた場合は、誰しも失業手当を受け取れます。ハローワークで手続きをしてくれます。もしも自己都合で会社を辞める形になったなら、3か月の待機期間があるのですが、今の企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちに受け取れることもあります。このとき、支給される失業手当の金額は会社で最後に働いた月の給料を基準に割り出されるので企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。