退職|派遣として働いています。派遣法の関連で不本意ですが長く働い・・

退職|ある会社に派遣されて働いています。

派遣で会社で働いています。労働契約法の関係で不本意ですが長い期間働いた勤め先での勤務があと数か月で終わります。同じ派遣である方の中には、派遣の勤務先で直接雇用の待遇を得た人もいるのですがその理由としてははっきり言って仕事の腕がよいというよりは派遣先の上司への媚びへつらいがうまい人でそれが採用の決め手となったみたい。仕事のスキルよりおじさん転がし能力が大事なんじゃないのと別の派遣のメンバーと派遣先の職場で不満をたれる日々です。

転職するにあたり、今勤務している会社を退社する時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、…

転職の際に現在勤めている会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、もし自発的に退職届を書いて退社する、いわゆる「依願退職」の際には失業保険をすぐさま受け取れません。手続きを行い、失業したことが認められてから3か月経ってやっともらえるのです。よく勘違いして退職日の翌日から3か月経過すればもらえると誤解している人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、ハローワーク側に落ち度があると主張してその結果ハローワークの保険担当者と大声でやりあっているのを見たことがあります。ですが、自己都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定されてからすぐに失業保険を受け取ることができます。

退職|これまで経験したことがない業種などに職を変えようとするときには・・

未経験である分野などに転業したいときには、自分が以前の会社で身に付けたスキルや経験したことが生かせるといった内容のアピールが必要になります。初めてのジャンルの場合、経験のない分だけそのジャンルの経験者よりも実際のところ、不足することはありますが、自分自身が保持している能力がその業界でも発揮できるということをうまく伝えることができれば、戦うことができるケースもあり得ます。ですので、経験が全くないジャンルに挑む際には、その業界と今まで自分が経験してきた職務とのかかわりを考えましょう。

退職|再就職の時の面接などの際にもし面接担当者に名刺を差し出された場合…

転職での面接などの時に名刺を差し出してきたら、自分も相手の方に名刺を渡すべきであるのか?ないのか?と悩んだ際は、たいていの場合は差し出すことはないと覚えておきましょう。転職のための面接は仕事内ではなくて、仕事を得るための採用活動内のことなので、ほとんどの場合は名刺を交換する時間ではありません。さらに、あなたは立場上会社の人として出向いているのではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。そのため、相手の方から名刺を渡された時でも、こちらに関しては名刺をもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手にあげる義務は少しもないと思います。

求人広告には、ほとんどの場合、まともな職場では月の給料が記載されているはずです。

求人についての情報では、大部分の場合はたいていの株式会社では月の収入の記載に目が行きますよね。しかしこの箇所を頭に入れる際は、注意深く確認する事が欠かせないです。額の多い少ないだけを見て判断しないほうが無難です。実は案件によっては、月収の中身に月30時間残業の場合を含んでいるかもしれません。それは残業代を含めて良い案件に見せて、人材を募集しているケースも考えられるのです。さらに基本給プラス歩合給で、歩合をかなり多く見積もって月収として見せている可能性も考えられたりします。こういった「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件にははじめから相手にしないほうが無難です。

退職|転職活動では、始める前に、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を閲覧したり…

転職活動を行うとき、事前にハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはネット上の求人情報を閲覧したりして転職したい会社を調べるはずです。しかしながら、その会社が情報を掲載する際には、コンサルタントに相談をしていることが多いです。コンサルタントは、会社に不都合な情報を隠す特徴があります。たとえ公表する場合でも遠回しな表現に徹します。その類の会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、そのまま信じるよりも、疑いながら読むべきでしょう。もしも情報を信じて入社してしまった場合、「話が全く違う」と気が付くことになることが多いです。悪徳会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後は、言いがかりをつけながら退社できないようにしようとします。ブラック企業では、この手のことがかなりあります。

数年前の求人誌では、募集条件の中に「性別」まで、記載されているのが普通でした。

昔の求人情報には、性別が記載されているのがほとんどでした。しかし最近では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって採用において、男女の差別がしてはいけないルールが決まり、応募資格の概要に男女の文字を見ることはなくなりました。ですが、求人する会社側には男女どっちでも等しく採用するとは限りません。ですので、男手が必要なのに、女性が応募してきたり、女性が必要なのに男性が来てしまい、といった感じのトラブルが多々発生しています。例として、「女性が活躍している仕事場です」とアピールしている場合、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と解釈しておいた方が良いでしょう。

転職先を見つけるために人材紹介会社へと登録に出向きました。

先週新しい仕事先を見つけようと人材会社に登録に行きました。そこで登録するときのカウンセリングを行うために出てきた担当者の雰囲気が見たところ経験の少ない社員のようで、私が伝えたいことの50%も彼はわかってはいない様子です。おまけに「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「もっと強みをはっきりとさせるべきです」等、経験豊富なベテランのように横柄にのたまうから非常に不快でした。カウンセリングを担当する人は多少は仕事の経験がある方にするべきです。

