転職サイトはよく知られたサイトであるほど掲載される転職情報が多いため・・

転職サイトは有名なサイトの方が掲載される企業も豊富なため、感じがよさそうな2つか3つの会社を、ともかくウェブ登録して、勤務地と年収条件程度の条件一致で加えて条件に合った案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと楽に情報収集を行うことが可能になります。

転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど多くの企業が掲載されているた…

転職サイトは大手のサイトであるほど掲載数も豊富なため、2~3社程度、とりあえずウェブサイトに登録して、勤務地・年収などの条件にあらかじめを入れておき、条件に合った求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと楽に転職情報を集めることができます。最初に限っては登録するのにけっこう手間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録する初日は、少し時間がかかることから、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は新規案件のみチェックするだけでよいので、後々のためにも、初回の準備を抜かりなく行うことを推奨します。



将来に目を向け、期待をもって転職活動をすることができれば…

楽しい気持ちを持ちながら転職活動ができれば、メンタル面での重荷も少ないので、転職先が見つかるまでの間の堕落も回避できます。おまけにメンタルが健全な状態であれば、転職先も早くに見つかるはずです。ベストな形は、休職によるブランクをつくらず新たな勤め先を見付けることが重要です。今の会社に勤めながら、新たな仕事を探すのが理想といえます。しかも、ブランクをなくせば直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そうすると、職歴にも空白期間ができることがないので、履歴書にもキズがつかなくて済みます。すなわち、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。将来を踏まえながら、うまく転職活動を考えていきましょう。



再就職の際の面接では、零細企業クラスの場合大抵は「人事」が面接担当になりますが、…

転職時の面接では、小企業だったら大体が「人事」が面接官となりますが、その他にも具体的には、仕事を一緒にしていく一番偉い人、要するに管理職クラスである部長や課長が面接をしてくれることもあります。特に、事務・営業といったカテゴリでは、資格での判断がしづらいので、積極的に自身をアピールしていくことが大事です。担当者から「この男はしっかり自己主張するし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大事です。



転職活動においては、履歴書と職務経歴書が必須だとされています。

転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠といえます。会社のほぼすべては履歴書と職務経歴書に書かれている内容で面接するかどうかを決めるため、とにかくこれらの書類の作成が大事です。ただ穴埋めするだけにとどまらず、内容が充実していることも必要です。職務経歴書は、今まで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書いておきましょう。また、現職の社内で挙げた実績を、部門の残業時間を何%減らしました、など具体的に記します。作成の仕方がもうひとつわからない場合は、転職エージェントを活用したり、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自分の価値が高まるように、活用をはかることも満足のいく転職をするための有益な方法です。



安定を手に入れるために正規の社員として働きたいと考えている人・・

安定的な暮らしを手に入れるべく正規の雇用社員を目指す人は結構多いと思います。即戦力として働けるように資格を取得するなどして相当な努力をしていても、中々正社員のためのキャリアアップが叶えられないケースも少ないはずです。準社員の求人があっても、正規雇用の求人に固執し、時間を空費している人が多いといいます。万一転職希望先が正社員を必要としていないのなら、契約社員の募集も選択肢に加えてみましょう。会社のなかには、働き手の活躍の度合いによって2,3年で正社員への転身ができることもあるからです。面接を受ける際に、「正社員登用」の可能性がどのくらいあるかをヒアリングしておくと将来設計にも役立ちます。



転職するための期間中は、どうしても、時間に余裕があるため、…

転職を決めるあいだは、ついつい気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。が、そうした過ごし方を習慣にしてしまうのはかなり危険です。というのは、気の緩んだ、ダラけた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、「心」も不健全な状態になるからです。なので、いつの間にか仕事をしようとする意欲がなくなり、生活ができなくなり困ることにもなるでしょう。そうすると、生活も仕事も悪循環になり転職先が決められません。転職先が決められなくなるのは、給料を第一に考えてしまうためです。お金を最優先に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そのため、お金に縛られない生活をするためにも、だれた生活は、転職活動中には必要ないのです。



転職の時にする面接では企業側からクールビズで来てください・・

転職の時に行われる面接時にクールビズでも大丈夫ですよと事前に言われる時もあります。ですが、なかには、クールビズで赴くのは本当は良くないのでは?と疑う人もいます。クールビズについての迷いを懐に持っている人たちに進言したいのは、会社側からクールビズで良いとされた面接なのであれば、言われたことを素直に聞き入れたほうが良いです。迷いすぎて、猛暑の中スーツをびしっと着る格好をすると相手に不自然な印象を持たれてしまいます。ですから、企業側からクールビズでも大丈夫ですよと伝えられたらクールビズで行く方が好ましいのです。



転職のための面接では注意する点があります。

転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。人事担当から「転職理由は?」と訊かれるのは確実です。このとき、どういった理由があろうとも、前の職場の「人づきあい」「働く環境」についての不満やトラブルを絡めた回答などは、極力控えましょう。なぜなら、仮にそういった不満を回答すると、採用されるチャンスを水の泡にしてしまいかねません。ですから面接時は、「ポジティブ」な内容に徹底することが正義なので、正直な理由でなくとも、「新しい職場においては、スキルを生かしながら、会社の成長をサポートできればと思っています。」のように将来を見据えた受け答えが重要です。



