転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえます。

退職|転職活動では、履歴書と職務経歴書を準備することが必須です。

  • 転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書を必ず用意しなければいけません。会社の多くは履歴書及び職務経歴書に記載されていることによって面接するかどうかを決めるため、まず第一にこの2枚の書類の作成が大切なポイントになってきます。ただ穴を埋めるだけにとどまらす、内容の充実を図ることも重要です。「職務経歴書」では、これまで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を記載します。さらに、現在の職場で挙げた実績を、例をあげれば売上〇%UPした等、わかりやすく書くのが望ましいです。作成が難しいと思ったときは、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。自分のブランディングのためにうまく活用することも転職を成就するための一つの手です。

  • 世の中は便利になったものでパソコンを使えばインターネットのエリアには…

  • 今ではスマホで調べればインターネットで見られる世界には要するに「転職に関するサイト」と呼ばれるものがあちこちに存在しています。その多くのサイトから自分自身の目的に合った転職先と思えるのを見いだすには何よりも情報収集をする必要があります。こんな転職サイトをしっかり使うことで、満足度の高い転職を叶えられます。最新情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される優良な「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。まずは、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、確かめてみましょう。

  • 長年接客業で仕事をしていたのですが、年のせいか立ったお仕事は…

  • ずっと接客関係で仕事をしていたのですが、歳をとるにつれ立って行わなければいけない仕事は体力的にしんどく、座り仕事である事務系のお仕事へ転職することを目指して行動を起こしました。事務の経験がないとなかなか厳しくて、だから接客の要素もある受付兼医療事務になりたいと資格も獲得して個人の医院に転職しました。周りは超ベテランの先輩パートさんばかりでよい人間関係を気づくのが難しい。夜のシフトばかりさせられて、接客業をしていた頃より帰宅する時間も遅いわけですが、とりあえずはキャリアを形成する時と考えて仕事に励みます。

  • これはシフト制のある仕事についての話なのですが、毎週、特定の・・

  • これはシフトの仕事についてです。特定の曜日に働ける人を募集する求人を頻繁に見るのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法、休み方については前もってチェックしておくべきです。それはどうしてかというと、私は以前産休で抜ける人の代わりにと正社員として仕事に就いたのですが、私のシフトが土曜、日曜が固定シフトで新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った前任の方が土曜、日曜は必ず出勤できる人だったので、私もそのように思われていたみたいです・・・。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフト変更を前もって伝える必要があり、職場の先輩たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私から頭を下げなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?思い出すと本当によく我慢したなと思います。

  • 派遣社員だからといっても、契約期間を過ぎたら自分の好きなタイミングで辞められるものではな…

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、契約期間を過ぎたら任意のタイミングで辞められるわけではないと、転職活動したことで実感しました。新婚し、生活が落ちついたら早く子供を持ちたかったので、子供ができる日が来るまでのあいだ、1年半~2年だけ現在の職場でそのまま仕事したいと思ったので、就職することにしました。その為、収入は少なかったですが、仕方なく時間的な自由のために、この道を選択しました。ですが、いざ入社してみたら、一緒に働いている人たちはほとんどが派遣社員として10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。結論として派遣であったとしても、契約が終わってもすぐに辞められる雰囲気もないと知り、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

  • 再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」「Iターン」におい…

  • もしもあなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、大都会から地方に移住しつつ、再就職したいと考える人が増加しています。一昔前とは違い求人情報サイトを用いれば、地方・郊外の求人も閲覧できるようになっています。ですが、地方での求人はどうしても選択肢が限られてくるのが一般的です。ですので、求人サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。求人情報サイトにプラスして、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもこまめにチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する就業サポートに関する情報も見逃さないようにしましょう。

  • 転職というものをする場合、転職したあとの給料ばかりに気を取られる…

  • 転職というものをしようと考えたとき、転職先での給料について気にしすぎる人がとても多くの方のようです。ほとんどの人は、だから生活費をもらうために仕事をしているとは思います。したがって年収がどれだけかは自分自身の価値を測る指標という見方もできるから、とうぜん大切なことは無理もありません。しかしながら、ひどく年収に執着しすぎるのも悲しいものです。それより年収が期待できない業種でったも精神的に満たされる可能性があるからです。

  • 『なるべく早く転職をしたい』とおもっている方、将来の進路がハッキリしているのなら・・

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人のなかで、自身の意志が強いのであれば、辞めたいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。そのときに曖昧な表現をしてしまうと、もしかすると言いくるめられるおそれがあるので要注意です。実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職するタイミングを伸ばされてしまい、退職するまでに半年くらい掛かりました。辞職することをはじめに、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、退職が認められたのは同年の11月です。予定では、仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、あれこれと理由を付けられて、かなり伸びてしまいました。企業も、人事的な都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かないまま、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、非常に前の会社に対しての信頼はなくなりました。

  • 会社が原因で心的な負担がかなり増え、転職を考えざるを得ない状況に至ったな…

  • 会社が原因で回復が難しいほど精神的にまいってしまい転職せざる負えなくなってしまった時には、相談するのは職場の人にするよりも身内に話を聞いてもらい転職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜそうしたほうが良いかというと、働くことは当事者であるあなたですが、同時に、家族の問題ともいえるのです。どれだけ報酬が良くても精神的ダメージを負ってしまうまで我慢しながら無理して働くのは良い訳がありません。昨今は、物質的なことよりも、働く本人が働きやすいことを優先していく生き方も徐々に増えつつあります。ですから気に病むことなく、あなた自身の家族や、自分の心と体を大事にしましょう。