退職|就職活動において、年収は非常に大事なポイントです。

就職活動において、年収を無視することは不可能です。面接時には、現職の年収だけでなく、将来的な希望年収額についても質問されるはずです。ここで実際の年収を偽って、多く申告し、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄でしょう。というのは、最終的には源泉徴収を提出することになるので、一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を正確に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげれば、現在の年収が400万円の方が、急に年収500万になるようなことはまず無理です。たとえば、現在が430万円の年収であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくべきでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、入社できたのをそのまますぐに退職しなくてはいけなくなるかもしれません。

転職を考えていた時期にずいぶん多くの人材紹介会社に登録していのだ…

私は昔何社かの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーのレベルが多様でそのほとんどは十分だと感じる対応をしてくれないアドバイザーでした。私にとっては人生かかっているのにもっと真剣に向き合ってほしいという欲が積もって、それがきっかけとなって私はキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得のためにはお金もいりましたし勉強の面においてもハードですが、お仕事を探している方から頼みとされる人間になるべく頑張っています。

退職|転職を考えている時に見ることになる募集事項は、目安として、アバウ…

仕事を変えようとしようとしている時に見る仕事の情報というのは、一般的なものとして載っている可能性も少なくはありません。そのため、情報として記載されていることを何もかもが正しいことだとはあてにするのはやめておいたほうが賢明です。特に生活に大きくかかわってくる報酬面に関しては、一般的な額なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高の給料であるのか?というような読みができない時が多く、自分勝手に判断してしまうと、後悔する事もあるでしょう。そのような訳で、求人内容に関しては、参考程度に考えて、そのようなたいへん重要な内容は会社側に直接聞いてみた方がよろしいでしょう。

退職|転職活動を考えている人で、次までの仕事にある程度期間がある…

転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、ぜひ「失業手当」をもらっておいた方がお得です。失業手当は働いている会社側でもし「雇用保険」を支払っているのなら、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。そして手続きは「ハローワーク」で行います。もしも自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、企業の都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐに貰える可能性もあります。なお、受け取れる「失業手当」の額は、会社で最後に働いた月の給料がもとになって失業手当の金額を算出されるため、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

退職|派遣会社を利用して仕事をする人が規制緩和以来、多くなっています…

仕事をするために派遣会社に登録する人が近時多くなっていますが、この先、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がどのくらいで、そのうちどれだけが自分の報酬になるのかをなるべく面接のときに質問しておくべきでしょう。派遣会社は、労働者を必要な会社に派遣してその見返りに、手数料を徴収していくシステムになっていますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースがほとんどです。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらされないところも少なくなく、酷い場合は、3割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにする場合もかなりあります。面接時に、真摯に返答してくれない派遣業者は、隠ぺい体質であることが多いので、なるたけ別の派遣会社で登録されることを推奨します。

退職|もし転職を考えているのなら、先に資格を取得しておくことをお勧めします。

転職を視野に入れているなら、先に考えておいて損をしないのが資格の取得です。また、職場に籍をおいているあいだに、資格取得しておくのがお勧めです。転職時にそれを有効活用できるので、新しい仕事を探すのも簡単になります。そういうわけで、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が資格取得においてのもっとも最適といえます。もしあなたが将来を見据え、このあと役立つ資格を持っておくと、会社を辞めた後も心残りもなく、前に進んでいけます。また、資格を手に入れることで転職活動では資格が味方をしてくれるので面接時に面接担当者に「即戦力」と認められ、今までの職場より待遇アップも期待できます。

退職|将来的に、一段と簡単な作業は機械に置き換わって最終的には…

将来、労働力という観点においてぐんぐんと単純な仕事は機械に変更されていきその移り変わりによって必要な稼働人口は少なからず削減されます。というのも、単純労働という観点ではヒトよりも機械で進めたほうが比べられないほど強いからです。数を数えたり同じ作業を繰り返すことは機械にとっては問題ありません。当たり前のことながら人間とは違って言い訳することもないし、疲れることがありません。また、ずるもしない、早いし均一だし、さらには人と違って、給与が発生しないのもメリットといえます。このような理由から、労働力として人を使う理由がまったく無いことが明白で、機械化されるのは必然といえるでしょう。

退職|最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく…

近年、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社をよく見かけるようになりました。特許権を取得した経験のある人は、ヘッドハンティングされやすくなります。彼らは、特許権を獲得した人以外にも、研究開発で論文を世に出したことのある人や、雑誌で紹介された人など、何らかのインパクトがあった人をターゲットに、電話やメールを用いてコンタクトを図り、ヘッドハンティングするネタにしています。仮に、あなたがヘッドハンティングと推測される話が出てきたなら、そのキッカケを考えてみましょう。めったにないことですが、ヘッドハンティング名目として、登録料を請求する会社もあるらしいですが、その手の業者はむろん嘘なので、騙されないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を出すことはまずありません。