転職した場合には、大体の場合、前の会社の仕事の大方は美化された記憶となります。

転職すると高い確率で前職の多くの出来事は美化されます。実のところ今の会社にダメだから次の仕事を探して退職を決め、転職したはずなのに、過去を振り返ると転職した会社よりも「前のほうがよかった」と感じ始めるのです。それというのは当然のことで、前の職場では仕事をこなすことに慣れきっていて簡単にやるべき仕事がたやすくこなせていたからというのが一番の大きい理由ですが、だが実際は「やっぱり転職なんてしないほうが良かった」と後悔するほど、前の会社の方が職場の雰囲気が良い事もあります。



看護師の違う職に「転職しよう」と思う理由は人によりけりです。

看護師のほかの仕事に転職に至る理由は、一人ひとり違います。考えてみると看護師からの転職には「職場の中に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚してから一人とは変わって出産さらに子育てそれから家族の介護など、身近な家庭環境の種々の変化によって今までと同じようには働き方ができなくなった」「収入面で不満を感じている」というような悩みがあるのでしょう。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職前に、「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、頭を冷やして冷静に、再度、現状認識をしてみることも大切です。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、再考し、決断しておくと間違いありません。



近頃、株・不動産投資をはじめとした不労所得で収入を得たり、…

近年では、株・不動産投資などの不労所得で生活費を稼いだり、独立といった形で生きる方法も人気です。一概に「起業することは不安定であぶない」といった常識も過去のものとなりつつあります。高度経済成長の頃には、不安の残る個人事業といった稼ぎ方よりも雇用されて働くほうがずっと堅実であり、人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが至極当然のことのように、一般の人々に認知されていました。そんな社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、現在は、「成熟期」という風にも言い表されています。近い将来では、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、仕事においても人が不要な時代になる、といいます。



このようにここ最近の会社や企業の労働背景の変化に関して、…

このようにここ最近の会社や企業の雇用形態の変移において、社会人の中で若年層が特に興味を持って見ているようです。大方、自らの将来を見据えた動きなのでしょう。このため、労働者・サラリーマンといった人たちの労働市場の「流動化」が顕著となっているので、輪をかけて後々世代に関わらず転職の注目が高まると考えられます。労働市場の「流動化」が進むことで転職することは当たり前になり、「終身雇用制度」が機能していた時代には、「会社を辞めて転職」には良くないイメージがつき損をしてしまうこともたくさんあったようです。けれども、時代が変化し現在やっている会社のみに執着する必要も特に無いように思います。



転職活動のコツは企業そのものというより、採用担当の面接官…

転職活動といえば、希望する企業とのやりとりというより、どちらかと言えば面接係員との勝負と言ったほうが正しい気がします。面接で成果を出すためにも、はじめに普段通りを意識して焦らずに対応しましょう。女性とお見合いをする気持ちで向かうと良いと思います。とくに面接官に対しては第一歩としてあなたの内面的な素質を判断されるので悪い評価になるような身なりは注意しゼッタイに避けましょう。そして社会人らしく面接に適した整った服装で望みましょう。オーラを感じさせることができればいいです。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、きっと転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。



求人に関する情報をチェックする場合、例えば、事務系の仕事がしたいから・・

求人に係る情報を見るとき、「事務系の仕事をしたい」と思っている人ほどはなから製造業はチェックしない人がいます。そういった人の多くは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と誤解しているのです。現に、製造業での求人でも、経理、総務などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に関する部署も結構な数あります。製造業の大半はオフィス街のような雰囲気はないのが正直なところです。ですから、アフターファイブを楽しみたいと考えている人には嫌だと言う人もいるかもしれませんが、ただし、自身のエゴをなくすことで将来の可能性を高めてくれる機会になるかもしれません。



転職サイトでは、登録後、電話やメールでの連絡が頻繁に来ます。

「転職エージェント」は、一度登録したら、電話・メールで呆れるくらい連絡が入ります。これに関して「転職エージェント」の初心者の方は、とても驚くことが多いです。転職エージェントは転職を推進することが目的とされるので、本当に積極的に行動します。大手エージェントは、転職を成功させると企業側からお金が支払われる仕組みであるといえるので、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先させることが多かったりします。また、「転職エージェント」は契約件数を増やすために内定が取れるとすかさず、入社を強くすすめてくることが珍しくありません。防御策として自身の気持ちや意思を明確にしておき、安易な妥協をしないように心がけるようにしましょう。



新卒で入社した会社を辞めて、悩んだ結果、転職すると決意しました。

新卒で入社した会社を去り、悩みましたが、転職すると決めました。実際に転職する前後は、非常に不安な気持ちになりました。ですが、会社をわずか数年で辞めて、中途採用で働いている人が大多数だと私自身が転職を経験したことで学び、いつの間にか不安な気持ちは解消されていきました。なにより1度、転職をすると不思議と精神的にも余裕がでてきて、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が日々が明るくなりました。なかには「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」というような転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、必ずしも正しいとは限らないと思いました。私は転職を決断して良かったと思います。



退職・転職コラム