  • 退職|きちんと失業保険を給付してもらうためには、仕事を探していることを証明しなくてはいけません。

  • きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を探しているという証明が必要となります。けれども、現実的には「久しぶりに仕事から解放されたし、少しの間でものんびりと過ごしたい」と考えるのが現実でしょう。というワケで、真剣に仕事探しをしているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。月に一回ハローワークに行って担当職員と面談するのは当然ながら必要ですが、求人票を見ることは必ずやっておきましょう本気で探すモチベーションがわかないときは、求人票を真剣に見ているフリをして、ハローワーク職員との面談のときに、「納得できる条件の仕事や続けられそうな仕事が残念ながら無かった」と言って、次の機会まで待つという方法もあります。

  • あなたが持つ現在のスキルを活かしつつ、再就職をするつもりなら、…

  • 今あるスキルや資格を有効活用しつつ、転職活動をしようと考えているのなら、再就職し易い業界と比較的、転職が難しい業界がある事を認識しておきましょう。転職の難易度が低めの業界では、慢性的に人手が足りない医療や介護系のジャンルが代表的といえます。医療や介護では、看護師および介護士の「資格」が必須であるため、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。今現在、医療従事者として勤務している人が、仕事のきつさから、異業種に転職しようと思う場合は、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外の業界は、流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。したがって、容易に考えない事が必要です。異業種への再就職を本気で考えるのであれば、他の業種では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておきましょう。

  • ある古物商の社員募集にて、書類審査を通過しました。2、3日・・

  • とある古物商の求人に応募し、書類選考をクリアしました。その後担当者から面接日時を告げられました。けれども、面接日当日、指定場所まで行ってみると、手違いがあったのか相手の面接の用意が全くできていない状況だとがわかりました。しばらく待って、責任者らしき人が面接担当をしてくれましたが、始めから終わりまで、だらしのない態度で迎えられ、面接が終了しました。しかしながら、予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、ガマンできなくなり、私の側から問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未着で仕方がないのでふたたび、問い合わせたところどういったわけか、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、と有無を言わせずに電話を切られてしまったのです。呆れ果てて言葉も出ませんでしたが、率直に、不採用で良かったと痛感しています。

  • 再就職の際の面接についてですがクールビズで良いとと事前に連絡が来る場合もあります。ですが…

  • 転職の時に行われる面接時の身なりは企業側からクールビズでもOKとと事前に連絡が来る場合もあります。しかし、なかには、クールビズで面接を受けるのは本当は駄目なのでは?と疑ってしまうこともあります。クールビズに関する迷いを持っている人たちに言っておきたいことが、企業側からクールビズを指定された面接については書かれている内容を素直に聞き入れたほうが無難です。色々悩みすぎてしまい、汗をかく時期にしっかりとスーツを着用すると不自然なイメージを持たれてしまいます。ですから、クールビズで来てくださいと伝えられたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

  • あなたが今、「転職サイト」で自分がストレスなく働…

  • もしあなたが転職サイトで自らのライフスタイルに合った魅力的な企業情報をあれこれ見ているのなら、「転職エージェント」も併せて利用しておきましょう。なぜなら登録は簡単です。エージェントサービスに登録後エージェントが紹介してくれる求人は、一般的に公開されていないからです。誰もが見られる公開求人と非公開求人とでは、どう比べても、比較対象にならないほどとても質が高いといえます。しかも、あなたの希望に相応しいものを調査し、紹介してくれます。だから、かなり高い精度で理想に近い求めていた求人に巡り会えるので試してみる価値があります。仮に、同一の求人を見つけたとしても、自力の力で行き当たりばったりに調べていくのと比較すると何倍も効率がいいです。ですから使ってみる価値はあります。

  • 転職先を決める際、もちろん仕事のやりがいのアップと…

  • 転職先を選ぶとき、当然仕事におけるやりがいのアップと一緒にさらに収入が増えることも大きなポイントですから「年収サイト」に登録して前もって研究しています。全く同じ会社でその上一緒の職種、社歴であるのに人によって広い幅があることも複数あって、正直なところ面接で質問したことがあります。面接をした人もそのサイトを見ていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人物も誰なのかだいたい予想がついてるんですけどね、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方だと考えておいてください」とのことでした。

  • 得意なことや好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意です。

  • 自分の趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は要注意です。これは、私の体験に基づいたことなるのですが、私は、食べることが本当に好きだったのですが、以前は、飲食の世界で働いていた時期があります。そのお店での業務は、そのお店で私が担当していた業務は、盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しみながら仕事ができていたのですが、人間関係のいざこざにすごく疲れてしまったのです。そのことが引き金になり、仕事をやめたのですが、それと同時に、食べることやその飲食店で扱われていた食べ物すら苦手になり、似たような飲食店には避けるようになりました。当時の匂いを思い出すのも苦手です。仕事を始めた頃は、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分の好きな分野の仕事に就きたいと夢見るのは本当に素敵なことだとは思います。ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、もう一度自分と向き合ってから行動するべきです。